Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

Aviation

航空部

体育各部/プロフィール

創部1930年 / 体育各部1952年公認
大空を舞台に、部員全員がグライダーパイロットとして安全第一にフライトを行います。
部員全員が大学で大学でグライダーを始めるという同じスタートラインから、自家用操縦士の国家資格を取得し、最終的には全国大会・早慶戦といった競技大会での優勝を目標に日々活動を行っています。とりわけ「空の早慶戦」は、昭和37年の第一回早慶戦に始まり、今日に至るまで学生航空界におけるパイオニアとして数々の名勝負を展開しています。
競技会は決められた周回コースのタイムで競われます。しかし、グライダーにはエンジンがなく、自然の上昇気流を掴んで高度を獲得しなければならないため、自らの操縦技量のみならず、自然の条件・自然を読む力が大きく影響する競技でもあります。
また、グライダーは一生続けることができるスポーツであり、当部からグライダー世界選手権日本代表選手・世界記録保持者を数多く輩出しています。

部長

小林 哲則(理工学術院・教授)

監督

鳴河 洋二

主将

佐々木 昇吾(理工学部)

主務

椙田 秀斗(政治経済学部)

部員数

男子 35名 1年 13名 2年 8名 3年 7名 4年 7名
女子 6名 1年 3名 2年 2名 3年 0名 4年 1名
合計 41名 1年 16名 2年 10名 3年 7名 4年 8名

 

練習・活動場所

埼玉県熊谷市妻沼滑空場

スケジュール

4月 新歓・新入生体験搭乗会
5月 新人合宿
6月 部会
8月 長期合宿
9月 第20回東京六大学対抗グライダー競技会
10月 第20回全日本グライダー新人競技会
第33回関東学生グライダー競技会
11月 OB・OG搭乗会
12月 納会
2月 長期合宿
3月 第58回全日本学生グライダー競技選手権大会
第47回早慶対抗グライダー競技会

 

練習日時

平日:座学、ミーティング、合宿準備
休日:月2回の土日合宿
長期休み中の長期合宿

入部金・年会部費

部費1か月につき1万円
合宿1日につき約5千円(食事、宿泊代、フライト代込)
その他、交通費など

寮・合宿所

【合宿所】
財団法人 日本学生航空連盟 妻沼滑空場

部室

36号館1階(戸山キャンパス記念会館・学生会館の間)

体育各部/ホームページ

連絡先

ご寄付について


Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる