Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

Waseda Sports

早稲田スポーツ

Olympic and Paralympic Games

オリンピック・パラリンピック

早稲田スポーツの伝統は、オリンピック・パラリンピックという最高の檜舞台で、これまでに学生・校友ともに数多くの選手を輩出し、幾多の栄光を刻んできました。

夏季オリンピックと早稲田

ph_olympic早稲田大学からの夏季オリンピック初出場は、1920年(大正9年)第7回アントワープ大会にマラソン・ランナーとして参加した三浦弥平で、参加49名中24位という記録を残し健闘しました。ちなみに三浦は、同年の第1回箱根駅伝大会で第5区(山登り)にも出走しています。

メダリストとしては、1928年(昭和3年)第9回アムステルダム大会の陸上三段跳びで、織田幹雄(写真右)が日本人として初の金メダル獲得という快挙を成しとげ、水泳では高石勝男、新井信男、米山弘3名(800mリレー)が銀メダル、さらに高石勝男(自由形100m)が銅メダルを獲得しました。

友情の分割メダル

友情の分割メダル

1936年(昭和11年)第11回ベルリン大会では、陸上・棒高跳びの、西田修平が、勝ち残った日本選手2名、アメリカ選手2名による夜まで続く激闘を繰り広げ、オリンピック史に残る名勝負として語り継がれている。このとき慶応大学の大江季雄選手と2位と3位を分けあい、後にお互いの銀銅のメダルをつなぎ合わせた「友情の分割メダル」は、かつて織田幹雄氏の文章で小学校の国語教科書にも掲載されました。

また、アジア初の開催となった1964年(昭和39年)東京大会では、学生25・校友18合わせて43名の選手が出場し、上武洋次郎(写真:下左)がレスリング・フリースタイル・バンタム級で金メダル、岩崎邦宏と岡部幸明が水泳800mリレーで銅メダルを獲得しました。その後も早稲田関係者からのオリンピック選手は、釜本邦茂(サッカー/写真下中央)、加藤武司(体操)、太田 章(レスリング90キロ級/写真下右)、瀬古利彦(マラソン)、ヨーコ・ゼッターランド(バレーボール・米国代表)をはじめ、近年では、竹下百合子(カヌー)、北川麻美(水泳)、坪井保菜美(新体操)、竹澤健介(陸上トラック)、藤井拓郎(水泳)、和田毅・青木宣親(野球)など数多くのアスリートを輩出しています。

hosjimedal2012年のロンドンオリンピックでは、藤井拓郎(水泳)は競泳4x100mメドレーリレーで銀メダル獲得、2大会連続でメダルを獲得しました。星 奈津美(水泳)が早大史上初となる現役女子学生の五輪メダル獲得を成し遂げました。

Main_Visual

londontop

ph_olympic02 ph_olympic03 ph_olympic04

冬季オリンピックと早稲田

日本の冬季大会への初参加は、1928年(昭和3年)第2回サンモリッツ大会。この大会ではスキー・ノルディック種目の日本代表選手6名のうち、5名が早大生でした。また1964年(昭和39年)インスブルック大会では福原美和(スケート・フィギュア)が5位入賞を果たしています。

ph_olympic05 ph_olympic06 hanyu52

2014年ソチオリンピック・パラリンピックには、早大関係から13名の選手、5名の指導者・スタッフが参加しました。羽生結弦(人科通信)がフィギュアスケート男子個人では、日本勢初の金メダルを獲得しました。早大在学生の金メダル獲得は、1992年アルベールビル大会・ノルディック複合・荻原健司(1992年人科)以来、22年ぶりの快挙です。また、渡部暁斗 (スキー)がノルディック複合個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得。ノルディック複合・日本代表選手のメダル獲得は、1994年リレハンメル大会の荻原健司ほかの団体・金メダル、また個人でも銀メダルを獲得した河野孝典(1991年人科卒)以来20年ぶりでした。

sochitop

早稲田大学の学生・校友のオリンピック選手と成績

夏季オリンピック

  • 選手
    合計312名【学生179名、校友133】
  • メダリスト
    学生/金メダル4、銀メダル13、銅メダル6
    校友/金メダル4、銀メダル6、銅メダル15

冬季オリンピック

  • 選手
    合計97名【学生38名、校友59名】
  • メダリスト
    学生/金メダル2
    校友/金メダル4、銀メダル2

パラリンピックと早稲田

パラリンピックに多くの学生、校友が出場し、近年では、佐藤真海(陸上)、多川知希(陸上)、木村潤平(水泳)が活躍しています。河合純一(水泳)は、1992年のバルセロナ大会以来、アトランタ、シドニー、アテネ、北京、ロンドンと6大会連続で出場し、金メダル5つを含めた21ものメダルを獲得しています。また、鈴木孝幸(水泳)は、北京大会、ロンドン大会と競泳チームの主将を務め、金メダル1つを含め、5つのメダルを獲得しています。

パラリンピック出場者と成績

オリンピック指導者・スタッフ

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる