Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

About

競技スポーツセンターについて

Award

表彰

小野梓記念賞について

小野梓記念メダルについて

小野梓記念メダル

小野梓記念賞とは、学生褒賞の中で最も名誉ある賞です。

小野梓は、大隈重信を助けて早稲田大学の前身である東京専門学校の創設にもっとも心血を注いだ一人でした。それゆえに大隈重信と小野梓は本学建学の父・母に並び称されています。

小野梓は、東京専門学校創立後、わずか3年余でその後の学園の隆盛を見ることなく、33歳の若さで亡くなりました。しかし、小野梓の唱えた「学問の独立」は、1913年の創立30周年式典に際して宣明された「早稲田大学教旨」に明記され、今日に至るまで脈々と承け継がれて早稲田大学の根本精神となっています。

こうした小野梓の功績を顕彰し、建学の精神を顕揚することを目的に、1958年に小野梓記念賞が制定され、学術、芸術、スポーツの三部門において、それぞれ優れた成績を修め、模範となるべき学生に対してこの賞が贈られることになったのです。

さらに1994年度より、三賞の選考範疇には属しませんが、小野梓記念賞を授けるに値すると認められる成果・業績をあげた学生に対して特別賞が贈られています。

小野梓記念賞メダル(副賞)

メダルは、中央に小野梓を象徴する像がギリシャ風に浮彫りされ、縁にラテン語で WASEDA UINIVERSITAS・PALMA IN MEMORIAM AZVSA ONO(早稲田大学小野梓記念賞)と刻まれています。デザインは、早稲田大学名誉教授今井兼次が考案し、日展審査員で東京教育大学教授木村珪二が彫刻したものです。1966年度の受賞者から授与されています。2007年度より、早稲田大学創立125周年記念に準じて、従来より大きくしメダルの重さを125グラムとしました。原寸は直径5.5㎝、厚さ約5㎜で純銀製で金メッキを施したものです。

小野梓記念賞メダル(副賞)

体育名誉賞について

競技スポーツセンターは、前年度優秀な成績を収めた部・監督および部員個人に対し、各体育部長の推薦に基づき、体育名誉賞選考委員会が選考の結果、以下の賞を表彰しています。

  1. 団体名誉賞
    1948年度より、早稲田大学体育名誉賞として体育各部のうち当該年度内に優秀な成績をおさめた部に部旗リボンを授与します。なお、早稲田大学稲門体育会から稲門体育会賞として賞状・金一封(5万円)を授与します。
  2. 個人名誉賞
    1957年度から優秀な成績を収めた部員個人に賞状・メダル授与を授与します。
  3. 奨励賞
    1966年度より団体名誉賞に準ずる団体に部旗リボン・3万円を授与します。
  4. 監督賞
    上記賞を受賞した部の監督に賞状を授与します。

受賞者一覧

競技スポーツセンター所長賞について

kawai573

競技スポーツセンター所長賞とは、伝統ある早稲田スポーツの精神を継承する者の模範となる活躍をした方に授与される賞です。卒業後も、競技者や指導者として卓越した実績を残し早稲田スポーツの名声を国内外に広く知らしめた方、あるいは、より良き共生社会の実現に向けてグローバルなフィールドで活躍している方の功績を讃えるために制定されました。

競技スポーツセンターは2009年度体育表彰式において、平井伯昌(ひらい のりまさ)氏(1986年社会科学部卒、2009年大学院スポーツ科学研究科修士課程1年制)を日本の水泳界に多大なる貢献をされたことを讃えるともに、本学のスポーツ精神を継承する者の模範であることを顕彰し、競技スポーツセンター所長賞を授与しました。また、「早稲田大学リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック報告会(2016年10月15日開催)」において、日本人として初めて「パラリンピック殿堂入り」した河合純一(かわい じゅんいち)氏(1998年教育学部卒、2005年大学院教育学研究科修了)に、競技スポーツセンター所長賞を授与しました。

【平井伯昌氏(2009年授与者)】

水泳部OB。1986年に社会科学部を卒業後、東京スイミングセンターに勤務。競泳日本代表のヘッドコーチを歴任。2008年北京オリンピック大会で、オリンピック2大会連続、金メダリストになった北島康介選手や、銅メダリストになった中村礼子選手をコーチとして指導した。その卓越した指導力・マネジメント力は各界から注目を集めている。北京オリンピック時は現役学生として、北京オリンピックに指導者として参加し、優秀な成果をおさめた。

【河合純一氏(2016年授与者)】

水泳部OB。1998年教育学部卒業、2005年大学院教育学研究科修了。1992年バルセロナ大会から2012年ロンドン大会まで6大会連続でパラリンピック水泳男子に出場、5個の金メダルを含む21個のメダルを獲得。競技引退後も、日本パラリンピアンズ協会会長、日本身体障がい者水泳連盟会長、2020年東京オリンピック・パラリンピックのアスリート委員会副委員長などを歴任され、パラスポーツやスポーツ界の発展に尽力されています。また、2016年9月に日本人として初めて「パラリンピック殿堂入り」されました。なお、「パラリンピック殿堂」は、過去の大会で大きな功績を遺した選手や指導者をたたえるために2006年に創設され、これまでに19名が殿堂入りしています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる