Graduate School of Asia-Pacific Studies早稲田大学 大学院アジア太平洋研究科

Academics

在学生の方へ

Help page for current students

在学生向けヘルプページ

履修関連

ゼミの変更は、新指導教員に研究計画書を提出し許可をもらった場合に限り、入学から2学期目末までの期間で可能です。所定のフォームに必要事項を記入の上、変更後の先生のサイン、アカデミックアドバイザーの先生のサインをいただき、GSAPS事務所までご提出ください。
アカデミックアドバイザーからのサインは2名のうち、どちらか1名からもらってください。ただし、変更後の指導教員がアカデミックアドバイザーの場合は、もう一人の先生からサインをもらってください。

修士論文は19号館8Fアジア太平洋研究科図書館の指定のパソコンで閲覧可能です。
博士論文については、早稲田大学リポジトリで閲覧可能です。

アジア太平洋研究科の学生とペアになり、日本語をマンツーマンで学べるチューター制度があります。詳細は事務所までお問い合わせください。

また、日本語教育研究センターではレベルに応じた多様な日本語クラスを提供しております。日本語教育研究センターの科目登録日程など詳細はこちら

こちらから科目種別ごとの算入・非算入をご確認ください。

授業・レポート・成績関連

「MyWaseda」サービス内で履修している科目についての休講情報を知ることができます。また、事務所外掲示板にてお知らせをします。
補講情報は事務所外掲示板にてお知らせをします。各自掲示板を確認してください。
※ゼミの場合は、指導教員の先生にご確認ください。

最新の成績は、成績発表日以降MyWasedaの成績照会画面から確認可能です。

先生より事務所のレポートボックスに提出をするように指示があった場合、事務所内の指定レポートボックスに提出します。
提出締切日の17:00(事務所閉室時刻)まで提出が可能です。

教員室(19号館707室)にて教材の貸出を行っております。

奨学金・学費

  • 学内奨学金及び、民間財団奨学金への応募には、奨学金登録が必須です。
    また、奨学金登録は毎年度する必要があります。
  • 公募奨学金は奨学金登録の必要がありません。
    アジア太平洋研究科事務所前に募集情報が掲示されておりますので、各自で確認し、直接奨学課・財団へ応募してください。
    詳細は、こちらをご覧ください。

振込用紙の支払期限が過ぎてしまった場合も、引き続き振込が可能です。銀行で確認される場合がありますが、問題ありません。
(銀行員が事務所に直接電話をして確認する場合があります。)

延長生学費についてはこちらをご覧ください。

クレジットカードでの支払をご希望の場合、オンライン支払用のリンクを準備いたしますので、GSAPS事務所までご連絡ください。
なお、学費額に応じて所定の手数料が発生いたします。

所定の手続が必要となります。事務所まで申請用紙を取りにお越しください。

詳細はこちらをご覧ください。

具体的なお支払日に関しましては、以下をご参照ください。

口座振替対象者

事前に口座引き落としの実施日が記載された通知書が送られます。
そちらに記載されている日程をご確認ください。

振込用紙対象者

振込用紙に記載されている日程をご確認ください。

最終締切日

  • 春学期:9月20日
  • 秋学期:3月31日

心と体の健康

正規生の場合、年間最大60,000円の早稲田大学健康増進互助会による補助を受けることが可能です。詳細はこちらをご覧ください。

証明書

在学生は、自動証明書発行機にて証明書の発行が可能です。学生証・MyWasedaのパスワードの入力が必要です。
発行機(早稲田キャンパス):7号館1階 早稲田ポータルオフィス付近、14号館1階 ロビー、25号館大隈ガーデンハウス1階
詳細はこちらをご覧ください。

3月に修了見込の方は前年の6月1日、9月に修了見込の方は前年の11月1日より発行可能です。

登録情報について

氏名のカタカナの変更を希望する場合、事務所まで希望表記方法をお届けください。

大学から重要な書類(学費振込用紙等)をお送り致しますので、必ずMyWaseda上で個人情報を変更してください。
また、大学からの緊急の連絡を電話ですることがございますので、電話番号の登録をよろしくお願い致します。
変更方法はこちらをご覧ください。

所定の用紙にご記入いただき、ご提出していただく必要があります。
用紙はこちらからダウンロードいただけます。

所定の用紙にご記入いただき、必要申請書類を添付して事務所にご提出いただく必要がございます。
用紙はこちらからダウンロードいただけます。

在留資格(visa)に関して

「留学」以外の在留資格であっても、学生として在籍することは問題ありません。ただし、例えば奨学金などでは、「留学」の在留資格を持っていることが条件のものもありますのでご自身で責任をもって確認をしてください。また、その他の資格に関しては、早稲田大学からビザ申請のサポートはありません。

早稲田大学では、在籍学生の在留資格のサポートのみを行い、学生の家族に関しては行いません。

課外活動

早稲田大学の公認サークル一覧はこちらで確認出来ます。

インターンシップに関しては早稲田大学キャリアセンターにてサポートを行っています。
研究科掲示板(I及びJ)での掲示、メールやMyWasedaを通してお知らせすることもありますので併せてご確認ください。
一定の条件を満たせば、修了単位に算入することも可能です。こちらをご確認ください。

就職活動イベントは、主に早稲田大学キャリアセンターが主催で開催しています。

当研究科の研究支援は、以下をご確認ください。

原口記念アジア研究基金フィールド・リサーチ補助金

東南アジア研究およびそれに関連する研究に従事している早稲田大学大学院正規学生を対象に、年額25万円のフィールド・リサーチ経費を年間で15名を上限とし補助する制度です。
詳細は、こちらをご参照ください。

国際会議論文発表補助費

この補助費は、大学院博士後期課程在学生が、国際会議・シンポジウム等に参加し、研究論文等の発表(ポスター発表を含む)を行う際に必要な経費(①登録料、②海外旅費)の一部を補助するものです。

補助対象者

大学院博士後期課程に在学する学生。(助手、特別研究員DC採用者、休学者は除く。ただし、海外留学による休学者は対象。)

補助の対象となる国際会議等

二ヶ国間以上の参加者を対象とする、専門学会等が主催する国際会議・シンポジウム等。

補助額および補助回数

  1. 国際会議論文発表登録料
    55,000円を上限として登録料の一部を補助します。
    学生1人に対する補助回数は年間1回(1学会)とします。
    ※補助対象は学会参加費のみですが、学会誌への論文掲載料が含まれている場合はその分を含みます。懇親会費は補助対象としません。
  2. 海外論文発表出張補助費
    海外で行われる国際会議・シンポジウム等において研究論文の発表を行う場合、110,000円を上限として海外旅費の一部を補助します。
    主に航空賃の補助となりますが、補助上限額の110,000円に満たない場合は合わせて宿泊費も補助対象となります。
    原則として航空賃以外の移動にかかる経費は補助対象外です。
    学生1人に対する補助回数は年間1回(1学会)とします。

手続等詳細については、こちらをご参照ください。

複写代等補助費

この補助費は、博士後期課程在学生の研究活動を支援するために、研究上必要な資料等のコピーにかかる経費、学会活動を支援するための学会参加費・学会年会費、研究論文を投稿するための論文投稿料の一部を補助するものです。

補助対象者

大学院博士後期課程に在学する学生。(助手、特別研究員DC採用者支援奨学資金の交付を受けている者、休学者は除く。)

補助の対象となる項目

以下の4項目のうち、いずれか一つを選択してください。

  • 複写代(コピーカードを配付します)
  • 学会参加費(懇親会費は補助対象としません)
  • 学会年会費
  • 論文投稿料

補助額および補助回数

学生1人に対して、年間5,000円の補助。5,000円を上限とし、1人年間1回限りとします。

手続等詳細については、こちらをご参照ください。

早稲田キャンパス9号館もしくは14号館のMDコーナーにて作成可能です。

尚、校章入りの名刺を作成したい場合は、「学生・校友等の名刺における商標使用申請書」の提出が必要になりますので、注意してください。

校章を使用する場合は、学生部学生生活課に「商標等使用許可申請書」を提出する必要があります。
詳細は、こちらをご確認ください。

施設・サービスについて

事務所にて、教室利用申請用紙を受け取り、提出してください。
当日であれば、その場で空き教室を確認の上貸し出すことが可能ですが、翌日以降の予約であれば、GSAPS専任教員に許可を得た上でサインをもらい事務所に提出してください。ただし、授業やその他イベント・また教員の使用申請が優先されます。

19号館7階707号室の教員室にて貸し出しを行っております。

19号館7階707号室の教員室にて貸し出しを行っております。

こちらのMyWaseda上の申請フォームより申請ください。

こちらのウェブサイトをご確認ください。

19号館内で見つかった落し物については、研究科事務所内または19号館1F管理室にて3ヶ月間保管し、その後廃棄します。

8階図書館にスキャナー・コピー機・印刷機、コモンルームにコピー機があります。
コピー機の使用にあたっては、コピーカード販売機(コモンルームコピー機脇)で購入ください。
印刷機の使用にあたっては、ご自身で印刷用紙を持参してください。(印刷用紙は大学生協で購入可。)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsaps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる