Graduate School of Asia-Pacific Studies早稲田大学 大学院アジア太平洋研究科

Admissions

受験生の方へ

FAQ

よくある質問

出願の際は必ず当研究科入学試験要項を参照してください。

入試全般について

ホームページにて、デジタルパンフレットをご覧いただけます。

紙媒体のパンフレットをご希望の方は、日本国内に限り発送させていただきます。下記サイトよりお申込みください。

  • 修士課程:学業・実務経験の経歴、語学能力、推薦状、エッセイなど、提出された全ての情報を基に総合的に判断します。
  • 博士後期課程:学業・実務経験の経歴、語学能力、推薦状、研究計画書、修士論文、研究業績など、提出された全ての情報ならびに第2次選考結果を基に総合的に判断します。

出身学部での専攻と志望専攻が異なる場合でも、ご出願いただいて構いません。アジア太平洋研究科では、国内・外から幅広く優秀な人材を受け入れています。

特に必要ありませんが、もし希望される場合は、[email protected]まで教員宛のメールをお送りください。アドミッションズ・オフィスを通して、転送させて頂きます。尚、入試期間中は教員とのコンタクトをお断りしておりますので、予めご了承ください。

入学試験出願と同時に奨学金に申請し、入学前に奨学金の受給の可否を知ることができる入試制度です。入学前奨学金入試で申請できる奨学金の中には、学費が免除となりさらに月々の生活費が支給されるフルカバーの奨学金もあります。アジア太平洋研究科では、さまざまな入学前奨学金入試を実施しています。奨学金により応募資格が異なりますので、ご希望の奨学金のサイトを下記より確認してください。

語学能力について

日本語履修を希望される日本語を母語としない志願者は必ず提出してください。

英語履修を希望される英語を母語としない志願者および日本人志願者は必ず提出してください。

合格基準点は特に設けていません。

有効期限は設けていません。

出願書類について

卒業見込証明書と出願時点での成績証明書を送ってください。入学時に最終的なものを提出してください。

大学時代の指導教授や会社の上司以外の方でも構いませんので、所定の評価を行なうことができる方に依頼してください。

その他

特定の科目のみを履修する科目等履修生については、現在募集を行っておりません。

年に1回(例年7月)、当研究科主催のオープンスクールを行なっています。
その他にも早稲田大学院合同説明会(例年6月)等にもブースを設けています。
詳細については、当研究科ホームページでご確認ください。

※2020年度は新型コロナウイルス感染症の状況により実施せず

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsaps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる