Graduate School of Asia-Pacific Studies早稲田大学 大学院アジア太平洋研究科

About the School

研究科について

Message From Dean

研究科長挨拶

アジア太平洋地域における新たな価値の創造をめざして

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科
研究科長・教授 黒田 一雄

早稲田大学の創立者である大隈重信候は、1912年の大学創立30周年記念式典において演説し、大学の基本理念にあたる「教旨」を発表しました。そこには「世界の学問に裨補せん事を期す」「広く世界に活動す可き人格を養成せん事を期す 」ということが示されています。また、この演説の中で、大隈候は「一身一家一国のためのみならず進んで世界に貢献する抱負が無ければならぬ」「世界の平和を来すというのが吾人最後最大の理想である」とも言っています。この演説がなされたのは、未だ近代日本という国民国家の形成を強く意識せざるを得ない時代状況の中であったことを考えると、本学が研究と教育の両面において「世界への貢献」を強く意識したということは、当時としては画期的であったと考えられます。また、大隈侯はその著「東西文明の調和」(1922)においても「今、日本は将に東西文明の接触点に立って居る。吾人の大なる理想は文明の調和者として、東洋の文明と西洋高度の文明とを並行せしめ、調和せしむるにある」として、文明間の相互理解・対話を通じた調和ある社会・平和の創造への志を語っています。西洋と東洋を結ぶ日本を創り、早稲田大学をその知的な核としたいという大隈侯の気宇壮大な志です。早稲田大学は創立以来のこのような理念の下、日本のみではなく、世界に開かれ、世界に貢献する研究・教育を目指す大学として発展してきました。特にアジアとの関係は古く、1882年の創立後、翌々年には朝鮮半島からの留学生を受け入れ、1905年には清国留学生部を設立する等、数多くの指導的人材を、アジアを中心とする世界各地に送り出してきました。

アジア太平洋研究科(GSAPS)は、早稲田大学のそうした理念と歴史的な役割を、現代においてさらに発展させるために、1998年に設立されました。その基本理念は「アジア太平洋を中心とする地域の歴史、政治、経済、産業、経営、社会、文化および国際間の諸問題を、グローバルかつ地域的な観点から学際的に研究すると共に、その研究成果を社会に還元できる高度の専門知識をもった職業人を養成し、広く人類社会の発展に寄与する」ことです。設立以来、この22年間に、50か国以上の国々から学生を受入れ、3000名以上の修士と300名以上の博士を輩出してきました。卒業生は、各国の政府、経済界、市民社会、大学・研究機関や国際機関などで、幅広く活躍しています。また、アジア太平洋研究科は、数多くの海外提携校との間に協力関係を結び、国際的な共同教育にも積極的に取り組んできました。ジョージワシントン大学エリオットスクール(米国)、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス国際関係学科(英国)、ジュネーヴ国際関係・国際開発研究大学院(スイス)、ハーティ行政大学院(ドイツ)、ソウル国立大学校国際研究大学院(韓国)、チュラロンコン大学政治学研究科(タイ)等の数多くの国際関係分野の大学院と箇所間協定を締結し、活発な学生交換や研究交流を行っています。また、北京大学国際関係学院(中国)とブリュッセル自由大学ヨーロッパ研究所(ベルギー)とはダブル・ディグリー・プログラムを開発し、運営しています。北京大学、高麗大学、ナンヤン理工大学、タマサート大学とは「東アジア共同大学院(EAUI)」構想の下、共同でサマースクールやシンポジウムを毎年行ってきました。また、こうした国際的な教育活動の体制整備を進めるため、文部科学省の「グローバルCOE/「アジア地域統合のための世界的人材育成拠点」(2008~2011年)や「大学の世界展開力強化事業/アジア地域統合のための東アジア大学院(EAUI)拠点形成構想」(2011~2016年)などの数多くの外部資金を獲得してきました。現在も、文部科学省国費留学生優先配置制度「日本と世界の経済連携を推進するための人材育成プログラム」やJICAの「開発大学院連携プログラム」・「日越大学大学院グローバルリーダーシップ専攻」設立プログラムに採択され、実施中です。

 

アジア太平洋地域は、この四半世紀の間に、世界経済をけん引するまでに発展し、国際社会において益々大きな役割・貢献を期待されるようになってきています。一方、アジア太平洋地域にも、世界全体にも、貧困、環境問題、感染症、教育格差、移民難民問題等々の国民国家ごとの枠組みでは解決できない越境課題・地球的規模課題が数多く存在し、その解決のための国際協力の必要性が国際社会で強く認識されています。国際社会は、そうした課題を解決するために、持続可能な開発目標(SDGs)というグローバルガバナンスの枠組みを策定し、進展させています。このような状況認識の下、アジア太平洋研究科では、アジアがもつ多様性や潜在性、さらには世界が抱える諸課題に対して、伝統的な学問の領域を超えて、総合的学際的に教育・研究を行うことを目指し、その解決に貢献できる国際的な人材の育成を目指しています。

それでは、一体アジア太平洋研究科が目指す国際的な人材像とは何でしょうか。私は、国際社会で活躍する人材には三つのCが大切だと考えています。一つ目のCは、高度な専門知識と語学力・コミュニケーション能力を基とした国際的競争力(Competitiveness)です。グローバル化された社会で活躍する人材に求められる能力・実力は、国際化された基準の中で評価されるようになってきています。2つ目のCは、競争するだけではなく、世界のパートナーと協力しながら物事に取り組む協調性と協働的なリーダーシップ(Cooperativeness)です。国際社会の文化的多様性の中で、寛容と包容力を持って他者を理解しながら、自身の意見を忍耐強く主張し理解してもらい、そのうえで協働・共生できる能力が、世界に活躍しようとする人材には求められます。そして、最も大切な3つ目のCは、国際社会に通用する真の実力と、国際社会と協力することのできる人間力という2つの能力をもって、世界の抱える課題の解決や、世界の平和と豊かさの実現に何がしかの貢献をしようとする、まさに大隈侯が抱かれたような高い社会的貢献への志(Contribution)です。

アジア太平洋研究科での勉学は、3つのCを育成するための第一歩です。アジア太平洋研究科では、留学生も、日本人も、真に国際的で、非常に豊かな教育環境の中で、勉学・研究を行うことが可能です。そのような環境の中で、世界から集まった学生が、アジア太平洋地域および地球規模での課題の解決と新しい価値の創造に向けて貢献できる高度人材となることを期待しています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsaps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる