Graduate School of Asia-Pacific Studies早稲田大学 大学院アジア太平洋研究科

WIAPS

WIAPS

WIAPS

WIAPSとは

概要

1882年に早稲田大学を創立した大隈重信が、「東西文明の調和」を唱えたことはよく知られています。それから1世紀以上を経た20世紀末、早稲田大学は、「アジア太平洋」、「メディアネットワーク」、「生涯学習機関化」という3つのコンセプトのもとに大学改革を推進しました。その中で、本アジア太平洋研究センターが、アジア太平洋地域の共生と発展に貢献すべく1997年7月に開設されました。

本センターは、長年にわたって近代日本の社会科学的研究およびアジアの地域的研究を進めてきた<社会科学研究所>と、産官界からの受託研究・共同研究をはじめ、社会人を対象としたビジネス教育の実績を持つ<システム科学研究所>との合併により創立されました。そのため、当初は国際関係・地域研究部門と国際経営部門との2部門から構成されていました。しかし、2008年に後者は本センターより分離しました。現在の本センターは、大学院アジア太平洋研究科運営委員会(教授会)のメンバーである専任教員を主要な研究員として、早稲田大学アジア太平洋研究センター規則に則り運営されています。また、学外から交換研究員、訪問学者、外国人研究員等を受入れています。

本センターは、成長と変化の著しいアジア太平洋地域に焦点を当て、この地域における研究・教育のネットワークの構築を図るとともに、多様な研究成果、情報の発信拠点となることをめざしています。なかでも世界のトップレベルの研究者と互角の戦いができるような質の高い成果の発信を重視しています。

本研究センター研究員の現在の主要な研究活動は、(1)研究部会(本センター研究員および外部の特別センター員により構成)の研究活動、(2)科学研究費を用いた研究、(3)早稲田大学が助成する特定課題研究費および個人研究費を用いた研究から成っています。その研究成果は、主として『アジア太平洋討究』、『リサーチ・シリーズ』および『研究資料シリーズ』によって発表されています。『アジア太平洋討究』は2000年に創刊され、2013年12月現在で21号まで刊行しています(総目次は、本HPの出版活動の項をご参照下さい)。『研究資料シリーズ』および『リサーチ・シリーズ』の刊行は2010年より開始され、2013年3月末時点で、リサーチ・シリーズは3冊、研究資料シリーズは4冊を刊行しています。この外に、アジア太平洋研究科博士課程所属の大学院生の紀要である『アジア太平洋研究科論集』も、アジア太平洋研究科および本センターの合同の編集委員会によって編集出版されており、2013年12月現在で第26号まで刊行しています。
また、研究、出版活動に加えて、本センターでは、成果を広く普及すべく講演活動も随時実施しています。

こうした活動を通じ、本センターは研究の一層の質的量的向上を目指しておりますので、ご鞭撻ご指導を賜りますようお願い申上げます。

研究活動

本センターの教員のほか、学内の学部・大学院・研究所、そして学外の領域を同じくする専門家の横断的な研究活動。

本センター教員・助教等の科研費採択課題一覧は以下の通りです。

代表者 研究種目名 研究課題名 研究期間
加藤 篤史 基盤研究B 経済発展政策の政治経済学的分析:理論モデル分析とインドにおける実証研究 2018-2021
黒田 一雄 基盤研究B SDGs第4目標達成に貢献する教育のグローバルガバナンスの理論化と実証 2018-2022
篠原 初枝 基盤研究B アジア太平洋における国際連盟―新たな国際連盟史研究の構築と発信 2017-2020
松岡 俊二 基盤研究B 可逆性アプローチによる高レベル放射性廃棄物(HLW)管理政策と世代間公平性 2019-2021
青山 瑠妙 基盤研究C 中国対外政策決定の構造的特徴-「回転ドア」を手掛かりに 2017-2020
植木千可子 基盤研究C 経済的相互依存と脅威認識 2019-2022
浦田秀次郎 基盤研究C グローバルバリューチェーンと経済発展:企業レベル分析 2020-2022
中嶋 聖雄 基盤研究C 現代中国インディペンデント映画:生産・流通・消費を通じた批判的公共言説の生成 2020-2022
鍋嶋 郁 基盤研究C NTMsが国際貿易に与える影響に対する実証分析 2018-2020
見市 建 基盤研究C インドネシアにおけるフェミニズム運動とイスラーム 2020-2023
村嶋 英治 基盤研究C 在タイ日本人の個人文書を初めて本格利用した近代国家移行期タイの社会構造の実態解明 2019-2021
李 鍾元 基盤研究C 日米韓の安全保障関係の形成と展開に関する歴史的および政策的研究 2018-2020
レーニー デイビッド 基盤研究C The 150th Anniversary of the Meiji Restoration in Contemporary Japanese Politics 2018-2020
ロバーツ グレンダ S 基盤研究C Social inclusion and integration of diversity: Employers, newcomer migrant workers, and community response in Japan 2019-2021
ファーラー グラシア 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化) Global Labor Mobility and the Changing Meanings of Work: A Comparative Study of Germany and Japan 2016-2020
坂上 勝基 研究活動スタート支援 途上国の公教育を通じた難民・受入地域への教育支援効果の検証―ウガンダ北部の事例― 2020-2021
芦田 明美 若手研究 初等・中等教育修了に向けた修学実態の変容の解明―修学パターンの国内間及び年代比較 2019-2022
キム イルジュ 若手研究 Claims from the Bottom: Dual Citizenship Claims of Marriage Immigrants in South Korea 2020-2021
佐々木俊介 若手研究 廃棄物最終処分場でのインフォーマル・リサイクルの成立から衰退:マレー語圏を事例に 2019-2021

本センター教員・助手の2020年度特定課題研究助成費採択一覧は以下の通りです。

代表者 研究種目名 研究課題名
芦田 明美 特定課題(基盤形成) アジア地域を対象とした個々の修学実態の検討—途上国における修学の改善を目指して
植木千可子 特定課題(基盤形成) 脅威認識の形成と経済相互依存ー強制行動の影響
勝間 靖 特定課題(基盤形成) 「子どもの安全保障」研究ー開発・平和・人権を統合する学際的アプローチ
加藤 篤史 特定課題(基盤形成) 経済発展を巡る政治・経済・社会の変動の理論的分析とインドにおける実証研究
キム イルジュ 特定課題(基盤形成) Claims from the Bottom: Dual Citizenship Claims of Marriage Immigrants in South Korea
黒田 一雄 特定課題(基盤形成) アジアの教育モデルに関する包括的研究
坂上 勝基 特定課題(基盤形成) 途上国における難民流入が受入地域の教育システムに与える影響に関する実証研究
佐々木俊介 特定課題(基盤形成) 後発発展途上国における大気汚染:プノンペン市におけるPM2.5の濃度と分布の調査
篠原 初枝 特定課題(基盤形成) 国際連盟と日本
中嶋 聖雄 特定課題(基盤形成) Cosmopolitan Dream, Colonial Hegemony: The Manchurian Motion Picture Corporation and the Production of My Nightingale (1943)
早瀬 晋三 特定課題(基盤形成) アジア・太平洋における「戦争の記憶」の追跡調査・補足調査
ファーラー グラシア 特定課題(基盤形成) International Graduates’ Labor Market Transition in the US: from the Perspectives of the University Career Placement Services
白 映旻 特定課題(基盤形成) 中小企業のGVC参加が企業の生産性と雇用に与える影響に関する研究
松岡 俊二 特定課題(基盤形成) ポスト・トランス・サイエンス時代における科学技術リスクと社会的合意形成
村嶋 英治 特定課題(基盤形成) 在タイ日本人の個人文書を初めて本格利用した近代国家移行期タイの社会構造の実態解明
レーニー デイビッド 特定課題(基盤形成) The Meiji-Reiwa Olympiad: Narrative and Nation in Japanese Politics
黒田 一雄 特定課題(科研連動型) 現代アジア教育学の創生と挑戦
ファーラー グラシア 特定課題(科研連動型) Japan’s New Immigrant Entrepreneurship: Determinants、 Trajectories and Outcomes
キム イルジュ 特定課題(若手・アーリーキャリア支援) Claims from the Bottom:Dual Citizenship Claims of Marriage Immigrants in South Korea
佐々木俊介 特定課題(若手・アーリーキャリア支援) 後発発展途上国における大気汚染:プノンペン市におけるPM2.5の濃度と分布の調査
白 映旻 特定課題(若手・アーリーキャリア支援) 中小企業のGVC参加が企業の生産性と雇用に与える影響に関する研究

アジア太平洋研究センター受入
外国人研究員・訪問学者・交換研究員・リサーチフェロー

2020年4月1日時点での情報はこちらよりご確認いただけます。

アジア太平洋研究センター所属の助教につきましては、アジア太平洋研究科WEBサイトの以下ページにて紹介しています。

教員紹介

 

出版活動

本センターでは、各種出版物を通じて、日頃の研究・教育活動の成果を広く社会に還元しています。

各種出版物

  • 「アジア太平洋討究」
  • 「アジア太平洋研究科論集」
  • 「リサーチ・シリーズ」
  • 「研究資料シリーズ」

講演活動

本センターでは、その学術的な研究成果を広く社会に還元すべく、年間を通じて講演・セミナー・シンポジウムを開催しています。
講演等においては、本センターおよび早稲田大学内の教員にとどまらず、国内・海外の教育機関、公的機関ならびに民間企業等から積極的に講師を迎え、多彩なテーマをとりあげています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsaps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる