Graduate School of Asia-Pacific Studies早稲田大学 大学院アジア太平洋研究科

About the School

研究科について

Vision,Characteristics,Fundamental Policies

理念・特色・方針

理念

急速にグローバル化が進展する現在、世界の政治経済・社会・文化におけるアジア太平洋地域のプレゼンスはこれまでにも増して大きくなりつつあります。アジア太平洋研究科国際関係学専攻の基本理念は、「躍動するアジア太平洋を中心とする地域の歴史、政治、経済、産業、経営、社会、文化および国際間の諸問題を、グローバルかつ地域的な観点から学際的に研究」するとともに、その研究成果を社会に還元できる高度の専門知識をもった職業人を養成し、広く人々の生活や社会の発展に寄与することです。

国際社会で発生している諸問題解決のためには、地域に対する歴史文化的理解に加えて国際関係、政策、国際協力といった領域に関する分析ツールの習得が欠かせません。そのため、本研究科は国際関係学専攻のもとに、地域研究、国際関係、国際協力・政策研究の3つの領域を設け、学際的なアプローチで、3領域を横断するプログラムを提供している世界でも数少ない教育機関となっています。教員および学生のバックグラウンドも多彩であり、活きた国際社会を体験できるコミュニティを通して、教育・研究活動を実践しています。

6つの特色

1.日本語・英語によるバイリンガル教育

1998年の設立より、日本語と英語によるバイリンガル教育を実施しており、いずれの言語でも学位を取得することが可能です。主要な科目は、例えば春学期には日本語、秋学期には英語というように、日本語と英語と両言語で提供されています。

2.世界50カ国・地域からの学生と学ぶ国際的環境

7割の学生が留学生という構成からもわかるとおり、多様なバックグラウンドを持つ学生が世界中から集い、多国籍・多文化の環境で学んでいます。留学生の中には、日本の文部科学省により選抜・推薦された国費留学生や、アジアの高度職業人としてキャリアを持つJDS留学生や外国政府派遣留学生も多く在籍しています。

3.大学院に特化した充実した研究環境

本研究科は、学部を持たない独立研究科であるため、教員は大学院生の指導と研究に専念することができます。本研究科は研究活動の場として、アジア太平洋研究センターを併設しています。本センターは、成長と変化の著しいアジア太平洋地域に焦点を当て、この地域における研究・教育のネットワークの構築を図るとともに、多様な研究成果、情報の発信拠点となることをめざしています。なかでも世界トップレベルの研究者と競い合えるような質の高い成果の発信を重視しています。大学院生は本センターにおける各種研究プロジェクト等に積極的に関わる事により、自身の研究を発展させていくことが出来ます。

4.多彩な経歴を持つ講師陣

それぞれの研究分野をリードする一流の研究者のみならず、国連事務局員、世界銀行、UNICEF等での国際公務、外交やマスメディアなどの経歴を持つ多彩な教授陣の指導の下で、研究生活を送ることが出来ます。

5.海外での活動を積極的に支援

交換留学、研究そしてインターンシップ等海外での活動を積極的に支援しています。アジア太平洋地域のトップスクールと交換協定を締結しており、1セメスターの留学が可能となっています。さらに、東南アジアでのフィールドリサーチを希望する学生には、原口記念アジア研究基金により補助金を支給し、学生の研究活動を支援しています。また早稲田大学ではOECDやアジア開発銀行でのインターンシップを実施しており、毎年本研究科の学生も参加し単位を取得しています。

6.世界各国で活躍する卒業生

設立16年目を迎え、修士課程の修了生は1867名におよび、「国際協力・開発援助」、「国際公務員・官公庁」、「国際ビジネス」、「研究者」などの分野において、世界各国で活躍しています。また、223人が博士学位を取得しており、多くは大学の教員・研究者として活躍しています。

研究科の3つの方針

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)※2016.8.5更新

大学院アジア太平洋研究科国際関係学専攻では、「アジア太平洋を中心とする地域の歴史、政治、経済、産業、経営、社会、文化および国際間の諸問題をグローバルかつ地域的観点から学際的に研究するとともに、躍動するアジア太平洋地域を理解し、この地域の未来を担う専門家、研究者を育てていくこと」を基本理念としており、国際社会のより良き未来を目指して学ぶ学生を国内外から広く求めています。修士課程では、学部生のみならず、既に職業経験を有し、それぞれの出身国はもとより国際社会での更なる活躍を志す社会人の応募を歓迎しています。博士後期課程では、研究分野に関する高度な理解と専門知識をもち、アジア太平洋地域を含む国際社会にて活躍することのできる研究者や高度専門職業人となることを志す方の応募を広く歓迎しています。入学選考においては、当研究科の基本理念に賛同することを前提とし、次の点を重視します。

  1. 国際社会における諸課題の問題点を的確に把握し、解決することのできる素養
  2. 合理的・論理的に思考できる能力
  3. 国際社会で通用しうる語学力を含めたコミュニケーション能力

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)※2016.8.5更新

大学院アジア太平洋研究科国際関係学専攻修士課程では、「地域研究」「国際関係」「国際協力・政策研究」の3つの領域を設け、学生は一つの領域に中心を置きながら、他の領域の科目も履修することにより、躍動するアジア太平洋地域を多様な角度から観察・分析することのできる専門性を体系的に習得できるよう、カリキュラムが構成されています。また、発足当初から日本語と英語の2言語教育制度を導入しています。本研究科は国内外の関連機関との広範なネットワークを持つことから、日本におけるアジア太平洋研究・教育の拠点となっており、学生・教員に加え、学外のパートナーとも連携したトライアングル・メソッドを実践しています。授業科目は共通基礎科目・専門基礎科目・発展科目・自由科目で構成され、それらに加えて演習形式で各指導教員が論文や研究全般についての指導を行うプロジェクト研究を提供しています。アジア太平洋地域を専門とする研究者・国際公務員・ジャーナリスト・ビジネスパーソンの育成を重点的に推進するカリキュラムの編成を進めています。博士後期課程では、論文執筆のための研究指導を日本語および英語で実施しています。

卒業認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)※2016.8.5更新

大学院アジア太平洋研究科国際関係学専攻では、アジア太平洋を中心とする地域の歴史、政治、経済、産業、経営、社会、文化および国際間の諸問題をグローバルかつ地域的観点から学際的に研究するとともに、躍動するアジア太平洋地域を理解し、この地域の未来を担う専門家、研究者の育成を目指しています。修士課程を修了した者には、広い視野に立って豊富な学識を有し、国際関係学分野における研究能力または高度な専門性を要する職業等に必要な高度の能力を有する者の証として、「修士(国際関係学)」の学位を授与します。博士後期課程を修了した者には、アジア太平洋地域を対象とした地域研究、国際関係、国際協力・政策研究の分野について研究者として自立して研究活動を行える者、もしくは高度に専門的な業務に従事するために必要な高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を有する者の証として「博士(学術)」の学位を授与します。

人材養成その他の教育研究上の目的(大学院)

躍動するアジア太平洋地域を俯瞰的に理解し、その持続的な発展と地球規模課題の解決へ貢献しようという使命感をもった専門家・研究者を育てることが目的。この地域の国々の歴史的背景と多様性を体得し、政治・経済・社会・文化等を学際的に学習し、地域的および地球規模の諸課題へアプローチする分析ツールを習得できる国際的な大学院プログラムを提供する。(1)アジア太平洋を主な対象とした地域研究、(2)政治学・経済学・社会学・歴史学・文化人類学等の学問と分析枠組み、(3)国際機構・地域統合・安全保障・紛争解決と平和構築・貿易・持続可能な開発・環境・歴史認識・教育・人権・ジェンダー・情報通信等の諸課題に関わる国際協力のための政策研究、の三つの軸を有機的に組み合わせて教育・研究を行う。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsaps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる