Graduate School of Asia-Pacific Studies早稲田大学 大学院アジア太平洋研究科

教員

篠原 初枝(SHINOHARA Hatsue)

  • 資格:教授
  • 学位
    博士 University of Chicago
  • 経歴・略歴
    恵泉女学園大学人文学部 助教授 (1993-1998)
    上智大学 非常勤講師 (1995-1997)
    明治学院大学国際学部国際学科 助教授 (1998-2003)
    早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 助教授 (2003-2004)
    早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 教授 (2004-)
    東京大学 非常勤講師 (2005-2009)
    ジョージワシントン大学、エリオットスクール客員研究員(2009)

専門分野

国際関係論、国際関係史、日米関係史、国際関係における法と政治

研究テーマ

ソフトパワー、ナショナルアイデンティティとナショナリズム、日本の外交

主な研究業績・受賞

主な研究業績

  • 『国際連盟』 (中公新書,2010)
  • 『戦争の法から平和の法へ』 (東京大学出版会,2003)

受賞

  • アメリカ学会清水博賞(2004)

主要学会・社会貢献活動

主要学会

日本国際政治学会
国際法学会
アメリカ学会

社会貢献

Carnegie Council for Ethics in International Affairsフェロー

担当プロジェクト研究(ゼミ)

MA:東アジアとアメリカ、外交政策
PhD:日米関係史、国際関係史

研究テーマ/プロジェクト研究詳細・育てようとする人材像

このプロジェクト研究では、国家間の外交関係(日米関係、日中韓関係など)や外交政策を研究する学生が多いです。伝統的な枠組みから政府、国家の首脳、外交官に焦点をあてる学生やソフトパワーの視点から文化外交やパブリック・ディプロマシーを探究する学生もいます。他方で、学生自身の研究関心を大いに奨励しますので、国際連合、国際刑事裁判所、ユネスコ、NGO、また、メディアと外交問題や歴史認識(靖国問題)などを研究する学生もいます。

国際関係論を学ぶことがただちに平和な世界の構築に結びつくとは限りませんが、世界の諸問題をいろいろな角度から議論し、いろいろな国や国民が歩み寄れる可能性を一緒に考えていきたいです。

研究室HP等/研究者DB

https://w-rdb.waseda.jp/html/100000107_ja.html

一覧に戻る

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsaps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる