School of Commerce早稲田大学 商学部

About the School

学部について

Publications

出版物

問合せ先:

公認会計士合格者

学生名 学年 ゼミ名 合格年度 商学部報
高原 裕介 商学部3年 鵜飼ゼミ 2015年度 No.167
2016年4月号
松井 亮太朗 商学部3年 辻山ゼミ
岡本 華人 商学部3年 辻山ゼミ 2014年度 No.165
2015年4月号
新藤 瑞希 商学部3年 長谷川ゼミ
村川 雄亮 商学部4年 辻山ゼミ 2013年度 No.163
萩原 佑太 商学部3年 長谷川ゼミ
山崎 友輔 商学部3年 内田ゼミ 2011年度 No.160
高橋 佑季 商学部4年 川村ゼミ 2011年度 No.159
佐久間 亮 商学部4年 辻山ゼミ 2011年度

就職活動体験記

学生氏名 学年 商学部報
齊藤 巽 商学部卒 No.168
2016年 6月号
森本 祐史 商学部卒
品川 大地 商学部卒 No.166
2015年 6月号
大平 栞 商学部卒
土山 和晃 商学部4年 No.164
山下 健太郎 商学部4年
菅沼 龍太郎 商学部4年 No.162
長瀬 杏奈 商学部4年
尾崎 愛 商学部4年 No.160
鎌田 ひとみ 商学部4年 No.160
浜野 真 商学部4年
宝生 彩貴 商学部4年 No.158
原 千晶 商学部4年 No.158
菊地 弘樹 商学部4年 No.158(1)No.158(2)

インターンシップ体験記

学生氏名 学年 商学部報
丸重 千晶 商学部4年 No.168
2016年 6月号
尾谷 香穂里 商学部4年
宮口 翼 商学部4年 No.166
2015年 6月号
丸尾 英里子 商学部4年
武田 栞 商学部4年 No.164
岸野 翔 商学部4年
森 直樹 商学部4年 No.162
比嘉 優花 商学部4年
小松 龍太 商学部4年 No.158
村上 諒陛 商学部4年

留学体験記

タイトル 学生名 学年 留学先 商学部報
異文化の中で自分を知る 加藤 大樹 5年 ナバラ大学(箇所間協定プログラム) No.168
2016年6月号
私が感じた本当の「中国」 川居 和樹 商研
1年
復旦大学新聞学院(ダブルディグリープログラム) No.168
2016年6月号
早稲田での学びを大事に 小坂 真司 4年 トロント大学(箇所間協定プログラム) No.168
2016年6月号
ABSを通じて 後藤 瞭介 4年 香港中立大学(ABSプログラム) No.168
2016年6月号
自分の世界を広げたいなら 片井 麻莉子 4年 グラナダ大学(交換留学プログラム) No.167
2016年4月号
モスクワ留学 伊藤 洋一 2年 モスクワ大学ビジネススクール(箇所間協定留学) No.167
2016年4月号
偶然に導かれて~私と台湾の不思議な関係~ 種田 英輔 5年 国立台湾大学管理学院(ダブルディグリープログラム) No.166
2015年6月号
時代は東南アジア! 松村 雄太 3年 チュラーロンコーン大学(AIMS) No.166
2015年6月号
予想外 高田 尚孝 3年 ウィーン経済大学(交換留学) No.166
2015年6月号
留学に行く、と決めたら 佐々木 美穂 4年 フォートルイス大学(Fort Lewis College/ISAプログラム) No.166
2015年6月号
固定概念は捨ててほしい 宮野 梨沙 4年 国立政治大学(交換留学) No.165
2015年4月号
チャレンジすれば宝の山 淺野 雄哉 3年 University of Oregon(TSA留学) No.165
2015年4月号
迷っているなら行くべき 柴田 快 4年 ポートランド州立大学(TSA) No.164
私を成長させてくれた留学 三宅 亜紀 5年 University of Oregon(交換留学) No.164
留学で学んだ英語、中国語よりも大切なもの 川井 沙菜 3年 復旦大学(ABS) No.164
ちょっとしたチャレンジこそ成長のきっかけ 佐藤 弘樹 4年 国立政治大学(交換留学) No.164
留学経験が自分の力に 武田 絵美里 4年 ナバラ大学 No.163
自らチャンスを作り、チャレンジし続ける 平井 聡志 5年 北京大学光華管理学院(交換留学) No.162
挑戦の連続! ドイツ留学 岩田 萌 4年 WHU(Otto Beisheim School of Management) No.160
交換留学後の就職~学生時代は
多様な経験を、就活は戦略的に~
権 志香 5年 国立台湾大 No.160
世界を知る ~憧れのイギリス留学~ 谷口 拓郎 4年 ウェールズ大学バンガー校 No.159
憧れだったアメリカへの留学と挫折 孫 ホンヒョン 4年 カリフォルニア州立大学 No.158
台湾いいとこ1度はおいで 田村 渚 3年 台湾國立政治大学 No.158

Asian Business Studies 派遣留学生の声

タイトル 学生名 商学部報
自分の成長 CHANG Yu Shan No.167
2016年4月号
提携校の雰囲気 宮崎 涼次 No.167
2016年4月号
自分の成長 岩崎 早紀 No.167
2016年4月号
自分の成長 Wang Kuan Hsun No.167
2016年4月号
授業の様子 松藤 尚生 No.167
2016年4月号
制度の紹介 岡本 周平 No.165
2015年4月号
自分の成長 三浦 修一 No.165
2015年4月号
授業の様子 本多 真綾 No.165
2015年4月号
提携校の雰囲気 土橋 七々帆 No.165
2015年4月号
自分の成長 Luk Sir Chun No.165
2015年4月号

syogaku『早稲田商学』は、1925年(大正14年)商学部および専門部商科の教員・学生によって、商学および経済学の研究と発表を目的として早稲 田商学同攻会が組織され、同年6月に創刊された研究機関誌であり、これまで数多くの優れた研究論文を掲載してきました。

『早稲田商学』の意義は、早稲田大学商学部の専任教員に対して研究発表の場を提供し、当学の学問的地位を示すとともに、「商学」という学問自体の地位向上に資することにあります。また、『早稲田商学』は一般学生にとって研究の指針・攻学の参考となるばかりでなく、当学出身の校友のみなさんや広く経済界や実業界で活躍する人々にとっても、その実践の場における学問的支援を提供するものとして大いに貢献しています。

『早稲田商学』は現在、年4回発行され、当学の教員・学生の他、全国の大学や研究機関に配布されています。

『早稲田商学』のバックナンバーは[email protected] University(学術機関リポリトジ)でも検索できます。

早稲田商学 第456号(2019年9月発行)

論文 Occupational Choice and Compensation for Losers from International Trade Toshihiro ICHIDA

早稲田商学 第455号(2019年6月発行)

論文 わが国における予算管理の改善に関する研究の動向
──脱予算経営の観点から──
清水 孝
町田 遼太
上田 巧
企業の財務情報透明性と現金保有水準の関連性
──台湾における情報開示評価システムを用いて──
潘 健民
山内 暁
わが国商慣習の「店着価格制」の改善に関する一考察
──インコタームズに基づく定型取引条件のわが国国内取引への適用の観点から──
田口 尚志
自動運転技術とボトルネック渋滞 片岡 孝夫
エンタープライズ・ソーシャル・メディアの活用の効果と問題点に関する考察
──環境の複雑性と規範に着目して──
大沼 沙樹

早稲田商学 第454号(2019年3月発行)

論文 地域イノベーション・ネットワークの戦略提携論的展開 藤田 誠
事業承継問題を対象とした同族企業研究のレビュー 井口 衡
An Inquiry into the Concept of Professional Skepticism in a Financial Statement Audit Yoshihide TOBA
研究ノート マーケティングにおける意味解釈研究の補論 武井 寿
消息 青山慶二先生をお送りするにあたって 藤田 誠
鵜飼信一先生をお送りするにあたって 藤田 誠
青山慶二先生のご退職にあたって 栗原 克文
鵜飼信一先生のご定年退職にあたって 横山 将義
追悼 太田正孝先生を偲んで 藤田 誠
太田正孝先生の思い出 横田 一彦

早稲田商学 第453号(2018年9月発行)

刊行にあたって 伊藤 嘉博
論文 経営環境の変化が促進する原価企画の変革
── IoT,サービタイゼーションへの潮流のなかで ──
伊藤 嘉博
エンジニアの生産性を最大化する原価企画の運用
── トヨタ自動車のケースに基づく一考察 ──
小林 英幸
サービス原価企画の課題と展望 関 洋平

早稲田商学 第451・452合併号(2018年3月発行)

論文 ツーリズム研究への当事者アプローチの適用 伊藤 嘉博
Growth Factors of the Life Insurance Business in Japan Tadayoshi OTSUKA
An Empirical Study of Quantile Forecasts for the S&P500 Stock Index Chao LU
消息 大森郁夫先生をお送りするにあたって 藤田 誠
小林啓孝先生をお送りするにあたって 藤田 誠
辻山栄子先生をお送りするにあたって 藤田 誠
山本哲三先生をお送りするにあたって 藤田 誠
大森郁夫先生のご定年退職にあたって 横山 将義
飽くなき探究心が育んだ創造性溢れる
研究ワールド:小林啓孝先生
伊藤 嘉博
辻山栄子先生のご退職にあたって 川村 義則
山本哲三先生のご退職にあたって 高瀬 浩一

早稲田商学 第449・450合併号(2017年6月発行)

論文 英文雑誌『オリエンタル・エコノミスト』の経済記事について
── 1934-1960年 ──
池尾 愛子
サービス原価企画におけるVE と組織間協働
── サービス業のVE 事例に基づく検討 ──
関 洋平
資料 固定為替レート制と経済安定化政策 横山 将義
消息 鳥羽至英先生をお送りするにあたって 藤田 誠
晝間文彦先生をお送りするにあたって 藤田 誠
鳥羽至英先生のご退職にあたって 鈴木 孝則
まっすぐに歩まれた学問の道:晝間文彦先生 広田 真一

2015年度 受賞者インタビュー

第一席 生まれ月が小中学生の学習・運動習慣に与える影響 片山 東ゼミ
グループ5名
佳作 『戸籍制度改革を更に進める国務院の意見』が中国農工民に与える影響に関する考察 尹 景春ゼミ
グループ7名
佳作 既存キャラクターと企業のコラボレーション:一致度、好み、ノスタルジアに着目して 守口 剛ゼミ
水上 裕貴
佳作 『道の駅』による地域活性化:ビジネスモデルの観点からの分析 井上 達彦ゼミ
グループ4名
佳作 ブランドを含めたSNS投稿の有効性と投稿要因の解明:自己表現とブランドパーソナリティーに着目して 守口 剛ゼミ
大池 寿人
佳作 サッカーチームの好成績とスポンサー企業価値との関係性:統計的分析 山野井 順一ゼミ
グループ4名
佳作 IPO市場の過熱と主幹事証券の行動:ロックアップ契約からの考察 大村 敬一ゼミ
グループ2名

2014年度 受賞者インタビュー

大学院学生の部

佳作 Social Moodと株価の双方向的影響:株価変動のメカニズムに関する実証研究 豊泉 洋ゼミ
明石 裕太郎

学部学生の部

第二席 生徒教員比がいじめ・学力に及ぼす影響 片山 東ゼミ
グループ6名
第二席 震災は地価評価基準を変えたのか:静岡県の地価を用いて 市田 敏啓ゼミ
グループ6名
佳作 観光は貧困を救うか?:時系列分析による観光の貧困削減効果分析 横田 一彦ゼミ
大野 靖博
佳作 社外取締役の導入意義:他のガバナンスメカニズムとの関係を考慮した実証分析 広田 真一ゼミ
グループ4名
佳作 イベント消費のメカニズム解明:参加者の動機と心理的財布に着目して 守口 剛ゼミ
渥美 志織
佳作 買収防衛策が企業価値に与える影響:長期イベントスタディと長期パフォーマンススタディによる考察 広田 真一ゼミ
グループ4名
佳作 ライバルブランドのブランド評価形成メカニズム:どっち派キャンペーンに着目して 守口 剛ゼミ
田部 裕馬

2013年度 受賞者インタビュー

第一席 授業科目の選択と配分の問題における公平性と誘因両立性について 佐々木 宏夫ゼミ
西山 諒
第二席 恋人を満足させる効果的な方法:距離と通信が恋愛満足度に与える影響の計量的分析 片山 東ゼミ
グ ループ4名
佳作 投票力指数への非対称性導入について 佐々木 宏夫ゼミ
田 中 健人
佳作 若者佳作の投票率と政府による社会保障費支出の関係 横田 一彦ゼミ
グ ループ5名
佳作 ソーシャルメディアによる誇示行動と満足度の関係:投稿者本人への快楽と正当化に着目して 守口 剛ゼミ
吉 村 善治
佳作 現代的贅沢消費の実態解明: 佳作プチ贅沢消費における概念規定と動機の解明 守口 剛ゼミ
松 本 裕子
佳作 毎月分配型投資信託の本質的問題点 大村 敬一ゼミ
グ ループ4名
佳作 人員削減が企業価佳作値に与える影響:株価の反応とその後の業績 広田 真一ゼミ
グ ループ5名
佳作 新聞広告におけるオノマトペの内容分析:オノマトペ教育への示唆 嶋村 和恵ゼミ
伊 藤 茉莉奈

2012年度 受賞者インタビュー

第二席 日露戦後経営における鉄鋼業保護育成政策の効果:官営八幡製鉄所拡張計画と日本の 重工業化 花井 俊介ゼミ
井上  雄介
佳作 空売りが株価形成に与佳作える影響:日本の株式市場における実証分析 広田 真一ゼミ
グル ープ5名
佳作 戦略マネジメントからみた組織間管理会計 長谷川 惠一ゼミ
井上  慶太
佳作 我が国における公募増資について:増資発佳作表による株価への影響と長期パフォーマンス 大村 敬一ゼミ
長谷 部 倫也
奨励賞 The Cycle of Hate as the Origin of “the Troubles” ケイト・エルウッド プロゼミ
川口  慧太

2011年度 受賞者インタビュー

第一席 裁判員制度の投票力指数による分析 佐々木 宏夫ゼミ
岩﨑  康平
第二席 IPO における株価のアンダーパフォーマンス現象について 大村 敬一ゼミ
野津  大介
佳作 日本的企業財務のリスクヘッジ機能:東日本大震災を通して 広田 真 一ゼミ
グル ープ5名
佳作 カテゴリー不確実性に関する一考察:カテゴリーの認識方法の違いが購買後満足に与える影響 守口 剛ゼミ
横井  雄史

2010年度 受賞者インタビュー

佳作 社外取締役の導入は外国人投資家を引きつけるのか 広田 真一ゼミ
グル ープ5名
佳作 日米比較を通じた資本予算評価技法の日本における実務的特徴 清水 孝ゼミ
大西  智之

bunka『文化論集』は、1992年6月に行われた早稲田商学同攻会年次総会において、『早稲田商学』のもとで年2回発行されていた「文化特集号」の分離・独立が決定されたのを受けて、上記の名に改題され刊行されるようになった研究機関誌です。

『文化論集』の『早稲田商学』からの独立は、語学・一般教育の文化教育への統合と専門教育からの独立を象徴するもので、わが国の文化教育をリードする代表的学部機関誌として発展しています。

『文化論集』は現在、年2回発行され、『早稲田商学』と同様、当学の教員・学生の他、全国の大学や研究機関に配布されています。

『文化論集』のバックナンバーは[email protected] University(学術機関リポリトジ)でも検索できます。

文化論集 第56号(2019年9月発行)

論文 ニューヨーク・タイムズの英語 小澤 悦夫
周作人與小品文
──對“亡國之音”的反駁
小川 利康
Quantitative und qualitative Fehleranalyse Japanischer
Deutschlerner (JDL) bei Aufsatzübungen in deutscher
Sprache mit Schwerpunkt auf dem Artikelgebrauch
Manuel Philipp KRAUS
Qualverwandtschaften - Zwischen Wahn und Sinn an der
Klippe des Ichs im Denken von Gerhard Roth
Manuel Philipp KRAUS
資料 ドイツ語読解の戦略と戦術 ⑹
──統合演習 転移編(食糧問題)──
原口 厚
ドイツ語読解の戦略と戦術 ⑺
──大学における高等普通教育と外国語教育の意義と機能──
原口 厚

文化論集 第55号「周作人国際学術シンポジウム」特集号(2019年9月発行)

巻頭言 「周作人国際学術シンポジウム」特集号刊行にあたって 小川利康
出版《首届周作人国际学术研讨会》专辑的说明 小川利康
史料考证 关于周作人集外文 陈子善
周作人与汤尔和及其他 止庵
Historical Research Materials on Zhou Zuoren in the Possession of his Family Zhou Jiyi
Zhou Yiming
Tr. by Susan Daruvala
周氏兄弟と『新青年』
── 版本調査に基づく新たな視角 ──
秋吉收
方纪生的事《周作人先生的事》之编辑及其奉献给
中日文化交流的一生
川边比奈
鸟谷真由美
周作人の銭玄同宛書簡における隠語について 陳潔
阿部沙織 訳
周作人留日前的三篇英译汉小说与日本之渊源续考 宋声泉
早稲田大学會津八一記念博物館所蔵
「松枝茂夫旧蔵書簡」解題
飯倉照平
小川利康
早稲田大学會津八一記念博物館所蔵
「松枝茂夫旧蔵書簡」目録
徳泉さち
小川利康 編
戦時における日中研究者のつながり
── 松枝茂夫宛陶晶孫関連書簡二通について
中村みどり
回想 わたしの中の松枝茂夫先生 杉本達夫
早稲田大学會津八一記念博物館所蔵
「安藤更生旧蔵」周作人関連資料
徳泉さち
文化视角 周作人欣赏大乘佛教的原因 孙郁
文化再生のための知識構築
── 周作人「私の雑学」を精読する ──
趙京華
陳婉 訳
周作人的“东亚文明”意识
—— 以武者小路实笃、柳宗悦对周作人的影响以及他对韩国文化的认识为主
洪昔杓
崔丽红 译
周作人の『草木虫魚』シリーズ ── 鳥獣虫魚小品 呉紅華
探寻《梦之世界》—— 周作人接触文化人类学的契机 小川利康
周作人と日本の「人情」──『 古事記』を中心に ── 李瑾
周作人与柳宗悦 —— 围绕“信与美”的思考 李雅娟
周作人における『旧約聖書』
──「エレミヤの哀歌」から「ソロモンの雅歌」へ
根岸宗一郎
与日本的关系 Zhou Zuoren’s collaboration and the question of “shattered jade” Susan Daruvala
周作人与《中国文学月报》—— 竹内好的周作人观 —— 荫山达弥
周作人的和平观念与附逆 黄开发
新民印书馆内外的安藤更生与周作人 陈言
一个青年的来访 —— 对1939 年5 月周作人的外围观察 —— 王俊文
文学史内外 周作人与宫本百合子 —— 从《鲁迅全集》注释之误说开去 长堀祐造
裴亮 译
反时代的考察:一场被忘却了的小诗运动的夭折(中)
—— 从后期创造社的方向转变谈中国现代文学的分歧点 ——
顾伟良
解读北斗生《中国文坛闲话》
—— 周作人与1923 年前半的日中文坛 ——
伊藤德也
1934 年夏周作人郭沫若会面背景考察
—— 以“钱玄同致周作人函”为线索
潘世圣
中里见敬

文化論集 第54号(2019年3月発行)

論文 ÉCRITURE, IMAGES ET LANGAGE III
Écriture dans l’image et images d’écriture
dans la peinture vénitienne de la Renaissance et
la peinture de lettrés japonaise
Marguerite-Marie PARVULESCO
研究ノート フランツ・ヴェルフェル『バルバラあるいは敬虔』
──自伝と小説 ──
猪俣 正廣

文化論集 第53号(2018年9月発行)

研究ノート Itô Noe et l’anarcho-féminisme,
vers une histoire connectée ?
Marine SIMON
資料 ドイツ語読解の戦略と戦術 ⑸
── 統合演習 基本編(人口問題) ──
原口 厚

文化論集 第51・52合併号(2018年3月発行)

論文 〈ポスト真実〉の時代としての現代
── それの克服のために ──⑴
八巻 和彦
CLIL in Italian Universities:
Lessons for Japan
Kate ELWOOD
ÉCRITURE, IMAGES ET LANGAGE II.
Images de l’écriture et langage des images
dans la peinture vénitienne et la peinture japonaise
Marguerite-Marie PARVULESCO
研究ノート フランツ・ヴェルフェルとカール・クラウス 猪股 正廣
消息 八巻和彦先生をお送りするにあたって 藤田 誠
八巻和彦先生のご退職にあたって 矢内 義顕

文化論集 第50号(2017年3月発行)

論文 Combating Indifference towards Aboriginal Issues in Canada 中原 緑
Leonid YOFFE
資料 ドイツ語読解の戦略と戦術(4) 原口 厚
消息 ヤヌシュ・ブダ先生のご定年退職にあたって 嶋村 和恵
ヤヌシュ・ブダ先生をお送りするにあたって 藤田 誠
資料 周作人_松枝茂夫往来書簡 補遺 小川 利康

利用上の注意

  1. 本サイトで公開されている『早稲田商学』・『文化論集』の論文等の内容の著作権等は早稲田商学同攻会に帰属し、著作権法および国際条約によって保護されています。
  2. 利用者は、個人の研究・調査等に係る正当な目的で、かつ利用に必要な範囲内に限り、内容をダウンロードないしプリントアウトすることができます。ただし、禁止・制限を定める場合もあります。
  3. 利用者は、早稲田商学同攻会による事前の承認なしに、個人利用以外の目的でその内容を複製、頒布ないし改変するなど、著作権を侵害する行為を行うことはできません。
  4. これらの事項に違反する悪質な利用を行うと、法律により罰せられることがありますので、くれぐれも適正な利用をお願いいたします。
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/soc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる