School of Commerce早稲田大学 商学部

About the School

学部について

History and Overview

沿革

商学部略年表

1882
明治15年
東京専門学校創設。
1902
明治35年
早稲田大学に改称。大学部と専門部を新設。
1904
明治37年
専門学校令による大学となる。大学部に商科設置、初代商科長 天野為之。
1920
大正9年
大学令により大学部商科から商学部となる。初代学部長 田中穂積。
1935
昭和10年
大学部商科および商学部出身者による「早稲田大学商学部校舎改築促進会」結成。
1938
昭和13年
「早稲田大学商学部校舎改築促進会」の寄附により商学部新校舎竣工。
1949
昭和24年
新制大学の発足。第一商学部、第二商学部として発足。
1951
昭和26年
商学研究科設置。
1972
昭和47年
第二商学部廃止。第一商学部から商学部に改称。
1995
平成7年
セメスター制導入。
2004
平成16年
商学部創設100周年記念式典挙行。
2006
平成18年
商学部校舎、約70年の役目を終え閉鎖。
新校舎建設着工。
2009
平成21年
新校舎竣工。

第2代商学部長 平沼淑郎先生について

photo_history_01昭和10年、商学部校舎の老朽化を憂いた商学部OBが、平沼淑郎先生(第2代商学部長)を会長とした「商学部校舎改築促進会」を結成します。
その結果、商学部OBからの寄付金だけで、昭和13年10月に商学部校舎は新築されました。
しかし平沼先生はその完成を待たず、昭和13年8月に亡くなりました。
平沼先生の功徳を称えるため、彫刻家朝倉文夫(大隈重信銅像の製作者)氏の手により胸像が製作され、由来書とともに商学部校舎に設置されました。

商学部校舎は2006年3月に約70年の役目を終え、新校舎が2009年4月に竣工しましたが、平沼先生の胸像は新校舎一階に移設されています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/soc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる