School of Commerce早稲田大学 商学部

About the School

学部について

Curriculum

カリキュラム

商学部では、科目系列を5つに分類し、それぞれに必要単位数を設定しています(卒業に必要な単位数は124単位となります)。
なお、商学部には学科、専修がありません。3年次のトラック決定(ゼミ決定)まで関心のある科目を履修し、最も関心のあるトラック(ゼミ)を検討することが可能です。

専門基礎科目(必要単位:40単位)

商学部生の土台となる5つの必修基礎科目と6つの選択必修科目を1、2年次に履修します。これにより商学部に関する基礎的素養が身につき、専門科目履修時の理解が深まります。

専門教育科目(必要単位:36単位)

専門性を高める多数の科目を設置しており、学習段階に応じて計画的に履修していきます。また、科目の中には総合学際科目と呼ばれる各専門性を補完する科目や、外国語で授業を行う科目も設置されています。

総合教育科目(必要単位:12単位)

バランスのとれた学識を身につけるために、多岐にわたる科目を設置しており、各自の関心に合わせて自由に選択できます。科目の中にはプロゼミと呼ばれるゼミ形式の演習科目も設置されています。

外国語科目(必要単位:20単位)

ビジネスで必須となる語学力の習得を重視し、6つの外国語から2つを選択します。また、1年次に全員が少人数英会話科目「General Tutorial English」(※)を履修します。
※受講料43,000円が1年次の実験実習料に含まれます。

共通選択科目(必要単位:16単位)

上記の科目系列の中から必要単位数を越えて習得した単位等(自動登録の「学術的文章の作成」含む)

セメスター制

※詳細は学部日程をご確認ください。

上の図のように、商学部は2学期制(セメスター制)を採用しています。各学期ごとに科目を選択・登録し、授業を受け、成績を確認します。

トラック制

商学部では、専門知識を高めるために、「経営」「会計」「マーケティング・国際ビジネス」「金融・保険」「経済」「産業」の6つのトラックを設けています。
3年次から始まる(2年次の秋学期に選択)専門教育科目演習(ゼミ)の属するトラックが、自動的に各自のトラックとなります。
専門教育科目演習(ゼミ)を履修しない学生は、別に定める期日までに希望するトラックを申告しなければなりません。

※以下は、2014年度以降正規入学者に適用されるカリキュラムに基づいて記載しています。2013年度以前正規入学者については、自身の最新の商学部の手引き(ROUTE2013年度以前の入学者用)にてご確認ください。

経営トラック(所属ゼミ一覧)

現実の経営を理解し、説明するための理論や分析用具を様々な視点から提供します。具体的には、経営学、経営組織、経営戦略、経営史、企業と社会などについて学びます。

  • 現代企業研究Ⅰ/Ⅱ
  • 組織と戦略Ⅰ/Ⅱ
  • ITと経営戦略Ⅰ/Ⅱ
  • ビジネスモデルと競争戦略Ⅰ/Ⅱ
  • 組織変革の研究Ⅰ/Ⅱ
  • 競争戦略Ⅰ/Ⅱ
  • 会社法研究Ⅰ/Ⅱ
  • 企業法研究Ⅰ/Ⅱ
  • 企業と環境・社会Ⅰ/Ⅱ
  • 経営戦略研究Ⅰ/Ⅱ

会計トラック(所属ゼミ一覧)

企業の経済活動を記録、計算し、経営活動の結果を外部に報告する分野である財務会計と、会計データを企業の経営管理に活用する分野である管理会計を中心に学びます。

  • 会計基準の研究Ⅰ/Ⅱ
  • 現代管理会計論Ⅰ/Ⅱ
  • 会計情報論Ⅰ/Ⅱ
  • 企業管理会計研究Ⅰ/Ⅱ
  • 現代の財務会計Ⅰ/Ⅱ
  • 財務会計演習Ⅰ/Ⅱ
  • 財務報告と分析Ⅰ/Ⅱ
  • 企業価値評価研究Ⅰ/Ⅱ
  • 財務諸表監査と会計プロフェッションⅠ/Ⅱ
  • 環境経営と戦略マネジメントシステムⅠ/Ⅱ
  • 財務報告の研究Ⅰ/Ⅱ
  • 財務会計研究Ⅰ/Ⅱ

マーケティング・国際ビジネストラック(所属ゼミ一覧)

市場メカニズムを通じた製品やサービスの創造と供給、そしてそれを可能にするさまざまな諸資源の流通と交換に関わる理論、機能、制度、手続きなどについてグローバルな視点から考察します。

  • 現代マーケティング研究Ⅰ/Ⅱ
  • マーケティング基礎理論研究Ⅰ/Ⅱ
  • 現代広告研究Ⅰ/Ⅱ
  • マーケティング・サイエンス研究Ⅰ/Ⅱ
  • 国際マーケティングマネジメントⅠ/Ⅱ
  • 貿易商務研究Ⅰ/Ⅱ
  • グローバル経営Ⅰ/Ⅱ
  • 国際貿易と経済学Ⅰ/Ⅱ
  • 国際貿易研究Ⅰ/Ⅱ

金融・保険トラック(所属ゼミ一覧)

金融分野では、金融の基本的な仕組みと機能を理解した上に、企業金融、ポートフォリオ理論、国際金融等を学び、保険分野では、家計および企業のリスク処理の体系、保険企業の機能・役割を中心に考察します。

  • 現代金融経済論Ⅰ/Ⅱ
  • 生命保険研究Ⅰ/Ⅱ
  • 現代の資本市場Ⅰ/Ⅱ
  • 金融構造の国際比較Ⅰ/Ⅱ
  • リスクマネジメント研究Ⅰ/Ⅱ
  • グローバルビジネス、グローバルファイナンスⅠ/Ⅱ
  • コーポレート・ファイナンスⅠ/Ⅱ
  • 国際金融と経済Ⅰ/Ⅱ
  • 現代損害保険研究Ⅰ/Ⅱ

経済トラック(所属ゼミ一覧)

企業や家計など個別の経済主体の行動や全般的な経済環境の動向を理解するためのツールとして、経済学の基礎的な理論と定量分析の手法を学び、それらを用いてビジネスの諸問題を分析します。

  • 現代企業論Ⅰ/Ⅱ
  • マクロ経済理論Ⅰ/Ⅱ
  • 開発経済学研究Ⅰ/Ⅱ
  • 数理計量分析研究Ⅰ/Ⅱ
  • コンピュータによる統計分析とその応用Ⅰ/Ⅱ
  • 企業の経済学Ⅰ/Ⅱ
  • 計量経済学とその応用Ⅰ/Ⅱ

産業トラック(所属ゼミ一覧)

経済及び産業社会の実態を理解するため、様々な視点を提供します。具体的には、経済史を前提とした歴史に関する科目のほか、経済政策、日本経済論、中小企業論、財政学、労働経済論などについて学びます。

  • 経済と社会:歴史的アプローチⅠ/Ⅱ
  • 産業経済の分析Ⅰ/Ⅱ
  • 日本企業システムの経済分析Ⅰ/Ⅱ
  • 国際経済学研究Ⅰ/Ⅱ
  • 日本経済史研究Ⅰ/Ⅱ
  • 国際経済関係研究Ⅰ/Ⅱ
  • 欧米経済史研究Ⅰ/Ⅱ
  • 雇用労働研究Ⅰ/Ⅱ

学部科目一覧

最新の科目詳細については、シラバスシステム(講義要項検索)をご利用ください。

※以下は、2014年度以降正規入学者に適用されるカリキュラムに基づいて記載しています。2013年度以前正規入学者については、自身の最新の商学部の手引き(ROUTE2013年度以前の入学者用)にてご確認ください。

専門基礎科目

商学部の学生がそれぞれ選択するトラックの学習を系統的に行うための基礎学力を修得することを目的に設置された科目です。

区分 I群 II群
必修 基礎数学 ビジネス法入門
基礎会計学 統計リテラシーα※
基礎経済学 統計リテラシーβ※
選択必修 経営学 ミクロ経済学
マーケティング論 マクロ経済学
金融入門 基礎統計学
保険論
財務会計論
管理会計論
国際貿易論

※グローバルエデュケーションセンター設置科目

専門教育科目

商学部の学生としてふさわしい専門知識を身に付けることを目的に設置された科目です。各科目は「経営」「会計」「マーケティング・国際ビジネス」「金融・保険」「経済」「産業」の6トラックと、「総合学際科目分野」「外国語専門科目分野」の計8つに分類されています。

①-1 トラック別講義系科目

トラック トラック
経営 経営組織論
ビジネス・リサーチ
経営戦略
企業と社会
人的資源管理
経営情報システム
競争戦略
イノベーション論
など
金融・保険 金融論
証券論
リスクマネジメント論
国際金融論
数理ファイナンス
損害保険論
海上保険論
生命保険論
など
会計 簿記Ⅰ
簿記Ⅱ
原価計算論
会計監査論
財務諸表分析論
企業価値評価論
会計情報システム論
国際財務報告会計
など
経済 ゲーム理論と戦略
回帰分析
社会経済学
経済統計Ⅰ
経済統計Ⅱ
産業組織論
など
マーケティング
・国際ビジネス
広告論
国際商務論
国際マーケティングマネジメント論
マーケティング戦略論
貿易契約論
貿易慣習論
国際貿易理論
ダイバシティマネジメント
国際ビジネス特論(企業の国際戦略)
など
産業 社会経済思想史
経済史
日本経済論
経済政策
中小企業論
財政学
経済学史
日本経済史
西洋経済史
労働経済論
など

①-2 総合・学際科目

系統
法律系 民法(総論)Ⅰ
民法(総論)Ⅱ
企業法Ⅰ
企業法Ⅱ
企業法Ⅲ
労働法Ⅰ
など
学際系 ビジネス入門
社会科学入門
総合商社ビジネス論
現代社会科学論
東アジア共同体形成論
など
統計・IT系 基礎コンピュータ
数理統計学
など

①-3 外国語専門科目

Ⅲ群
The Japanese Economy
Japanese Business(ABSプログラム)
Strategy,Policy,and Planning
Management Accounting in Japan
The Financial Accounting System in Japan
Advanced Topics in Financial Accounting
Emerging Markets Strategy
Online Media and Communication for Marketing
Financial Markets in Japan
Financial Markets in Asia
International Economic Institutions (A Historical Perspective)
Economic History
Business English
専門英語講読A
専門英語講読B
専門ドイツ語講読
専門フランス語講読
専門スペイン語講読
専門中国語講読
専門朝鮮語講読
など

総合教育科目

商学部の学生が専門知識だけでなく、バランスの取れた学識を身に付けることを目的として設置された科目で、専門教育科目と同様に講義系科目と演習系科目に大別されます。各科目は「思想と芸術」「人間と環境」「社会と歴史」「科学と技術」の4分野に分類されます。

①講義系科目

 I群
思想と芸術 哲学の歴史
比較宗教
倫理思想の歴史A(古代・中世)
倫理思想の歴史B(近世・現代)
現代の哲学
人間と自然
現代倫理学の諸問題
生きがいの探求
民族と宗教
など
人間と環境 文化人類学A
文化人類学B
青年の心理学
地理学A
地理学B
都市論A
都市論B
音楽と社会A
音楽と社会B
など
社会と歴史 社会学の視点
現代の社会構造
憲法A
法と人権A
法の基本的枠組みA
政治システム論A
日本史Ⅰ
日本史Ⅱ
西洋史
東洋史
日本の文化と社会
自己と社会A
国際社会と法A
国際関係論A
政治行動論A
現代社会とマスコミA
イスラーム社会の歴史と文化
現代史A(日本)
など
科学と技術 解析入門
化学探究A
生命科学A
生物学概説A
生物学概説B
自然と人間A(生物学)
生物と環境
自然科学史A
経済数学
科学・技術の発達史A
環境問題と生態系
情報の数理
現代の諸問題(脳疾患からの生還)
など

②演習系科目(プロゼミ)

各種テーマに基づいた学生の自主的な研究と討論により行われるゼミ形式の科目「総合教育科目演習」が設置されています。総合教育科目演習も総合教育科目系列に含まれます。

Ⅰ群
現代文明研究A/B
現代と宗教A/B
経済のための数学A/B
数学研究A/B
実用英語演習A/B
プレゼンテーションの技法A/B
インターネット研究A/B
口語英語演習A/B
Introduction to the Culture and History of Ireland A/B
Global Issues: Conflicts and Solutions(現代世界の問題点を探る)A/B
グローバルコミュニケーション・スキルズA/B
<異文化>について考えるA/B
ドイツ研究A/B
ネットに見る現代ドイツA/B
文化史論A/B
フランス映画研究A/B
中国社会の探求A/B
日中文化比較A/B
中国社会とビジネスA/B

外国語科目

商学部の学生がグローバル化する社会に対応できる能力を高め、異文化への理解を深めることを目的に設置された科目で、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、朝鮮語の6つの外国語から2つを選択履修します。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/soc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる