School of Commerce早稲田大学 商学部

Study Abroad

留学

Certify

単位認定

単位認定について

単位認定とは

留学中に修得した単位を商学部の卒業必要単位に算入すること。

対象となる留学

留学期間が半期以上の留学(夏季・春季休暇中の短期留学は含まない)

  • 早稲田大学留学センターの留学プログラム
  • 商学部の箇所間協定に基づく留学プログラム
  • 私費留学(海外の語学学校、コミュニティ・カレッジに在籍する留学を除く)

単位認定までの流れ

留学先機関で単位を修得、シラバス・教科書などの資料を保管(留学中)
成績証明書を取得(留学中または帰国後)
認定希望科目を申請(所定用紙にて)(9月復学は6~7月、3月復学は1~2月)
仮判定
単位認定結果発表(成績照会画面)(9月復学は9月末、3月復学は3月末)

対象となる科目

留学先機関の発行する成績証明書に記載かつ評価が付されている科目
(大学附属の語学学校で修得した科目も、大学の成績として証明されれば対象とする)
※なお、修得済みの科目と同じ内容である場合、単位を認定しないことがある。

認定方法

各申請科目の授業内容やレベルを商学部のカリキュラムに照らして、適切な科目部門に算入する。

科目名

留学先機関の科目名とする。

単位数

授業時間数 2340分以上=4単位、1170分以上2340分未満=2単位として算出し、1170分未満は認定しない。また1科目4単位が上限で、奇数単位での認定なし。
※シラバス、成績証明書、アカデミックカレンダーを書面にて証明できない授業時間数はこの算出対象に含めない。

成績評価

各留学先での成績を商学部での成績に置き換え、A+、A、B、Cにて評価する。
(F評価の科目は認定しません)

認定単位数の上限

すべての単位認定(英語統一試験高得点取得、入学前修得単位、留学)を合わせて、在学中に60単位を超えないこと。また、1 年間の留学で修得した 単位の認定が 40 単位を超えないこと。半期の留学であれば20単位を超えないこと。

単位認定手続き

必要な手続き

  • 期限内の単位認定希望の申し出と認定希望科目詳細の申請(所定用紙にて)
  • 指定日時の学部教員との面接への参加

海外留学期間中に修得した単位の認定についてをよく確認の上、申請してください。

必要な書類

  • 単位認定希望届兼帰国届 (2013年度以前入学者用2014年度~2016年度入学者用2017年度以降入学者用
  • 授業時間、授業回数や期間を示す資料(時間割表、授業カレンダーなど)
  • 授業内容が分かる資料(教科書・シラバス・ノートなど)
  • 留学先機関の発行する英文成績証明書(申請時に成績証明書が手元にない場合には、ネット上の成績照会画面を印刷したものでも構いません)
  • 留学先大学の成績評価基準を示す資料(段階評価の内訳などが記載されたもの。成績証明書、学部要項など)
  • アカデミックカレンダー(授業実施期間の記載があるもの)

単位認定料

交換留学、DD、CS留学者は納入義務なし
私費留学者のうち留学期間の在学年数への算入を希望する者:当該年度科目等履修生聴講料1単位相当額
※具体的な金額等については、商学部事務所またはROUTEでご確認ください。

その他

その他

  • 本制度およびルールは、今後変更となる場合がある。
  • 単位認定について気になることは、留学前または留学中のなるべく早い段階で事務所に相談すること。

問い合わせ先

商学部事務所 留学・単位認定担当 E-mail:ryugaku16@list.waseda.jp

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/soc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる