School of Commerce早稲田大学 商学部

Study Abroad

留学

Programs

留学プログラム

各留学プログラムの特徴を掲載しています。

最新の募集案内については「留学手続」のページをご参照ください。

交換留学プログラム

 

交換留学(大学間協定)

特徴

  • 大学間の交換協定に基づき留学する制度です。(詳細は留学センターにお問い合わせください。)
  • 留学期間は原則として通年(1年間)ですが、半期のものもあります。
  • 現地の学生と共に通常科目を履修するプログラムのため、比較的高い語学力が必要です。
  • 各校の受入人数は、通常1~3名程度です。原則として全学部の学生が出願可能です。
  • 学費は本学に支払い、留学先大学の学費は免除されます。
  • 留学期間を在学期間に算入するためには、留学先で修得した単位の認定が必要です。

 

交換留学(箇所間協定)

特徴

  • 商学部が締結した協定に基づき留学するプログラムです。
  • 留学期間は半期・通年から選択可能ですが、一部半期のみのものもあります。
  • 現地の学生と共に通常科目を履修するプログラムのため、比較的高い語学力が必要です。
    ただし、大学間協定よりも出願期間が遅いため、準備期間を少し長くとることが可能です。
  • 各校の受入人数は、通常1~2名程度です。商学部生のみが応募可能です。
  • 学費は本学に支払い、留学先大学の学費は免除されます。
  • 留学期間を在学期間に算入するためには、留学先で修得した単位の認定が必要です。
国・地域 協定校 備考
韓国 高麗大学校ビジネススクール
梨花女子大学校 梨花経営学部
延世大学校 経営管理学部
成均館大学校 経済学部
檀国大学校 商経学部 短期語学留学プログラムあり
香港 香港科技大学 経営学部
中国 浙江大学 管理学院
北京大学 光華管理学院
ノッティンガム大学 中国寧波キャンパス 経営学部
中国・対外経済貿易大学
台湾 国立台湾大学 管理学院 ダブルディグリー
国立政治大学 商学院 ダブルディグリーもあり
イギリス エクセター大学
イタリア ボッコーニ大学
オーストリア ウィーン経済大学
スペイン ナバラ大学 経済経営学部
ドイツ フランクフルト金融経営大学
マンハイム大学ビジネススクール
WHUオットー・バイスハイム経営大学
フランクフルト大学(ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学)経済経営学部
フランス ESSECビジネススクール
EDCパリビジネススクール
トゥールーズビジネススクール
トゥールーズ第3ポール・サバティエ大学 経営学部
EDHECビジネススクール
NEOMAビジネススクール
ベルギー ルーヴェンカトリック大学 経済経営学部
フィンランド ハンケン経済大学
ロシア モスクワ大学ビジネススクール
カナダ トロント大学ロットマン商学部
ブリティッシュ・コロンビア大学サウダースクールオブビジネス
ヴィクトリア大学 商学部
マニトバ大学アスパースクールオブビジネス
アメリカ サウスカロライナ大学ダーラムーア商学部
ジャクソンヴィル大学デーヴィスカレッジオブビジネス
テキサス大学 サンアントニオ校 カレッジオブビジネス

※2021年9月現在
※多くの協定校は、秋出発のみとなります。
春出発を希望される方は、対象となる協定校について、商学部事務所にお問い合わせください。
※各協定校の詳細は、留学手続のページをご参照ください。
※ダブルディグリーを除き、基本的にすべての大学には英語で参加可能です。

 

CS(Customized Study)プログラム

特徴

  • 留学先大学が本学学生のために定めるカリキュラムに参加するプログラムです。
  • 外国語学習を中心とするプログラムと、最初から通常科目を履修できるプログラムがあります。
  • 語学要件や募集人数はプログラムにより大きく異なるため、留学センターのHP等でご確認ください。
  • 本学学費は原則として免除になりますが、留学先に所定のプログラムフィーを支払う必要があります。

ダブルディグリープログラム

特徴

  • 要件を満たした場合、卒業時に、本学の学位と留学大学所定の学位の両方を取得することが可能です。
  • 高度な読解力、聴解力、会話力が必要なため、語学力については特に厳格な審査を実施します。
  • プログラムにより、対象学部・期間が異なりますのでご注意ください。
  • 学費は本学に支払い、留学先大学の学費は免除されますが、別途登録料15万円の支払いが必要です。
  • 詳細は留学センターにお問い合わせください。

※台湾国立政治大学のダブルディグリーは商学部独自プログラムのため、商学部にお問い合わせください

その他プログラム

私費留学

特徴

  • 本学との協定がない大学も含めて、より多くの選択肢から自分にあったものを選ぶことが可能です。
  • 留学先の学費が早大の学費よりも安い場合は、交換留学より少ない費用で済む場合があります。
  • 大学主催のプログラムに比べると、大学側から受けることができるサポートは限られます。
  • 私費留学として認められたもののみが対象です。
    遅くとも出発2か月前までには商学部事務所にお問い合わせください。
  • 要件を満たせば単位認定し、留学期間を在学期間に算入可能です。
    その場合、所定の単位認定料の納入が必要です。
  • 留学期間中の本学授業料は免除され、在籍料および学生健康増進互助会費を納入いただきます。

短期留学

  • 各自のレベルに応じ、短期間で留学できます。
  • 長期の留学に向けて、自分の適性を見極めることができます。

HP

同志社大学交流協定

HP

 

Global Leadership Fellows Program(GLFP)

HP

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/soc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる