Graduate School of Asia-Pacific Studies早稲田大学 大学院アジア太平洋研究科

その他

経済発展の政治経済学研究部会
Political Economy of Development

研究テーマ

経済発展促進的な政策の決定・執行に関する分析

The Analysis on the Decision-Making and Implementation of Public Policies Conducive to Economic Development

代表者

加藤 篤史教授

(1)研究目的

既存研究が経済発展を促進するための適切な政策ツールについて様々な提言を行ってきたにもかかわらず、世界には経済発展促進的な政策をとる政府ととらない政府がある。このような状況を背景として、本研究の目的は、経済発展促進的な政策を政府が決定し執行する政治・経済・社会的な条件は何かを明らかにすることである。本年度は、インド全州の長期間にわたるデータを用いて、州レベルの労働政策に関わる政策決定に影響を与える要因の研究に焦点を当てて研究を進める。

(2)研究の意義

この研究によって経済発展促進的な政策を決定・執行する条件が明らかにされれば、条件の満たされていない国や地域に、実効性のない政策提言や公的な援助を行うことを防ぎ、経済発展を実現するために、より根源的な条件の改善を図るための政策提言を行うことができる。

(3)運営方法

研究部会センター員が、定期的及び日常的に研究に関する議論の場を設け、研究を深めていく。必要に応じて、セミナー等を開催し、学外の専門家の知見を学び、研究に生かしていく。

(4)期待される成果

他の研究資金と合わせることで、本年度は実質的なデータ分析を大量に行い、実証的な研究成果を挙げられる見込みである。

(5)部会メンバー

詳細

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsaps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる