Graduate School of Asia-Pacific Studies早稲田大学 大学院アジア太平洋研究科

News

第57回アジア太平洋研究センター(WIAPS)研究会

開催日時

2018年6月11日(月)12:15-12:50

場所

早稲田大学19号館(西早稲田ビル)7階713会議室

参加資格

WIAPS専任教員・助手, WIAPS受入の交換研究員・訪問学者・外国人研究員, GSAPS修士課程・博士後期課程在学生

報告1

報告者

リー ショーン(早大アジア太平洋研究科講師)

報告テーマ

若者言葉と重力モデル

要旨

本研究会では、現代日本の若者言葉を、国際貿易の分析などで使われる「重力モデル」を用いて分析した結果を報告します。国立国語研究所によって作成された「全国若者語調査」のデータを元に、若者間の流行語の流通パターンが、国家間の商品の流通パターンと類似したメカニズムによって説明出来るかどうかを検証した研究です。これまでの分析結果では、若者言葉の伝播も国際貿易と同じく人口規模と物理的距離の組み合わせによって説明出きる可能性が高いことが示されました。本研究会では、この知見の妥当性をいくつかの観点から検証した結果や、この研究が発表者がこれまで行って来た言語進化の研究の文脈の中でどのような意義を持つのかについて話します。

Dates
  • 0611

    MON
    2018

Place

早稲田大学19号館(西早稲田ビル)7階713会議室

Tags
Posted

Mon, 11 Jun 2018

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsaps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる