Graduate School of Asia-Pacific Studies早稲田大学 大学院アジア太平洋研究科

News

第44回アジア太平洋研究センター(WIAPS)研究会

開催日時

2016年11月14日(月)12:15-12:50

場所

早稲田大学19号館(西早稲田ビル)7階713教室

参加資格

WIAPS専任教員・助手, WIAPS受入の交換研究員・訪問学者・外国人研究員, GSAPS修士課程・博士後期課程在学生

報告1

報告者

倪 彬 (アジア太平洋研究センター助手)

報告テーマ

Minimum wage, export and firm performance: Evidence from Indonesia

要旨

This paper examines the inter-relationship between changes in the provincial minimum wage, firms’ export behavior and their performance in Indonesia using detailed firm-level data of manufacturing enterprises between 2002 and 2014. We find that an increase in the minimum wage is associated with a decrease in a firm’s employment rate, the probability of exporting and overall performance, in terms of productivity and markup. We also use the 2012 minimum wage reform in Indonesia to conduct a difference-in-difference analysis to mitigate the potential endogeneity of this regulation. These findings are generally robust to alternative estimation methods. The results thus suggest that Indonesian exports and comparative advantage in international markets are not negligibly affected by higher labor costs through minimum wage increase.

Dates
  • 1114

    MON
    2016

Place

早稲田大学19号館(西早稲田ビル)7階713教室

Tags
Posted

Mon, 14 Nov 2016

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsaps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる