Graduate School of Asia-Pacific Studies早稲田大学 大学院アジア太平洋研究科

News

第65回アジア太平洋研究センター(WIAPS)研究会

開催日時

2020年1月20日(月)12:15-12:50

場所

早稲田大学19号館(西早稲田ビル)7階713会議室

参加資格

WIAPS専任教員・助教, GSAPS兼担教員, WIAPS受入の交換研究員・訪問学者・外国人研究員, GSAPS修士課程・博士後期課程在学生

報告1

報告者

白 映旻 (早稲田大学アジア太平洋研究センター助教)

報告テーマ

【業績発表会】

GVC参加の決定要因 -クロス カントリー、企業レベル分析-

要旨

1990年代以降の貿易自由化によるGVC(Global Value Chain)の拡大は、グローバリゼーションの進展における最も大きい特徴であり、経済発展にGVCを活用する方策が模索されている。特に、大企業に比べてGVCの参加率が低い中小企業によるGVC参加とGVC参加によるメリットに対する期待が高まっている。しかしながら、企業レベルのデータの入手が困難なため、GVC研究は国・産業レベルで行われ、企業レベルの研究はあまり行われていない。とりわけ、中小企業に関する研究は皆無に等しい。そこで、本研究では、既存のGVC研究に国際貿易の異質的企業モデルを取り込み、World BankのEnterprise Survey データを用いて、中小企業を中心に、企業のGVC参加の決定要因を分析する。さらにその結果に基づき、GVCに関する貿易理論の妥当性を検証するとともに、GVCに関する政府の貿易政策ついて検討する。

 

Dates
  • 0120

    MON
    2020

Place

早稲田大学19号館(西早稲田ビル)7階713会議室

Tags
Posted

Tue, 14 Jan 2020

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsaps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる