Graduate School of Asia-Pacific Studies早稲田大学 大学院アジア太平洋研究科

News

第63回アジア太平洋研究センター(WIAPS)研究会

開催日時

2019年10月14日(月)12:15-12:50

場所

早稲田大学19号館(西早稲田ビル)7階713会議室

参加資格

WIAPS専任教員・助教, GSAPS兼担教員, WIAPS受入の交換研究員・訪問学者・外国人研究員, GSAPS修士課程・博士後期課程在学生

報告1

報告者

李 鍾元 (早稲田大学アジア太平洋研究科教授)

報告テーマ

中国の「一帯一路」構想と朝鮮半島

要旨

2019年6月の習近平主席の平壌訪問を契機に、中朝間の交流・協力が活発化しています。国連制裁の制限がある中で、農業、観光、文化、教育、メディアなど、制裁に抵触する可能性の低い8つの分野を特定して政策的に奨励している様子です。それに加えて、最近は、投資など経済協力のプロジェクトの動きが浮上し、習近平主席が力を入れる「一帯一路」が北朝鮮にまで拡大するかどうかが注目されています。一方で、今年に入って、「一帯一路」への韓国の「参加」問題が論議の的になりました。本報告では、中国の「一帯一路」構想は朝鮮半島情勢にどのような影響を与えるかについて、韓国や北朝鮮の対応を中心に検討したいと思います。

Dates
  • 1014

    MON
    2019

Place

早稲田大学19号館(西早稲田ビル)7階713会議室

Tags
Posted

Sun, 13 Oct 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsaps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる