Institute for Business and Finance早稲田大学 ビジネス・ファイナンス研究センター

Executive Education

エグゼグティブ教育

EMBA Essence

EMBA Essence

概要

EMBA Essenceは日本のビジネス界を牽引するエグゼクティブ向けプログラムです。以下の2つのプログラムに分かれています。

EMBA-J

次世代経営幹部に必要な知見・知識の要点を押さえつつ、最先端の考えを含めて総合的に学び、個別指導を通じて自社の文脈に落とし込みます。

EMBA-G

日本語と英語の両言語で学ぶコースで、経営者に必要な知識のポイントを日本語で押さえつつ、国内外のトップレベルの講師の講義、受講者間でのジョイントディスカッションを通じて異文化環境下での学びを国内に居ながらにし、次世代グローバル・リーダーに必要な知見・知識・考え方を総合的に学びます。

7つの特色

上級幹部候補生が押さえるべき分野を網羅

  • 日本の将来を担う上級幹部候補生が押さえるべき分野、ポイントを凝縮して集中的に学ぶことができるプログラム構成です。

実業界に精通した講師陣

  • アカデミックな研究を基盤に多様な分野のビジネス経験、コンサルティング経験を持つ、早稲田ビジネススクールの講師陣が担当します。

トップ経営者との対話機会

  • 世界で活躍するトップ経営者と少人数で対話できる機会があります。多様な分野のトップ経営者の視点に触れることにより、経営者に求められる資質を見極め、発想力を養います。

多様な講義科目

  • 日本語で学ぶことを主としたEMBA-J(Japanese)コースと英語で学ぶことを主としたEMBA-G(Global)コースの2つのコースを準備しています。両方のコースとも充実した多くの科目を用意しています。また、追加料金をご負担いただくことでコースを跨いだ科目を履修することもできます。

多様な受講生によるディスカッション

  • 分野の異なる多様な企業から派遣された受講生が少人数での密度の濃いグループワークや討議を行います。EMBA-G(Global)コースでは、海外トップビジネススクールの受講者とのジョイントセッションも予定しています。

実践的でタイムリーな講義内容

  • 各セッションには、近年の経済情勢やグローバル競争と言ったタイムリーな内容も豊富に盛り込まれ、実践的かつ即効性のある講義内容となっています。

受講しやすいスケジュール・通い易い日程設定

  • EMBA-J専門科目は、原則として月2回、木曜日19〜22時および土曜日9〜12時に実施します。
  • EMBA-G専門科目は、原則として2ヶ月に1回、平日の9〜18時に実施します。

カリキュラム

共通集中科目

科目名 主な内容
ミッション 企業理念、社会的使命、ガバナンス制度などについて考え、受講生のモチベーション向上を促します。
トップ対話 Ⅰ・Ⅱ 世界で活躍するトップ経営者と少人数で対話します。
グローバル経営 国内外で活躍している現役の経営者が、グローバル企業の経営環境について講義します。
戦略Ⅰ 非連続の変化に対応しつつ、産業とビジネスのイノベーションの起こし方について考えます。
戦略Ⅱ ビジネスモデルや戦略転換の事例を取り上げながら、競争環境や自社の能力を分析し、経営戦略を構想する方法について考えます
アカウンティング・ファイナンス 経営の実態を数量化して考察するアカウンティングとファイナンスの分析視角をケースとレクチャーを交えながら深めます。
人材・組織 人材と組織のマネジメントやディベロップメントについての理解を深めます。
マーケティング 購買行動やデザイン・マネジメントなどについて、最新の研究成果や事例を取り上げながら解説します。
新規事業 新規事業の成功・失敗要因を分析しながらアントレプレナーシップについて議論します。
国際経営 海外進出戦略・多国籍企業のマネジメント等、グローバル経営の要諦について理論や事例分析から学んでいきます。

EMBA-J 専門科目

科目名 主な内容
個別指導 指導教員とスケジュールを調整のうえ、マンツーマンで年6回まで受講することができます。高度な意思決定を求められる上級幹部候補生にとって、課題や悩みについて相談できる社外メンターを持つことは大きな意味があるでしょう。
海外視察 海外の一流大学での講義や先駆的現地企業への訪問を通じ、経営者としての視野を広げていきます。

EMBA-G 専門科目

科目名 主な内容
Japanese Management 日本的経営の特徴と背景と動向を再確認し、今後の展開を考察します。
Global Management グローバル環境の変化をその背景まで見わたし、グローバル化に必要な戦略と組織を考えます。
Liberal Arts グローバルリーダーに必要なリベラルアーツを学ぶきっかけ作りを目的とし、宗教や政治等を多角的に学びます。
Joint Session 海外トップスクールの受講者との共同セッションで、グローバルな他流試合を行います。
Guest Session 海外トップスクールの講師を招いてのセッションです。最新のテーマを扱い、視野を広げます。
自社課題議論 各社の課題を講師・参加者の知見をベースにクラスで議論します。

スケジュール

科目・講師一覧

トップ対話Ⅰ・Ⅱ グローバル経営

その他、産業界を代表するトップ経営者をお呼びする予定です。

ゲストスピーカー

東京大学大学院
経済学研究科 教授
藤本 隆宏

特別講師

早稲田大学
ビジネススクール 教授
内田 和成

共通集中科目・Global科目・個別指導講師一覧

講師 資格 科目名
根来 龍之 教授 戦略Ⅰ
池上 重輔 教授 戦略Ⅰ
Global科目
淺羽 茂 教授 戦略Ⅱ
井上 達彦 教授 戦略Ⅱ
菅野 寛 教授 戦略Ⅱ
西山 茂 教授 アカウンティング・ファイナンス
樋原 伸彦 准教授 アカウンティング・ファイナンス
大滝 令嗣 教授 人材・組織
杉浦 正和 教授 人材・組織
講師 資格 科目名
恩藏 直人 教授 マーケティング
守口 剛 教授 マーケティング
長谷川 博和 教授 新規事業
米田 隆 上級研究員
(研究院教授)
新規事業
Global科目
入山 章栄 准教授 国際経営
平野 正雄 教授 国際経営
海外招聘講師 科目名
海外トップスクールの講師陣 Global科目

参加者の声

EMBA Essence-Jの講義についての感想

初めてのビジネススクールなので比較はできませんが、テンポが良いと思います。毎回科目と先生が変わりまさに凝縮されたエッセンスを効率よく学べるのがとても刺激的で楽しいです。また、どの先生もいわゆる教科書的な話ではなく普段自分が考えていなかった切り口からのお話をして頂けるのが刺激になります。講義のレベルはかなり高いと思います。

メンバー及び教員との親密さについて

皆さま自身の会社で活躍されている方々なのでメンバー同士の会話だけでもかなり勉強になります。しかも、ゲスト講師含め素晴らしい先生方を少人数で囲み、ざっくばらんに会話できるプライベート感あふれる講義はとても濃密で贅沢だと思います。

株式会社NTTデータ
ITサービス・ペイメント事業本部
グローバルペイメント&サービス事業部
グローバルビジネス担当課長
佐藤 勇一郎さん


EMBA Essence-Jの講義についての感想

授業冒頭の長谷川先生による「ミッション」は、企業理念や社会的使命など歴史から学び示唆することで即自分の仕事に役立てることが出来、とても有意義です。言うまでもなく、毎回有名な先生方の貴重な講義の中で、直接ディスカッションさせていただけることやメンバーそれぞれが切り口の違う意見を自由に展開できるといった、とても贅沢なプログラムだと思います。

メンバー及び教員との親密さについて

メンバーそれぞれ会社の重要ポストの方々と言うこともあり、授業以外でも活発な意見交換ができました。

サンデン・リテールシステム株式会社
執行役員
木村 佳樹さん

EMBA Essence-Gの講義についての感想

経営戦略、国際経営と言ったビジネス科目的な内容のみでなく、リベラルアーツ的な内容もあり、非常に視野が広がる内容でした。宗教に関して英語で議論をするのは難易度が高かったのですが、海外でもこうした内容を語るためのベースはできたような気がします。自社課題に関して講師の先生と何度もやり取りをする中で、自分達の思考の癖にも気がつきました。

メンバー及び教員との親密さについて

多様で多彩なメンバーとのネットワークができました。割と早いタイミングで打ち解けてオープンに話ができたと思います。

三菱地所株式会社
関西支店次長 兼 グランフロント大坂室 担当室長
一般社団法人グランフロント大坂TMO
プロモーション部長
濱 佳代子さん


EMBA Essence-Gの講義についての感想

多忙な業務の中で、日本にいながらこうしたグローバルな環境に触れて経営課題を議論できる場はなかなかないのではないかと思います。現場からの経験値に戦略等の理論が加わり視野が広がったように感じます。自社は産業素材メーカーですが、IT、不動産、消費財業界の参加者の事例などをベースに意見交換する中で、自社とは異なる事業のダイナミクスから学ぶことも多いです。考えるプロセスには、会社と自分の癖があるという気づきや、それを外して違った視点・新しい視点で考えるという貴重な機会を持つことができたように思います。

メンバー及び教員との親密さについて

時間のやりくりが難しく、なかなか頻繁にみなさんとのネットワーキングをする機会が作れないのですが、ノン・ジャパニーズとのセッションでは視点の違う意見に触れられ、懇親の場でその背景の理解が深まることもありました。

日本精工株式会社
自動車事業本部 管理部長
杉山 玄さん

募集要項2019年度

対象 上級幹部候補生(現職が部長職・上級課長職相当の方)
親族等が企業を経営し、将来的にその企業を承継する予定の方
出願資格 以下、1、2の両方の条件を満たす方

  1. 原則として4年制大学を卒業し、10年以上の実務経験があること
  2. 所属する企業・団体等の推薦があること
修了証 全体の70%の科目に合格した方には、早稲田大学総長名の「EMBA Essenceプログラム」修了証が発行されます
定員 30名程度 ※EMBA-J・EMBA-G 合計
受講期間 2019年9月下旬から1年間
会場 早稲田大学 早稲田キャンパス26号館 他
受講料 1名/230万円(消費税別)
但し同一企業から複数参加の場合は割引を実施
2人目/200万円、3人目以降/180万円
海外研修時の渡航費、宿泊費は含まれない
審査 書類審査(必要に応じて面接を行う場合があります)
個別指導教員 個別指導教員は、合格発表から受講開始までに第1〜第3希望を申請していただきます。個別指導教員1人につき、原則として受講者3名以内となるよう振り分けます。
そのため、必ずしもご希望通りにならない場合もありますのでご了承ください。
申込期間 2019年7月17日(水)まで随時申し込みを受け付けていますが、選考時期は2回に分かれています。
<締切:1)4月17日(水)、2)7月17日(水)>
1回目の締切で定員に達した場合、申込期間内であっても募集を打ち切る可能性があります。
申込方法 (1)EMBA Essence参加申込書および
(2)最終学歴の卒業証明書(または修了証明書)を簡易書留など配達記録が残る方法にてEMBA Essence事務局までご郵送ください。
※申し込み後にキャンセルされる場合、開講式の20日前から所定の手数料が発生します。

  • 20日〜8日前まで:受講料の20%
  • 7日〜2日前まで:受講料の30%
  • 前日:受講料の40%
  • 開講式当日以降:受講料の全額
お問合せ先 EMBA Essence事務局
(株)早稲田大学アカデミックソリューション
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-12
大隈スクエアビル2階
TEL:03-5285-0265
FAX:03-5286-8863
E-mail:emba-es@list.waseda.jp

 

申込書(2019年度)

本プログラムの参加申込書は、以下よりダウンロードしてご利用ください。

パンフレット

本プログラムのパンフレットは、以下よりご参照ください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/wbf/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる