WASEDA Business School (Graduate School of Business and Finance)早稲田大学 大学院経営管理研究科

教員

伊藤 友則 ビジネス・ファイナンス研究センター 研究院教授(ITO, Tomonori)

専門分野

コーポレートファイナンス、応用ファイナンス

略歴

東京大学経済学部卒業、ハーバード大学経営大学院修士(MBA)。
東京銀行を経て、1995年にUBS銀行入社、1998年から2010年までUBS証券会社投資銀行本部長を務める。数々の民営化案件、IPO、株式の公募増資、大型M&A案件を自ら手掛ける。日本の投資銀行業界において、草分け的インベストメントバンカーとして知られる。
2011年に一橋大学大学院国際戦略研究科特任教授、2012年に同教授。2017年に同大学院EMBAプログラムを創設しプログラム・ディレクターに就任。2021年9月より早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター研究院教授。

主な研究業績・著書

<論文>

「日本企業のクロスボーダーM&A ―日本たばこ産業の事例に見る10の成功要因―」(2012)『一橋ビジネスレビュー』

「クロスボーダーM&Aと経営」(2013) 『一橋ビジネスレビュー』

「最適資本構成は「最適」か」(2014) 『一橋ビジネスレビュー』

<教材>

日本たばこ産業株式会社:巨大国内企業のグローバル化(A)(B)

オリックス:金融危機との戦い(A)(B)

富士フイルムとコダック:デジタル革命生き残り戦略(A)(B)

講義科目

応用コーポレートファイナンス

Applied Corporate Finance

主な対外活動

株式会社あおぞら銀行社外取締役

J-POWER(電源開発株式会社)社外取締役

50音順一覧に戻る
専門分野別一覧に戻る

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/wbs/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる