早稲田大学の新たなシンボルが誕生

特集 早稲田アリーナが描く 早稲田スポーツの夢

2018年12月、多目的施設 37号館 「早稲田アリーナ」が完成しました。早稲田スポーツの発展はもちろん、「Waseda Vision 150」で掲げる「世界に貢献する高い志を持った学生」の育成にも寄与する施設として、大きな期待が寄せられています。

早稲田大学の新たなシンボルが誕生

早稲田大学総長 田中 愛治

本学創立75周年を記念して1957年に竣工以来、長い間親しまれ、また東京オリンピックのフェンシングの公式会場としても利用された記念会堂が、2018年12月に早稲田アリーナとして生まれ変わりました。
早稲田アリーナはバドミントン部やバスケットボール部等の体育各部の練習、学生の正課や課外活動での利用はもちろん、学生が主体的な学びを実践する「ラーニングコモンズ」を設置し、たくましい知性としなやかな感性をもつグローバルリーダーを育成する拠点として活用していきます。また、早稲田アリーナ建設期間中は、学部ごとに入学式、卒業式を行っていましたが、この3月から、再び全体卒業式、入学式を実施できることになり、父母・関係者の皆様を早稲田アリーナでお迎えできることになりました。そして、3月下旬には早稲田スポーツの過去、現在、未来を共有いただける貴重な資料を展示し、広く情報発信する「早稲田スポーツミュージアム」を開設いたします。
早稲田アリーナが21世紀の早稲田大学の新たなシンボルとなり、世界に羽ばたく学生を輩出し、本学にかかわる多くの方々の交流の機会を創出する新たな拠点となることを切に願います。

 

  Column

記念会堂の歴史をつなぐ早稲田アリーナ

前身となる記念会堂は、1964年の東京オリンピックでフェンシングの競技会場となった他、卒業式・入学式・早稲田祭等の会場としても利用され、学生のみならず早稲田大学関係者にとって記憶に残るシンボル性の高い施設でした。その歴史を受け継ぐ「早稲田アリーナ」で、再び、学生たちの思い出が育まれ、スポーツの伝説が生まれていくことでしょう

 

歴史・人・地域・地球環境を繋ぐランドスケープ・アーキテクチャー

建築家 水越 英一郎さん
Profile
  • 1970年 千葉県生まれ
  • 1989年 早稲田大学本庄高等学院卒業(5期生)
  • 1993年 早稲田大学理工学部建築学科卒業
  • 1995年 同大学院理工学研究科建設工学専攻修士課程修了
  • 1995年 山下設計 入社
  • 現在 山下設計 プリンシパルアーキテクト
主な作品

2004年竣工の93号館 早稲田リサーチパーク・コミュニケーションセンターを皮切りに、2009年 11号館、2011年 40号館などの設計を手掛けた。


早稲田アリーナの位置する戸山キャンパスは、1962年村野藤吾先生の設計による校舎群が完成することで、現在の骨格がつくられました。周囲には今も歴史の痕跡が残されており、敷地は東京西部の緑が色濃く残る地域と都心を繋ぐ中継点に位置しています。
設計に際しては、次世代のキャンパスがどのような役割を果たし、シンボルとしての建築がどうあるべきか考えました。この十数年でIoTやSNS技術は飛躍的に発展し、人と人、人とモノ・コトの関係は大きく変化しました。これにより、次世代のキャンパスにはこれまで以上に時間と場所を共有する、地域・社会に開かれた交流や新たな活動拠点としての役割が期待されると言え、歴史・人・地域・地球環境を繋ぎ合わせるランドスケープ・アーキテクチャーを実現することが早稲田大学の次世代のシンボルにふさわしいと考えました。
建物は大半を地下に埋設し、地上には「戸山の丘」と名付けた生物多様性に富み、新たな交流・活動を喚起する、人々の生活に寄り添った自然環境を構築しました。また、地下と地上を有機的に繋ぎ、地下のアリーナでも自然光や緑が感じられる良質な室内環境を生み出しています。エネルギー面では地中熱を利用した空調システムや太陽光発電等により、ゼロエネルギーアリーナを実現するとともに、建物全体としても早稲田大学として初めてのZEB Ready(省エネルギー法に定められた一次消費エネルギー量の50%以下のエネルギーで運用可能な施設)を達成しています。
この施設が多くの方々に親しまれ、新たな交流の場となり、未来に繋がっていく場所となることを願っています。

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる