Waseda Vision 150創立150周年に向けて

早稲田大学創立150周年(2032年)に向けた中長期計画「Waseda Vision 150」。早稲田大学は教育・研究の質を飛躍的に向上させ、「アジアのリーディングユニバーシティ」として、世界へ貢献する大学であり続けます。

Vision 1 世界に貢献する高い志を持った学生

グローバルリーダーとして世界に貢献する高い志を持った学生を育成するためには、常に「教育内容・方法」を改善しながら、柔軟な教育制度を構築することが必要となります。また、従来型の入試制度を抜本的に改革することで、多様な価値観や能力を持った学生の入学が可能となります。

Vision 2 世界の平和と人類の幸福の実現に貢献する研究

大学の研究が環境・貧困・災害・紛争といった地球規模の課題解決に貢献するためには、組織的な戦略に基づいた研究の推進および国内外の研究機関との連携を強化する必要があります。そのために、新たな研究支援体制を構築するとともに、研究活動を広く世界へ発信し、その成果を社会に還元する「国際研究大学」の実現を目指します。

Vision 3 グローバルリーダーとして社会を支える卒業生

20年後、70万人に達する卒業生にとって、早稲田はいつでも帰れる場所、学べる場所として頼られる大学でありたいと考えています。大学から社会、社会から大学という連環の中で先人の叡智を学生に伝えるため、卒業生との連携をさらに深め、世界あるいは地域で活躍している卒業生の教育参画を推進します。

Vision 4 アジアの大学のモデルとなる進化する大学

早稲田大学は、単に社会の要請に応えるだけではなく、日本やアジアの大学のモデルとして、時代を先取りし行くべき方向へ社会を先導していくことが重要な使命であると考えています。そのためには、大学自身が常に自律的に改編し進化し続けなければなりません。

Waseda Vision 150 特設サイト

ニュース

早稲田大学についてAbout Waseda

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる