大学との連携について

早稲田大学はこれまでの研究・教育の成果を技術革新、産業振興、地域振興、人材育成、国際協力、文化交流など幅広い形で社会に還元することを目的に、多くの地方自治体等との連携や企業との共同研究・受託研究・寄附講座設置等との連携を進めてまいりました。

大学に対する社会からの要請や期待は、さまざまなシーンにおける国際化の促進や、今まで想像もしなかったビジネスモデルの多様化などをきっかけに近年、とみに変化し、また高まっています。

これまで以上に企業、自治体等、一般の方、校友、寄付者を含めたあらゆるステークホルダーとの関係を強化することが必要不可欠と考え、大学と社会の真の意味での協働(=相方向の連携)を推進するために総長室内に社会連携に関する総合窓口「社会連携課」を設置いたしました。本学と新たに連携をお考えの皆様におかれましては、「社会連携課」にお気軽にお問い合わせください。

社会連携課は本学の総合窓口であるとともに連携をお考えの皆様とともにアイデアや課題を共有し、学内各部門と調整を図り、学内資源を有効に活用しながら、イノベーションを創造してまいります。

お問い合わせ先

総長室社会連携課 E-mail:external@list.waseda.jp  電話:03-3204-4604

このような問い合わせがあります

  • ●●の分野で最新の研究をしている教員に講演を依頼したい
  • ●●の分野について、共同研究をしたい。
  • 企業が企業の特色を活かした科目を設置し、講義を提供したい
  • 企業から講演を提供したい
  • 本学教員の研究(シーズ)と企業の技術を結び付け、商品開発につなげたい
  • 企業の若手研修プログラムへの本学学生に参画してもらいたい
  • 本学の施設を活用し、本学学生と連携してのイベントを実施したい
  • 大学生向け情報発信団体への協力依頼
  • シンポジウム・セミナーの大学内周知、学生の参加依頼
  • 図書館の資料を撮影で使用したい
  • 海外日本語学校からの留学生受け入れについて教えてほしい
  • 海外からの受験方法について教えてほしい
  • 大学を支援したい
  • 建物、物品を寄贈したい
  • 自社のVR製品を早稲田大学で活用できないか検討してほしい
  • 県からの産学連携依頼

連携事例

地域連携 事例

  • 佐賀県との連携。歴史的なゆかりの深い佐賀県と協同し、各種プロジェクトを実施、新たな価値を創造している。
  • 奈良県との連携。様々な県政課題を解決するために、早稲田大学の知的資源を活用した取り組みを進めている。
  • 高知県宿毛市と「頂新夢プランフィールドトリップ」を実施する受け入れ先として連携協定を締結。本学に留学中の中華人民共和国主要5大学(北京大学、清華大学、復旦大学、上海交通大学、浙江大学)の学生が、高知県宿毛市において、フィールドトリップを行う。
  • 北九州地域での連携事業。本学の地方創生に資する新たな取り組みを行う。
  • 一般社団法人草津温泉観光協会と教育活動、研究活動、文化的交流などの連携協定を締結。次世代の草津のリーダー育成の為に大学の有する人材、技術の育成と振興の支援などを行う。
  • 埼玉県所沢市、日本光電工業株式会社会社と本学の三者で支援協力体制を構築。「健幸長寿のマチを目指す」というスローガンを目指す。
  • 広島経済大学興動館と平山郁夫記念ボランティアセンターとで協定締結。連携をさらに強化し互いの教育目標への効果的なプロジェクトの開発を目指す。
  • 福島県との交流事業の一環で、グリークラブを派遣し、コンサート等を行うために協定を締結。学生文化の発信を通して、文化振興の交流並びに早稲田文化を市民に広げていく。
  • 本庄市と連携協定を締結し、地域社会の発展や地域経済の振興を積極的に推進し、本学と本庄市との相互連携により、豊かな地域社会を創造することを目指す。
  • 香川県小豆島町より、空き家活用モデル事業を受諾。集落の空き家の改修を通して、まちづくりを行っている地区の実地調査を行う。
  • 島根県雲南市より中山間地域での地域と大学生等による交流ゾーン形成事業を受諾。広域な遊休施設の有効活用など、地域社会の生活環境モデルの構築を目的として活動を行う。

産学連携 事例

  • 株式会社アシックスとの基本協定に基づく各種連携事業
  • 実践型産学連携教育プログラム「プロフェッショナルズ・ワークショップ」株式会社ANA総合研究所、株式会社そごう・西武など。
  • 株式会社カインズと基本合意書を締結し、体験実習を行う。
  • 早稲田大学とJAXA、関西大学の三者で教育、研究、産学連携の協力に関する協定を締結。
  • インターンシップ実習
  • 大和日英基金と連携。来日する奨学生を研究生として受入れている。

寄付に関するお問い合わせ

教育

教育連携課

早稲田大学 教育連携課は、教育・研究開発・文化継承・地域の活性化など、豊かな知的社会の実現のために、社会と大学のリソースをつなぎます。

寄附講座について

早稲田大学では、企業等からの寄附により運営する寄附講座を設置しています。これまでにも数多くの企業・団体・個人等からの寄附により講座が設置されました。

平山郁夫記念ボランティアセンター (WAVOC)

WAVOCでは、より多くの学生が国内外の社会貢献活動において貢献できる人材となるよう支援していきます。

プロフェッショナルズワークショップ

早稲田大学による実践型産学連携プロジェクト。企業が実際に抱える問題について、プロフェッショナルズ(企業人)と早稲田大学の学生が共同で問題解決に取り組み、解決策を提案します。表面的な就業体験のみに留まらない新しい形の実践型産学連携ワークショップです。

研究・産学連携

体制・手続

「学外機関との提携」や「外部資金の受入れ」などの産学連携の形態については、早稲田大学では「学外機関等との学術研究提携等の範囲と定義」で分類されます。連携の形態にごとの、学内での承認手続きや受入方法をご案内いたします。

特許情報・ライセンス情報

早稲田大学が保有する技術シーズの一覧がご覧いただけます。

産学官研究推進センター

産学官研究推進センター(承認TLO)では、国内外における産学連携を推進していきます。早稲田大学の知的財産を社会へ還元し、産学官の連携活動を通じたイノベーションの創出に一役を担っていきます。

産学連携室(理工学総合研究所)

早稲田大学は大学のミッションの1つである社会貢献として産学連携に積極的に取り組んでいます。学内では研究推進部、産学官研究推進センター(承認TLO)が主な窓口となって対応しています。

取材のご依頼

こちらでは、マスコミ・メディア関係者の方に、取材のお申込み方法や早稲田大学の基本情報、ニュース・各種データへのリンクをご案内しています。

報告書

早稲田大学がこれまでに行ってきた、様々な事業についての計画書、報告書がご覧頂けます。

早稲田大学学生部では、毎年大規模な「学生生活調査」を実施して学生生活の実態と傾向を把握し、その結果を学生生活支援の施策を検討する際の基礎資料として活用しています。早稲田大学の学生の実情はどうなのか。大変興味深い内容が報告書に満載されています。

採用・インターンシップ

キャリアセンター

早稲田大学キャリアセンターは、学生が充実した教育・研究を行う期間をなるべく長く確保し、落ち着いた学生生活や課外活動を過ごす環境を整えるという趣旨のもと、活動をしています。

求人

早稲田大学ではインターネットを活用した求人システムを通じて、求人票の受付を行っております。

インターンシップ

企業・団体の皆様からいただいたインターンシップ募集情報についても学生へ紹介しております。

大学情報誌

早稲田ウィークリー

「早稲田ウィークリー」は、早稲田大学学生部が発行する学生向け週刊広報紙です。

キャンパスナウ

『Campus Now』は早稲田大学広報課が5月・8月・11月・2月の年4回発行している早稲田大学広報誌です。

WASEDA ONLINE

「WASEDA ONLINE」は、早稲田大学が展開する教育研究、文化的成果、大学改革への取り組みなどをタイムリーに伝えるWEBサイトです。WASEDA ONLINE は読売新聞「Yomiuri Online(YOL)」と共に運営しております。

早稲田学報

早稲田大学校友会が発行する、会員数は59万を超えるコミュニケーション誌「早稲田学報」。学窓を巣立った著名人や校友の論客による寄稿、多士済々のインタビューなどもお楽しみいただける冊子です。

教育と学修内容の公開

Waseda Course Channel

早稲田大学開講科目の講義内容を紹介する動画やオンデマンド授業、講義資料を公開しています。

生涯学習

早稲田大学エクステンションセンターは“Extension”(=拡張、開放)の意味するとおり、早稲田大学の研究・教育機能を広く社会に開放するための機関です。

早稲田大学は、創立当初より校外生を対象にした「早稲田講義録」の刊行、各地での「巡回講話」の開催等を通じ、生涯学習の推進に取り組み、今後もさらなる充実に努めて参ります。

早稲田大学とのお取引について

早稲田大学財務部経理課では、お取引先様にご確認いただきたい取引上の注意点や各種手続きフォーマットをご案内しています。
また、取引に関わるお問い合わせや支払明細のご案内も承っています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる