CAMPUS AsiaCAMPUS Asia:多層的紛争解決・社会変革のためのグローバルリーダー共同育成プログラム

CAMPUS Asia 「始動」


CAMPUS Asia とは、紛争解決と社会変革に情熱とスキルをもつ次世代アジアのリーダーを、日中韓のリーディングスクールである早稲田大学と北京大学と高麗大学校が協力して育成しようという画期的なプログラムです。

東アジアと世界の望ましい未来のために何かできないかと考えているあなた、でもいったい何から始めればよいのかとまどっているあなた。CAMPUS Asia は、そんなあなたのためのプログラムです。アジアの友人たちとの新しい学びの場を、一緒に作ってみませんか。

CAMPUS Asia とは

CAMPUS Asia とは、文科省補助金事業の「大学の世界展開力強化事業」の一つの形態です (CAMPUS Asia: Collective Action for Mobility Program of University Students in Asia) 。早稲田大学は、高麗大学校、北京大学とチームを組んで、「多層的紛争解決・社会変革のためのグローバルリーダー共同育成プログラム」を立案し、2016年に CAMPUS Asia プログラムに採用されました。

CAMPUS Asia の学生交流には、三つのレベルがあり、皆さんの関心と必要に合わせて選択できるようになっています。

  1. ダブルディグリープログラム:北京大学もしくは高麗大学校との協定に基づき指定されたカリキュラムに沿って履修し(原則としてそれぞれ一年、一年半の留学が必要)、その間 CAMPUS Asia の所定の科目を履修し、かつサマーもしくはウィンタープログラムを修了したもの。
  2. 副専攻プログラム:北京大学と高麗大学校にそれぞれ一セメスター以上留学し、かつ CAMPUS Asia の所定の科目を履修し、かつサマーもしくはウィンタープログラムを修了したもの。
  3. インテンシブプログラム:北京大学もしくは高麗大学校に一セメスター以上留学し、かつ CAMPUS Asia の所定の科目を履修し、かつサマーもしくはウィンタープログラムを修了したもの。

いずれもプログラムの修了者には、三大学合同の CAMPUS Asia 修了証が授与されます。

カリキュラム

CAMPUS Asia は、英語によるプログラムです。履修に当たっては、十分な英語力が必要です。まずは入門のセミナーとして、

を履修して下さい。

さらに詳しく学びたいかたは、以下の中級クラスを履修して下さい。中級クラスは、入門セミナーを履修した学生を対象としますが、同時に履修することも可能です。

興味はあるけれど、いまひとつ英語に自信が持てないあなた。以下は CAMPUS Asia の導入的な科目で、日本語で履修することが可能です。こちらもぜひ履修をしてください。著名なゲストスピーカーを多くお招きし、講演いただく予定です。このクラスを受講しながらモチベーションを高め、ぜひ英語の授業にチャレンジして下さい。

不明な点はお問い合わせ下さい。皆さんの積極的な参加をお待ちしています。

Twitter

関連リンク

早稲田大学についてAbout Waseda

About Waseda 大学紹介

大学紹介

早稲田大学の概要や歴史をご紹介します。

Special Activities 大学の取り組み

大学の取り組み

建学理念に基づき、大学内外において、さまざまな事業に取り組ん...

Public Information 情報公開

情報公開

教育や研究にかかわる主要なデータをまとめて公開しています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる