Notice大切なお知らせ

Stance of Complianceコンプライアンスへの取り組み(学術研究倫理・ハラスメント防止・公益通報者保護・不正行為防止等)

コンプライアンスへの取り組み

「コンプライアンス」とは、組織ガバナンスの基本原理のひとつであり、わが国では近年、主に企業経営のあり方として広く認知されてきました。そして、その流れは企業以外の組織および社会全般でも意識されてきており、学校法人としても取り組むべき重要な課題のひとつとなっています。「コンプライアンス」はよく「法令順守」と訳されますが、守るべきは法令のみならず、組織内のルール・規範はもとより、倫理・道徳や社会規範などを含む広い概念として使われることが一般的です。

本学では、執行部門自身による日常的モニタリングはもとより、執行管理部門による執行管理や監査部門による内部監査等の内部統制システムを構築するほか、学術研究倫理ハラスメント防止情報セキュリティ・個人情報保護キャンパスの安全管理公益通報者保護等々について規約等を整備してそれぞれの専門委員会を置くなど、コンプライアンス違反を未然に防ぐための対策や啓発活動、事案対応等を行ってまいりました。

また2014年には、これらの仕組みを全学で一体的に構築するため、総長を最高責任者とするリスク管理およびコンプライアンス推進の体制を整え、さらに2020年12月、同体制のさらなる効果的運営、およびより適正かつ迅速な事案対応のため、「コンプライアンス推進室」を設置し、コンプライアンスに関わる相談・報告・通報の受付窓口を一本化するなど、本学に期待される社会的責任に応えるべく不断の取り組みを続けています。

コンプライアンスに関する相談について
(担当:コンプライアンス推進室)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる