石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞の推薦・応募については、リーフレットおよびこちらのページをご参照下さい。

リーフレット(2019年度)

応募・推薦の概要2019年度

対象作品

原則として2018年4月1日(日)から2019年6月7日(金)までに、不特定多数を対象としたメディアに公表された作品を対象とします。作品の形式は問いません。

応募・推薦

どなたでも応募・推薦できます。

受付期間

2019年5月7日(火)~ 2019年6月11日(火) ※必着

受付方法

受付期間内に、提出書類を本賞事務局まで郵送または持参してください。尚、FAX、電子メールでのご応募はご遠慮ください。

提出書類

応募・推薦作品ごとに次の書類・資料をご提出ください。

1.  本賞所定の「応募・推薦用紙」(必須事項を記入):1部

  • 「応募・推薦用紙」の候補者氏名欄に代表者1名をご記入ください。グループによる作品の場合は、氏名欄に代表者の氏名を、グループ名欄に取材班名をご記入ください。
  • 用紙の郵送をご希望の場合は、事務局までご連絡ください。
  • 「応募・推薦用紙」 をコピーして使用する場合は、A4サイズを規格としてください。用紙はダウンロードしていただくことも可能です。
応募・推薦用紙

2. 作品現物(自薦の場合は原則として添付してください): 2部

  • ディスクはPC上でも閲覧可能な形式でご送付ください。
  • 新聞等は原則としてA3、B4、A4サイズのいずれかとします。
  • Web作品は次の3点をご送付ください。①対象となる作品の該当URL、②作品をPDF化して保存したディスク、③作品をA4用紙に出力したもの

※作品以外の参考資料を添付する場合は、作品のほか3点以内とし、2部ずつご送付ください。
※対象作品の言語は基準として日本語とします。
※一度提出された書類や作品などの返却には応じかねます。
※提出書類の情報については本賞の選考のみに利用します。

よくあるご質問もご参照ください。

選考方法

別記の選考委員からなる「石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞」選考委員会により、本賞の趣旨に照らして、中立公平な立場から厳正な審査を行います。

結果発表

2019年11月中旬に、授賞作品決定後に受賞者へご連絡するとともに、選考結果を新聞・通信・テレビ各社へプレスリリースし、本学Webサイトにて発表します。なお、これに先立ち2019年9月中旬に、当該候補者に許可を得たうえで、最終候補作品と候補者を公表します。

顕彰

2019年12月上旬に、贈呈式・レセプションを行います。

その他

選考結果および贈呈式については、本学の発行する下記3誌・本学Webサイト等に受賞者のお写真とともに掲載し、顕彰いたします。なお、贈呈式の様子を広報用として写真・映像で記録させていただきます。

  • 「CAMPUS NOW」(教職員および学生・生徒保証人等対象 約5万部発行)
  • 「早稲田学報」(校友対象 約11万部発行)
  • 「西北の風」(校友対象 約43万部発行)

贈呈式当日は、外部の報道機関の取材が入る場合があります。

最終的な授賞部門は審査の過程で決定いたします。

選考委員2019年度

よくある質問

特に制限はありません。新聞、放送、雑誌などのメディアを通じて公表されたものを対象としています。書籍、写真、映画、ラジオ、ウェブサイト、メールマガジン、ブログなども対象となります。

部門については、応募の時点では、その作品が最も重視していると考える部門を一つ選択のうえ、ご応募・ご推薦ください。

最終的な授賞部門は審査の過程で決定します。

主な公表期間が対象期間内であれば、対象となります。

自薦の場合は必須です。

他薦の場合は推薦用紙に作品名、発表媒体、発表年月日等を明記いただければ応募できます。

書籍、雑誌の場合は現物をそのままご提出ください。

新聞の場合は、記事を複写したものでも構いません。

写真の場合はプリントのみでなく掲載されたメディアそのもの、
映画・テレビ番組はDVD等に複製したもの、
ラジオ放送はCD等に録音したものをご提出ください。

ウェブサイト、ブログの場合は次の3点をご送付ください。①対象となる作品の該当URL、②作品をPDF化し保存したディスク、③作品をA4用紙に出力したもの
提出された作品を、審査対象範囲と判断し審査を進めます。

ご提出いただいたものは、原則として返却いたしません。

毎年、約100~150件のご応募・ご推薦をいただいています。

原則として個人のジャーナリズム活動を評価するものですが、個人のジャーナリズム活動の集合であるグループによる活動も評価対象です。

したがって、応募者はグループでも構いません。その場合、賞の贈呈はグループの代表者になります。

授賞作品に、ジャーナリズム作品として著しく不適切な点があった場合などは、その授賞を取り消し、贈呈した正賞、副賞および賞金の返還を求めることがあります。

お問い合せ先

「石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞」に関するお問い合せ、作品のご応募および推薦・応募用紙のご請求などは下記の担当者までお願いします。

「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」事務局

〒169-8050 東京都新宿区戸塚町1-104 早稲田大学広報室広報課内
E-Mail koho@list.waseda.jp
URL http://j.mp/j-award
(事務局開室時間:平日9時~17時、土曜・日曜・祝日閉室)

これまでの授賞作

About Waseda早稲田について

早稲田大学についてAbout Waseda

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる