School of International Liberal Studies早稲田大学 国際教養学部

For Current Students

在学生の方へ

Student Life

学生生活について

学生生活全般について

大隈庭園近くに、早稲田大学保健センター(25-2号館)があります。11号館の近くでは3号館の1階に保健センター分室がありますので、まずそちらで診てもらうとよいです。
また、大学の近くに契約病院があり、そこで受診しても医療費の補助はあります。詳細は「早稲田大学 学生健康増進互助会案内」のパンフレットP14~17、または下記リンク先をご覧ください。
(参考リンク:早稲田大学学生健康増進互助会(学生早健会)とは)

http://www.waseda.jp/student/hoken/gojyokai/

【SP1, SP2, SP4のみ補助(医療費給付)があります】
国民健康保険に加入していて、契約病院で診察を受けた場合は、後日、自己負担分の一部(年間6万円まで)がポータルに登録された「本人名義口座」に給付されます。ただし、診察時には、病院の窓口で学生証と健康保険証を提示してください。
契約病院以外へ行った場合には、自分で学生生活課へ行き、手続きをしてください。

学内で健康診断を受けた人は、証明書発行機械で発行されます(和文のみ/300円)。受けていない人は、病院で健康診断を受け、証明書の発行をお願いしてください。
英文の証明書を希望する場合は、保健センター 保健管理室(25号館1階)の窓口で申請してください。

※開室時間: 火曜・水曜・木曜・金曜 13:30~15:40
在学生の場合、健康診断を受けた年度内(3/31まで)であれば証明書が発行されますが、 卒業してしまうと証明書が発行されなくなります。

学生会館地下2階にあります。

利用期間

1年間(登録日から1年間有効)

必要書類

  • 健康個人カード、または健康診断書(受診項目は、身長、体重、血圧、検尿、内科問診、胸部X線検査)
  • 写真1枚(4cm×3cm)
  • 学生証
  • 手数料収納証(通年3,000円)※健康診断については年度内のものに限ります。

学生会館トレーニングセンター 受付
TEL:03-3205-1909
MAIL:[email protected]

教室の学生への貸し出しはできません。
但し、学生生活課に登録している公認サークルで使用する場合は各学期の一定期間、所定教室を利用することができます。利用には申請が必要です。学生生活課で手続きをしてください。

(参照:http://www.waseda.jp/student/gakusei/commonroom.html 「共通教室(3・10・15号館)の利用について 」)

申請は必要ありません。駐輪場は早稲田キャンパス北門を入った所、または17号館生協近くにあります。
戸山キャンパスへの駐輪の場合も、申請は必要ありません。
西早稲田キャンパスへの駐輪の場合は、申請が必要です。51号館1階の総務課へ申し込み、専用シールを受け取って、それを自転車に貼ってください。

「早稲田大学プロパティマネジメント 学生住宅センター」が、民間補償を案内します。
また、物件の案内もしています。

※場所:早稲田STEP21ビル (早稲田大学99号館1階)

新学期が始まった頃にある、留学センター主催の「銀行口座 一斉開設」に参加してください。もしくは、三菱東京UFJ高田馬場支店(日本語対応のみ可)、りそな銀行早稲田支店がお勧めです。

4月、9月にキャンパス内で勧誘をしていますが、それ以降は学生生活課でご確認ください。 (http://www.waseda.jp/student/index.html
ICCでも課外活動を実施していますので、ご参照ください。(http://www.waseda.jp/inst/icc/

以下の手順で、該当ページへ進んでください。
MyWasedaへログイン>上部メニュー「学生生活」>右側メニュー「学生生活」>「学生生活支援」>「アルバイト」
詳しくは学生生活課のページを参照してください。(http://www.waseda.jp/student/kosei/part-time-job/)

11号館で落とした場合、4階国際教養学部事務所か3階商学部事務所にまず届きます。 その後7号館1階ポータルオフィスに移管されますので思い当たる箇所をお尋ねください。

SILSの学生に有益なものに関しては貼らせていただく場合もありますが、それ以外は学生生活課にて承認をしてもらい、ラウンジなどで掲示してください。

設定・利用方法については、以下のページを参考にしてください。
http://www.waseda.jp/navi/network/wireless_new.html
必要に応じて設定のサポートを7号館1階・ポータルオフィスにて受けることができます。

国際教養学部事務所またはアカデミックアドバイザーに気軽にご相談ください。
アカデミックアドバイザーのOffice Hourとメールアドレスは、Course [email protected]上の「SILS Faculty members/Office hours & Mail Address 」に記載されています。
相談内容については秘密を厳守しますので、安心して相談に来てください。
なお、体調に関することについては、保健センターにご相談ください。

学生証持参の上、7号館1階のポータルオフィスへ行ってください。

場所について

7号館1階(早稲田ポータルオフィス付近)
14号館1階
25号館1階
http://www.waseda.jp/navi/services/opentime-certificates.html

11号館には、1階(コイン式・地下読書室へ続く階段左隣の部屋)、2階(学生ラウンジの一番奥)、または4階のグローバルネットワークセンター(GNC)にあります。

9号館158教室(PCルーム)で使用できます。
(管轄MNC/オープン利用専用) 月~土曜日の9:00~21:00に利用可能です。

北門を出て、右に曲がり、まっすぐ進むと(途中、右手に22号館があります)、新目白通りに突き当ります。通りの向かい側にりそな銀行があります。(都電 早稲田駅の近く)

申し込んだ場所(生協トラベル・サービスセンター 早稲田キャンパス17号館2階  03-3202-4015)で受け取ることができます。学生証を持参してください。

大学の近くにいくつか印鑑専門店があります。詳しくは国際教養学部事務所におたずねください。

忌引き・インフルエンザについて

まずは欠席する授業の教員へ、自分でメール連絡をしてください。教員のメールアドレスは、Course [email protected]の「SILS Faculty members/Office hours & Mail Address」で閲覧可能です。
完治後、病院で発行された「診断書」を国際教養学部事務所へ提出してください。完治後の最初の授業の際に、自分でも教員に伝えるようにしてください。
なお、欠席の取扱いの最終的な判断は、科目担当の先生にお任せしています。

忌引きの対象は以下の通りです。

対象

1親等(親、子)、2親等(兄弟姉妹、祖父母、孫)および配偶者

日数

授業実施日連続7日まで ※ただし、対象者が海外在住者の場合は、その日数については柔軟に対応します。

「会葬礼状」持参の上、事務所へお越しください。申請書をお渡しします。申請書受付後、「忌引きによる授業欠席等に関する取扱いのお願い」を発行しますので、それを自分で教員へ渡してください。

※ただし、English I(Intensive English)、English II (General Tutorial English)、English III(English Academic Writing)については、早稲田大学アカデミックソリューション(29号館1階102室) に提出してください。
なお、欠席の取扱いの最終的な判断は、科目担当の先生にお任せしています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/sils/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる