School of International Liberal Studies早稲田大学 国際教養学部

For Current Students

在学生の方へ

Leave of Absence,Return to School,Withdrawal,Re-admission

休学・復学・退学・再入学

休学について

以下の事由等により、2ヵ月以上授業に出席できない学生は、休学を願い出ることができます。

  1. 怪我・疾病(休学が必要である旨を記載した診断書添付)
  2. 経済事情(学業継続が急遽不可能になった理由を具体的に記載した公的証明書添付)
  3. その他(理由が上記以外のものについては、理由を具体的かつ詳細に記載した理由書または、その理由を証明できる公的証明書を提出)
    詳細・手続き方法については、こちらをご参照ください。
    申請用紙は、こちらをご使用ください。

兵役の理由で休学される場合は、こちらをご覧の上、「休学願(兵役用)」を提出してください。

復学について

  1. 復学の案内については、休学許可通知とともにお送りします。
  2. 復学は、学期始めに限られます。休学継続希望、退学などの届け出がない場合、次学期は自動的に復学となりますが、確認のため復学届は必ず提出してください。
    詳細・手続き方法についてはこちらをご参照ください。
    申請用紙は、こちらをご使用ください

休学期間終了後の復学日は以下のとおりです。

4月1日~9月20日の半期休学 9月21日
9月21日~翌年3月31日の半期休学 4月1日

退学について

退学をするためには、「退学願」を提出し、国際教養学部運営委員会の承認を得る必要があります。
詳細については、こちらをご参照ください。
申請用紙については、こちらをご使用ください。

以下に該当する場合、学生は「措置退学」または「懲戒退学」となります。

  • 当該学期の学費が期日までに納入されなかった場合。
    学費に関する詳しい説明については、こちらをご参照ください。
  • 「学生の本分を逸脱した行為」が認められた場合。
    「学生の本文を逸脱した行為」には、試験における不正行為、社会通念上著しく逸脱した行為、犯罪行為等が含まれます。
  • 成績不良により4学期連続してアカデミックプロベーションにおかれた場合。

再入学について

正当な理由により退学を許可された者および学費未納の理由により退学となった者は、退学となった年度の翌年度から起算して7年度以内であれば再入学を願い出ることができます。再入学の可否は国際教養学部運営委員会にて審議されます。
再入学の日付は、4月1日あるいは9月21日となります。 再入学を希望する場合は、下のお問い合わせフォームを利用して国際教養学部事務所に連絡し、「再入学届」を入手の上、春学期再入学の場合は前年の12月15日まで、秋学期再入学の場合は5月31日(*必着)までに再入学届を国際教養学部事務所へ提出してください。なお、再入学には教務主任との面接等が必要となります。 この日程については再入学届提出後に調整しますので、必ず常時つながる連絡先を再入学届に記載してください。

*上記の締切期日が日曜・祝日にあたる場合は、直前の平日が締切日となります。

お問い合わせ

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/sils/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる