Waseda Business School (Graduate School of Business and Finance)早稲田大学 大学院経営管理研究科

その他

◆全日制グローバル
伊藤 脩平さん

正解のない活発な議論を通し多様な価値観や考え方に触れ自らの戦略の幅が広がった

新卒入社した会社で6年間営業経験を積む一方で、父が経営するITソリューションの提供を軸とした企業をいずれは継ぐことになるだろうと感じていました。しかしながら血縁というだけで能力がないまま継いでは従業員に対して無責任だという思いがあり、自分が経営の世界できちんと役割を果たせる人材なのかを試したいとの考えからWBSの門を叩きました。

全日制グローバルを選んだ理由の一つとして、海外の人たちの考え方や感じ方を学びたいという目的があり、在学中は日英科目や海外開講科目も積極的に受講したほか、留学生とディスカッションする機会が多くある相葉宏二先生のゼミに入りました。ゼミでは毎回一つのケースを題材に、正解のない活発な議論を通して、自分とはまったく異なる視点からの意見に触れたり、国や文化による考え方の違いを実感したりと、非常に有益な学びを得ました。基本的に皆、相手を打ち負かすのではなく、互いの考えを知ろうという姿勢で議論に臨むため、英語でも気後れせず発言できる雰囲気があり、相手に伝えるための効果的な話し方も含め、グローバルに通用するコミュニケーションスキルを磨く機会にもなりました。
経営の体系的な知識を得て、自分の中の戦略の幅が一回りも二回りも広がったことが、最大の成果だと感じます。

修了後、コンサルティングファーム勤務を経て、現在は事業承継に向けて父の会社で経験を積んでいます。WBSでの学びや業務経験を活かし、今後は新規事業の立ち上げにも挑戦していくつもりです。

経歴

2010年早稲田大学理工学部を卒業後、光学機器メーカーで半導体検査装置の海外営業などに携わる。退職後、事業承継者入試を経て2016年4月にWBS全日制グローバルに入学。相葉宏二教授の「事業戦略と総合経営」ゼミで学ぶ。修了後、ボストン・コンサルティング・グループに入社し新規事業立ち上げ領域を担当。2019年7月よりファミリービジネスに従事している。

※上記はすべて2019年6月時点の情報・原稿です

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/wbs/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる