Waseda Business School (Graduate School of Business and Finance)早稲田大学 大学院経営管理研究科

About the School

研究科について

Program

プログラム

WBSの大きな魅力の一つは、社会からの多様なニーズに応え、豊富なプログラム体系を用意していることです。平日昼間に2年間通う全日制プログラムでは、日本語科目を中心に履修することも、英語科目を中心に履修することも可能です。働きながらMBA取得を目指す方々のための夜間主総合、夜間主プロフェッショナルプログラムは、国内で圧倒的な支持を得ています。

さらに、1年間で集中してMBAを取りたい方のための1年制総合プログラムは、企業派遣者にも人気です。他にもWBSとシンガポールのトップ校であるナンヤンビジネススクールで学び、両校のMBAを取得できる早稲田-ナンヤンダブルMBAプログラム、英語で世界水準のファイナンス知識を身につけるMSc in Financeプログラムなど、豊富な選択肢の中から、皆様のニーズを満たすプログラムを見つけてください。

全日制グローバル

2年間しっかりと学び、グローバルマインドを持つリーダーを育成

平日昼間に2年間通学してMBAを取得する標準的なプログラムです。このプログラムの特徴は、4月入学枠(主に日本語履修)と、9月入学枠(主に英語履修)を分けることで、日本語を中心に学びたい志望者、英語を中心に学びたい志望者それぞれに適した科目を提供していることです。日本語中心でMBAを取得したい方は4月入学を、留学生の多い英語中心の「グローバルな環境」でMBAに挑戦したい方は9月入学をご検討ください。2年間の恵まれた時間の中で、WBSの豊富な海外協定校へ短期留学を目指す学生が多いのも、このプログラムの特徴です。他にも、ESCPヨーロッパ・ビジネススクールとのダブルディグリー制度も用意しており、東京とパリで学び、二つの学位を目指すことも可能です。以上のように、4月入学者も9月入学者も、2年間でグローバルマインドを持ったリーダーの育成を目指します。また、このプログラムでは事業承継者を対象とした入試制度も設けています。

修業年限 2年
授業時間帯 平日昼間中心
入学時期 4月(日本語履修)、9月(英語履修)
履修言語 日本語または英語
授与学位 経営管理修士(専門職)Master of Business Administration
入学試験 4月:一般入試、企業派遣入試、事業承継者入試
9月:AO入試、事業継承者入試、学内推薦入試

1年制総合(全日制)

凝縮した1年間の学びで、価値あるリーダーに

「MBAを取って、ビジネスリーダーに必要なジェネラルな知識は全て学びたいが、2年間の時間は費やせない」という方に適した、平日昼間で1年集中のジェネラリストマネジメントのプロを養成するプログラムです。4月入学で、日本語科目中心になります。在学期間が短いため、よりハードワークにはなりますが、それだけ密度の濃いプログラムとも言えます。短期間でレベルアップをして経営幹部になることを期待されている企業派遣の方々にも、たいへん人気のプログラムです。

修業年限 1年
授業時間帯 平日昼間中心
入学時期 4月
履修言語 日本語
授与学位 経営管理修士(専門職)Master of Business Administration
入学試験 一般入試、企業派遣入試

夜間主総合

働きながらジェネラルな経営知識を学び、やがて深掘りしていく

WBSの「夜間主プログラム」は、会社で働きながら平日夜間と土曜を中心に授業を履修して2年間でMBAを取得する、日本語履修の4月入学プログラムです。「会社を退職・休職しないでMBAを取得したい」という、日本の様々な企業に勤める優秀なビジネスパーソンから非常に高い支持を受けています。この夜間主プログラムは、さらに大きく三つに分かれています。

まず、「夜間主総合プログラム」は、主に現時点で自分の専門性が十分に絞りきれておらず、経営の知見を広範かつ体系的に学びたい方を対象としています。1年目はジェネラルマネジメントについて幅広く学び、自分の関心を明確にしてから2年目にゼミ活動などを通じて自分の専門性を深めていくプログラムです。

修業年限 2年
授業時間帯 平日夜間・土曜
入学時期 4月
履修言語 日本語
授与学位 経営管理修士(専門職)Master of Business Administration
入学試験 一般入試

夜間主プロフェッショナル(マネジメント専修)

高度な専門知識を備えたMBAホルダーに

「自分はマーケティングで一流になりたい」「人事のプロになりたい」「起業がしたい」「経営者になりたい」など、明確なキャリア目標がある程度見えており、その分野を深く学び、経営幹部や起業家として活躍したい方に向いているのが、「夜間主プロフェッショナル(マネジメント専修)」です。夜間主プロフェッショナル(マネジメント専修)では、受験時点で志望する専門分野(モジュール)と指導教員を選択し、1年目からトップクラスの指導教員と共に、深い学習や様々な経験ができることが魅力的なプログラムです。

修業年限 2年
授業時間帯 平日夜間・土曜
入学時期 4月
履修言語 日本語
授与学位 経営管理修士(専門職)Master of Business Administration
入学試験 一般入試※秋募集のみ

夜間主プロフェッショナル(ファイナンス専修)

ファイナンスのスペシャリストを養成

夜間主プロフェッショナル(マネジメント専修)と似たスキームで、ファイナンスのスペシャリストを育成するのが、夜間主プロフェッショナル(ファイナンス専修)です。コーポレートファイナンス、投資理論、金融工学、不動産ファイナンスなど、各専門分野におけるWBSが誇る豪華な教授陣のもとで、理論から実践までバランスのとれた学びを受けながらファイナンス実務に直結する力を修得し、金融業界(銀行、証券、保険、不動産等)、事業会社(ファイナンス関連、リスク管理部署、財務部署)などで高いレベルで活躍できる人材を育成します。入学は4月ですが、9月末から始まる秋学期からはWBSの教授陣による異なる3つのゼミを履修し、2年目は一人の指導教員の元で論文を書きながら、さらに専門知識を深めていきます。

修業年限 2年
授業時間帯 平日夜間・土曜
入学時期 4月
履修言語 日本語
授与学位 経営管理修士(専門職)Master of Business Administration
入学試験 一般入試、企業派遣入試

MSc in Finance

グローバルに活躍するファイナンスのプロを養成

よりグローバルに、ファイナンス領域で活躍したい方々を想定して開講されたプログラムです。授業はすべて英語で、世界中から集まった優秀な留学生と切磋琢磨しながら2年間勉強することになります。入学時期は9月になります。2016年度に開講したプログラムですが、既に国際的に高い評価を得ており、QS社のMasters in Finance Ranking 2018では、世界のファイナンスプログラムTOP100校に、日本から唯一選出されました。基礎から先端までのファイナンスを英語で学び、世界で通用するスペシャリストを目指す方は、ぜひチャレンジしてください。

修業年限 2年
授業時間帯 平日昼間中心
入学時期 9月
履修言語 英語
授与学位 ファイナンス修士(専門職)Master of Science in Finance
入学試験 AO入試(企業派遣入試を含む)、学内推薦入試

早稲田-ナンヤンダブルMBAプログラム

シンガポールと日本で学び、世界に羽ばたくリーダーに

シンガポールにあるナンヤンビジネススクールはFinancial Times2018の世界ランキングで22位に入る世界屈指のトップ校です。この早稲田-ナンヤンダブルMBAは14か月にわたる英語履修プログラム(入学時期は7月)で、WBSとナンヤンビジネススクール両校のMBA学位を取得することができます。このプログラムの魅力は二つのMBA学位だけに留まらず、日本とシンガポールでの学生交流により、世界レベルの知見とビジネスネットワークを獲得できる点です。

修業年限 14か月
授業時間帯 平日昼間中心
入学時期 7月
履修言語 英語
授与学位 経営管理修士(専門職)
Master of Business Administration, Waseda University
Master of Business Administration, Nanyang Technological University
入学試験 AO入試
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/wbs/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる