Waseda Business School (Graduate School of Business and Finance)早稲田大学 大学院経営管理研究科

その他

◆夜間主プロフェッショナル(ファイナンス)
小林 里絵さん
NTTデータ株式会社

基礎から学び専門性の高い仕事を任せられるまでに成長

150803-小林 里絵さん

【ファイナンス研究科を目指した理由】
大学院を卒業後、総合職としてNTTデータ株式会社に就職しました。入社2年目に地域子会社の戦略や事業計画の取りまとめを担当したものの、それまでビジネスやファイナンスを学んだ経験は皆無で、分からないことも多く戸惑いました。ビジネスにおけるファイナンスの重要性を感じ独学で勉強を試みたものの限界を感じ、ここでしっかりと体系的な知識を得ておくべきだと思い、ファイナンス研究科への入学を決めました。将来的にはM&Aの業務に関わりたいという希望もあり、そのために必要な専門知識を磨けることも選んだ理由の一つです。

【ファイナンス研究科の魅力】
実際に入学してみると、基礎から応用まで設置科目は多岐にわたり、私がイメージしていたよりも「ファイナンス」という分野が幅広く、学びの選択肢の幅広さを実感しました。ある科目の授業では毎回のように発言を求められるなど緊張感が高い分、得るものも非常に大きな授業でした。終了後の半年間、チューターとしてこの授業のサポート役を務めました。学生にとってチューターは、気兼ねなく質問を投げかけられる相手であり、私も在学中は授業が終わるたびにチューターに細かな疑問点を確認して理解を深めました。その時の経験を思い出しながら、授業の内容に限らず、履修方法など学生生活全般について、できる限りのアドバイスを心がけていました。

【ゼミ・仲間の魅力】
勉学へのモチベーションを維持する一番の方法は、優秀で意識の高い同期生と勉強の仕方や目標について語り合う事だと思います。入学前にすでに各種の資格を取得している人も多く、自己研鑽に励む仲間の存在はそれだけで大きな支えになりました。修了した今、仕事でも変化が表れています。これまでは個々の“点”として見えていた社内のさまざまな目標や実績の数値が、事業計画全体との中でどのような位置を占め、どう影響し合っているのか、俯瞰的な視点で捉えられるようになったのは大きな変化です。最近では投資回収計画の作成を手掛ける機会もあり、ファイナンスの専門性を自分のカラーとして発揮できる場面が増えていることに、手応えとやりがいを感じています。

◆経歴 
大学卒業後、NTTデータ株式会社へ入社。企画・営業を経験する中でビジネスやファイナンスに関する専門知識を実感し、ファイナンス研究科に入学。現在は、修得した知識を生かし、同社で事業計画管理や投資回収計画の立案などにも携わる。

※上記はすべて2014年5月時点の原稿・写真です

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/wbs/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる