Waseda Business School (Graduate School of Business and Finance)早稲田大学 大学院経営管理研究科

その他

◆夜間主総合
清水 裕司さん
東京急行電鉄株式会社 財務戦略室 連結経理推進部 課長補佐

ステージをもう一段あげるために

 清水

<MBA取得の動機>
私がMBA取得を志した動機は、「経営に関する全般的な知識を学び、様々なバックグラウンドを持つ人達との新しい刺激により、自分のステージをもう1段上げたい」という想いからでした。
私は鉄道会社でグループ各社の財務戦略や資本政策に関する業務を担当しています。マネージャー職に昇進したことで、プレーヤーとしてより難易度の高い仕事を担当することになったことに加え、チーム運営を担う立場にもなりました。そういった中、財務・会計といった専門知識だけではなく、経営全般を体系的に学ぶ必要性を強く感じていました。
また、入社以来、一般管理部門でしか勤務をしたことがなかったため、自分自身の市場価値に疑問を抱くようになったことも要因の一つです。様々なバックグラウンドを持つ人達と他流試合ができる環境に飛び込み、キャリアの棚卸しをしてみたいと思っていました。
このような想いを抱いていた中、MBAを取得した複数の友人から、彼らがMBAでの経験や得られた気づきの話を聞き、まさに私が求めていた環境であったこと、そして彼らがMBA取得後に非常に公私共に充実している様を見て、私もMBAにチャレンジすることを決意しました。

<WBSを選んだ理由>
数あるビジネススクールの中で、WBSを選んだ理由は「通学のしやすさ」「学生の量と質」「実務とアカデミックのバランス」の3点を軸に検討した結果でした。
仕事と学業の両立という意味で、現実的には「通学のしやすさ」は最も重視した点でした。仕事を継続しながら通学するという前提であり、海外留学や全日制コースのビジネススクールは選択肢としては考えていませんでした。夜間通学可能なビジネススクールの中で、立地や授業開始時間などを踏まえた結果、WBSが最も通学しやすいビジネススクールでした。
「様々なバックグラウンドを持つ人達との他流試合」という趣旨で考えた場合、「学生の量と質」も重要な要素でした。WBSは学生数が日本最大規模であり、留学生も多く、また国内の有名企業やベンチャー経営者、ファミリー企業の経営者など多種多様かつ優秀な学生が多いと聞いていたことから、他流試合の場として非常に魅力的に映りました。
最後に、仕事への応用という意味で「実務とアカデミックのバランス」も重要なポイントでした。WBSは実務・アカデミック両方の面において経験豊富な教授陣を擁しており、科目ごとに自分の学ぶニーズに合わせた教授の授業を選択できると思ったからです。
実際にWBSで学んでみた感想として、これら3つの要素を含め、入学前に想像していた以上の環境であり、WBSを選んだことは正解だったと実感しています。

<WBSでの学生生活>
入学前から予想していたものの、WBSでの生活は想像以上にハードな日々でした。週5日の授業への出席はもちろん、ほぼ全ての授業で事前課題や予習があり、期末近くになると大量のレポートやテスト対策に追われるという日々が待っていました。授業後もグループワークやネットワーキングを目的とした自主的な勉強会(という名の飲み会)もあり、勉強時間の捻出は睡眠時間を削る以外にはありませんでした。しかし、このような環境に飛び込むことこそ、MBA取得の動機であり、この生活に充実感を感じていました。
授業以外に、ネットワーキングもWBSにおいて非常に重要な要素の一つです。授業後の飲み会に始まり、定期的に開催される交流イベントなど、多種多様なネットワーキングの場があり、多くの学生が参加します。私もWBS公認サークルであるフットサル部に所属しており、WBSの同級生だけでなく、卒業生、また慶応や青山学院など他大学のビジネススクールの学生とも交流を深めることができました。これらのイベントにより、様々なバックグラウンドの方々とのネットワーキングが広がり、新しい気づきを得ることができました。そして、この共に学ぶ同級生という仲間がいるからこそ、ハードな学生生活を乗り切れたと感じています。WBSの最大の魅力は、共に学ぶ仲間との交流が得られることだと思っています。

<お薦めする授業>
私がお薦めする授業は、ベンチャーキャピタルを経営されている実務家である長谷川博和教授の授業です。長谷川教授の授業では、ベンチャーと新規事業に関する理論的側面に加え、ビジネスアイデアの考え方、ビジネスプランの構築の仕方や提案方法といった実務的側面を学ぶことができました。特に、スタートアップファクトリーという授業では、チームでビジネスプランを作り、毎回現役のベンチャーキャピタリストに対してプレゼンを行い徹底的に叩かれ、指摘を受けた箇所をブラッシュアップしていくというもので、最も学びが大きい授業でした。

<WBSを目指す方へのメッセージ>
働きながらビジネススクールに通うということは、時間的にも体力的にも金銭的にも非常に負荷のかかることだと思います。私も実際にWBSに通うことを決断するまではその点を危惧して及び腰になっていたこともありました。しかし、実際にWBSに通ってみると、大変なことには変わりありませんが、それ以上に得られるものの方が大きかったと実感しています。これは他の同級生も同じ感想でした。もしビジネススクールに興味があるが悩んでいるという方がいらっしゃるならば、是非この環境に飛び込んでみることをお薦めいたします。

◆経歴 
2002年に大学卒業後。東京急行電鉄株式会社に入社。
財務部に5年間勤務し、資金出納、有価証券管理、金融機関・資本市場からの資金調達等を担当。
2007年よりグループ戦略推進部にてグループ各社の会社管理、財務戦略・資本政策に関する業務を担当し、現在に至る。

※上記はすべて2015年4月時点の原稿・写真です

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/wbs/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる