Notice大切なお知らせ
PCB保管状況

PCB保管状況

PCB「ポリ塩化ビフェニル」は、かつて、コンデンサや安定器といった電気機器に一般的に使用されていた物質で、毒性があります。

早稲田大学には伝統ある建物が多く、それらの照明機器等にPCBが使用されていたものがありました。しかし現在はすべて交換し、安全な場所に保管されています。

関東地方では2006年度からPCBの廃棄処理が開始されており、早稲田大学はできる限り早期にPCBを処理すべく計画を立案しています。

早稲田大学についてAbout Waseda

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる