室内環境測定の様子

室内環境測定の様子

建物の高気密化や化学物質を放散する建材の使用などにより、室内空気中に含まれる化学物質が増加し、新築・改修した建築物の利用者が体調不良を起こす、シックハウス症候群が問題となっています。

早稲田大学では、大学の施設を利用する方々にそのような症状が出ないよう、主に以下の取り組みを行っています。

  • 新しく建物を建てる際には、化学物質の放散量の少ない建材を使用しています。
  • 適正な換気量が確保された設計としています。
  • 新築や改修を行った箇所を中心に室内空気測定を継続的に実施し、「学校環境衛生の基準(文部科学省)」で定める指針値を下回っているかどうかをチェックしています。

2005,2006年度には、新築された西早稲田キャンパス8号館・小野梓記念館・大隈記念タワーの3棟をはじめ、改修したキャリアセンター・国際コミュ ニティセンター・早稲田ポータルオフィスなどの室内空気測定を、本学環境保全センター及び外部測定業者において実施しました。

2007年度についても、新たに建設された戸山キャンパス33-2号館および所沢キャンパス110号館を中心に、室内空気測定を実施する予定です。

学校環境衛生の基準で定める化学物質

化学物質名 主な発生源 指針値(μg/m3)
ホルムアルデヒド 合板、接着剤、防腐剤 100
トルエン 接着剤、塗料の溶剤・希釈剤 260
キシレン 接着剤、塗料の溶剤・希釈剤、油性ペイント 870
エチルベンゼン 接着剤、塗料の溶剤・希釈剤 3,800
スチレン 接着剤、断熱材、畳心材 220
パラジクロロベンゼン 防虫剤、芳香剤、消臭剤 240

近年の早稲田大学の主な建物建設状況

1998年3月~
2001年7月~ 西早稲田キャンパス14号館
戸山キャンパス学生会館
2005年2月~ 西早稲田キャンパス8号館
小野梓記念館
大隈記念タワー
2006年3月~ 戸山キャンパス33-2号館
所沢キャンパス110号館
2007年3月~ 西早稲田キャンパスC棟
大久保キャンパス63号館
河田町キャンパス(仮称)施設
2008年以降

現在キャンパスの名称が西早稲田キャンパス→早稲田キャンパス、大久保キャンパス→西早稲田キャンパスに変更されています。

早稲田大学についてAbout Waseda

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる