AED(自動体外式除細動器)の設置

AEDは誰でも操作可能な心肺停止者への救命用医療機具です。

初めての人でもAEDの発する音声ガイドに従って安全かつ簡単に使えます。救急車が到着するまでの数分間に早期に心肺蘇生でき、救命率を向上させることができますので、学内で救急を要する事故等が起きた時は、ご使用ください。なお、設置場所には「AED設置ステッカー」が貼ってあります。

AED設置一覧はこちら
2019年4月現在

AED使用方法

  1. 電源を入れる。(蓋を開けると自動的に電源が入る機種もある)
  2. 傷病者の胸に電極パットを貼る。
  3. 解析ボタンを押して、傷病者の心電図を解析する(音声指示あり)
  4. AEDから除細動の指示がでたら、周囲の状況を確認し、除細動ボタンを押す。
救命講習会 AED設置シール AED本体

早稲田大学についてAbout Waseda

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる