Faculty of Science and Engineering早稲田大学 理工学術院

For Current Students

在学生の方へ

Study Abroad

留学

お知らせ

留学プログラム

留学プログラム

留学には大きく分けて、(1)海外留学(長期)(2)海外留学(短期)(3)国内留学の3種類があります。留学の目的、期間、予算等に応じて、みなさんに最も適した留学プログラムを選択し 、適切な手続きをおこなってください。留学センター提供の留学プログラムへの参加を検討する学生は、毎年4月と10月に開催される「留学フェア」に参加を勧めます。

(1)海外留学(長期)

海外留学(長期)には、 おおよそ以下のものがあります(詳細は留学センターHPを参照にしてください)。

  • Double Degree Programs (DD)
  • Exchange Programs (EX) (大学間協定による)
  • Exchange Programs (EX) (理工学術院の各学部・大学院における海外教育機関との学生交流協定による)
  • Customized Study Progrrams (CS)
  • 私費留学

※語学留学やワーキングホリデーは「留学」ではなく「休学」の扱いとなります。詳しくは「休学・復学」を参照にしてください。

(2)海外留学(短期)

夏休みや春休み等の長期休暇期間を利用した海外留学を短期留学プログラムといいます。
早稲田大学の短期留学プログラムについては、留学センターエクステンションセンターのHPを参照にしてください。

(3)国内留学(同志社大学との学生交流)

同志社大学への1年間の国内留学制度です(詳細はグローバルエデュケーションセンター HPを参照してください)。

その他の留学プログラム

私費留学

早稲田大学が提供するプログラムの中に希望する留学先が無い場合や、早稲田大学を卒業後に大学院留学をする場合は、自分で留学先を探して留学することになります。私費留学は、自分で希望大学から入学許可を得て、私費で留学先の学費と生活費を賄う形の留学形態を言います。私費留学のカテゴリーの中には、専ら語学取得のための留学や、Visiting StudentあるいはNon-degree Studentといった呼称で呼ばれるものものあります。

出願は通常入学する時期の約半年前で締め切られます。最近ではインターネットで出願を受け付ける大学も出てきていますが、余裕を持って準備しないと出願に間に合わなくなりますので、十分に注意してください。また、留学先で修得した単位が帰国後に早稲田大学で認定されない場合がありますので、理工学術院統合事務所でよく確認してください。学籍上の扱いについてはも、ケースによって異なるため確認が必要です。

2017年度より留学期間中に科目履修が可能になります。帰国の時期によっては夏クォーター=春学期(後半)に開講される科目などが履修できますが、科目登録の方法、登録可能科目等についても十分に確認してください。

大学院生の留学(早稲田大学の交換留学制度を利用する場合)

大学院生が早稲田大学の交換留学制度を利用して留学をしようとする場合、学部生とは異なった準備やプロセスが必要となる場合があります。特に欧米の大学で、研究内容がより専門的であることから、留学先の事情により留学がスムーズに認められないことがあります。留学先機関の変更を求められたり、留学自体が不可となることもあります。その場合、代わりの留学先を提供されることもあれば、そうでない場合もあります。交換留学では、留学に関わる決定は基本的に先方に委ねられていますので、こうしたリスクが生じやすいことも認識しておく必要があります。

また、希望の留学先への交換留学を果たすためにも、交換留学生に公開されているコースの詳細など、事前に情報収集を徹底してください。希望のコースは、できるかぎり優先順位をつけて複数候補検討しておき、いざというとき柔軟に対応できるようにしておいてください。一部のコースの履修が認められないケースや、履修に際して別途学費などが発生するケースも数多くありますので、事前に調べておくことが必須となります。

理工学術院の学生においては、とりわけ重要なこととしては、各自の所属する本学研究室の指導教員に留学派遣のタイミング、履修予定科目、単位認定、修了要件の確認を綿密に相談するとともに、留学から帰国後の指導計画や進路についても十分に相談を行っていくことが肝要です。また、留学に出発した以降も、適宜進捗報告を指導教員と行うだけでなく、帰国後を見据えた準備を進めていくことが求められます。

留学手続(応募・出発前・帰国後)

留学関連手続きについて

留学プログラム決定から復学までの理工学術院における手続きは以下をご覧ください。

留学手続きについて

応募(出願手続き・選考)

留学プログラムによって、出願手続き・選考は異なります。
長期留学の場合、遅くとも1年以上前からの準備が必要であるため、年間を通した留学応募手続案内などの具体的日程や情報案内等について、随時MyWasedaのお知らせや留学センターWebページで確認してください。
以下の表にしたがって、それぞれの担当事務所で手続きを行ってください。

 

留学形態 留学プログラム 担当箇所
海外留学
(長期)
Double Degree Prgrams (DD)
Exchange Programs (EX) (大学間協定による)
Customized Programs (CS)
留学センター
Exchange Programs (学部・大学院の箇所間による) 所属研究室
私費留学 ※個人が留学先と直接行う
海外留学
(短期)
留学センタープログラム 留学センター
エクステンションセンタープログラム エクステンションセンター
私費留学 ※個人が留学先と直接行う
国内留学 同志社大学との学生交流プログラム 理工センター教学支援課

留学センター

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田1-7-14-404(早稲田キャンパス22号館4階)
TEL:03-3207-1454 / FAX:03-3202-8638
E-mail:out-cie@list.waseda.jp
URL:https://www.waseda.jp/inst/cie/from-waseda/abroad

エクステンションセンター

〒169-8050
東京都新宿区西早稲田1-6-1
TEL:03-3202-8032
E-mail:ryugaku-wuext@list.waseda.jp
URL:http://www.ex-waseda.jp/

理工センター教学支援課

〒169-8555
東京都新宿区大久保3-4-1( 西早稲田キャンパス51号館1階)
TEL:03-5286-3002 / FAX:03-5286-3500
E-mail:gakumu@sci.waseda.ac.jp
URL:https://www.waseda.jp/fsci/students/abroad/

出発前の手続き

各担当事務所指導によるオリエンテーションに参加する等のほか、理工センター教学支援課事務所(51号館1階)での事務手続きがあります。留学の形態にあわせて、それぞれ必要な手続きを確認してください。

※語学留学やワーキングホリデー等、「留学」扱いとならない私費留学の手続きは、「休学・復学」を参照してください。

海外旅行保険について

本学が管理する留学プログラム(大学間や箇所間協定による交換留学等)に参加する場合も、私費により留学する場合も、大学が指定する海外旅行保険への加入が義務付けられています。詳細は以下をご確認ください。

申請書類等は51号館1階理工学統合事務所カウンターでお受け取りください。

帰国後の手続き(復学手続き)

帰国 (復学)時期前にみなさまの保証人様宛に復学手続きの案内をお送りします(短期の海外留学を除く)。
単位振替や科目登録についての説明もありますので、内容をよく確認のうえ復学手続きを進めてください。

参考資料

留学中の学籍・学費の扱い

留学中の学籍・学費の扱い

留学中の学籍・学費の扱いについては、留学の形態やプログラムによって異なります。

(1)海外留学(長期)

留学プログラムによって異なります。
詳細は留学センターHPを参照にしてください。

(2)海外留学(短期)

各プログラムで指定された金額を個人が支払います。
学籍異動はありません。

(3)国内留学(同志社大学との学生交流)

早稲田大学の通常の学費を支払います(ただし、授業科目ごとに徴収する実験実習料等の実費は自己負担)。
学籍は「留学(在学)」扱いとなります。

派遣留学支援奨励金プログラム

理工学術院では、本学Vision150に基づく国際化推進策の一環として「派遣留学支援奨励金プログラム」を設けています。本プログラム希望学生は、趣旨、支援プログラム内容、支給対象条件、注意事項、その他をよく理解し、必要な手続きを行ってください。

お知らせ

2017/4/20更新 2018年度出発向け「理工学術院 派遣留学支援奨励金プログラム」募集要項、申請書を公開しました。
2017/4/17更新 2018年度出発向け「理工学術院 派遣留学支援奨励金プログラム」情報を公開しました。

1.趣旨

国際化推進策の一環として以下に挙げる目的を成就するため、本学術院在籍学部学生の派遣留学を支援することとする。

  • 国外大学間協定校で専門学習や研究などの研鑽を積んだ学生の増加
  • 国際的なネットワーク構築・拡大
  • (留学から)帰国後、他の学生への啓発
  • 自立心向上

2.支援プログラム内容

  • 支援者数:10名程度/年
  • 旅費・滞在費支援  最大50万円
奨励金 奨励金内訳
1). ローム株式会社奨励基金 本支援プログラム実施にあたっては、理工学術院とローム株式会社との連携に基づいて、本支援プログラムの趣旨に賛同いただいた同社より支援を受けています。※本支援プログラム受給者は、留学修了後に『留学報告書』(所定書式)の作成が求められます。この留学報告書は、理工学術院とローム株式会社との年次連携活動事業報告書においても掲載されることとなります。
2). 大川功奨学基金 本支援プログラムに出願することで、大川功奨学基金にも出願したことになります。この奨学金にも採用となった場合には、年額30万円を上限として奨学金が支給されます。

本プログラムは受給学生が他の奨学金を受給する(併給する)ことを妨げません。

3.募集要項・申請様式

以下から募集要項と申請書をダウンロードしてください。

【申請様式】

【報告様式】

4.お問い合わせ

理工センター 教学支援課(51号館1階事務所)
E-mail: gakumu@sci.waseda.ac.jp

5.その他参照情報

情報は常に更新されます。各自留学センターのWEBサイト等で情報収集に努めてください。

留学支援奨学金

早稲田大学ではより多くの学生が留学に挑戦できるよう、上記「理工学術院 派遣留学支援奨励金プログラム」とは別に、様々な給付型奨学金(返済の必要が無いもの)を紹介しています(以下、一例)。奨学金の詳細、申込方法、審査方法、手続等については留学センターWebページで確認してください。

留学センターのプログラムで留学する学生のみ応募可能な奨学金

  • 予約採用型 早稲田大学の栄光奨学金(※New! 2017年度新設)
  • WSCメンバーズ基金グローバル人材育成奨学金
  • 日本学生支援機構 海外留学支援制度(協定派遣)奨学金
  • 早稲田大学学生交流奨学金
  • 校友会海外留学派遣奨学金
  • ハワード・ハギヤ奨学金
  • 荒井孝晋海外留学奨学金
  • 千田吉郎祈念海外留学奨学金
  • 高城幹祈念海外留学奨学金

民間・地方公共団体等の奨学金

以下のの奨学金は、留学を考える全ての学生向けの民間の・地方公共団体等の奨学金の一例です。留学センターからは個別に案内しませんおで、留学センターのWebページで募集要項と応募方法をよく確認し、各自で応募してください。

  • トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム
  • TOMODACHI住友商事奨学金プログラム
  • 業務スーパージャパンドリーム財団奨学金
  • 公益財団法人阪和育英会 海外留学奨学生
  • 百賢亜州研究院Asian Future Leaders Scholarship Program (AFLSP) Exchange Scholarship
  • 経団連国際教育交流財団 日本人大学院生奨学金
  • 経団連グローバル人材育成スカラーシップ奨学生
  • 埼玉県日墨戦略的グローバル・パートナーシップ研修計画派遣奨学生
  • ロータリー財団【海外派遣】奨学生
  • 外国政府等奨学金

帰国後登録制度(留学プログラム参加者)

留学(主として長期留学)から帰国した学期に、夏クォーター/冬クォーターに開講する科目や夏季/春季休業期間中の集中科目を新たに履修する制度です。

本制度の対象者は、学部・研究科の許可を得て交換留学プログラム、ダブルディグリープログラム、CSプログラム、「留学」扱いの私費留学のいずれかで留学した者です。

詳細は科目登録ページで確認してください。

理工学術院学生交流協定(海外教育機関)

理工学術院は、海外の様々な教育機関や企業と協定を結び、学生交流などを行っています。
所属の学部や研究科によって、留学先の選択肢は異なりますが、理工系の学生に特化したプログラムをぜひ利用してください。

更新日 2014.1.31

海外留学(長期)

理工学術院では、以下の海外教育機関と学生交流協定を結んでいます。詳細は所属研究室に問い合せてください。

※協定の締結先が理工学術院ではなく、特定の学部や研究科の場合もありますので、注意してください。

国名 教育機関名 協定箇所
アメリカ Case Western Reserve University 創造理工学部
Clemson University 理工学術院
Rockefeller University 理工学術院
イタリア Faculty of Architecture, University of Ferrara 理工学術院
インドネシア Faculty of Mathematics and Natural Sciences, Padjadjaran University 先進理工学部・
先進理工学研究科
Faculty of Mining & Petroleum, Institut Teknologi Bandung 創造理工学研究科
シンガポール Faculty of Science, Faculty of Engineering, National University of Singapore 理工学術院
スペイン Escola Tecnica Superior d’Arquitecturea de Barcelona 理工学術院
ドイツ Bauhaus University of Weimar 理工学術院
Hamburg University of Technology 理工学術院
Life & Medical Sciences Institute, Bonn University 先進理工学部・
先進理工学研究科
フランス Ecole Centrale Paris 理工学術院
Ecole d’Architecture de Paris la Villette 理工学術院
The City of Paris Industrial Physics and Chemistry Higher Educational Institution (ESPCI) 理工学術院
The University of Savoie, IUT of Annecy Annecy-le-Vieux campus 理工学術院
University of Grenoble 理工学術院
University of Montpellier2 理工学術院
タイ Faculty of Science, Kasetsart University 理工学術院
ベトナム College of Sciences, Hue University 理工学術院
韓国 Graduate School of Architecture, Kyung Hee University 理工学術院
Graduate School, Gaegu Gyeongbuk Institute of Science & Technology 先進理工学研究科
Dankook University College of Architecture Engineering 創造理工学部
台湾 College of Engineering, National Chung Hsing University Graduate School of Architecture 理工学術院
Graduate Institute of Building and Planning, National Taiwan University ※ 創造理工学研究科
中国 Xidian University 理工学術院
School of Mechanical Engineering, Shanghai Jiao Tong University 理工学術院

※国立台湾大学(建築与郷研究所)と創造理工学研究科(建築学および建設工学専攻)とのダブルディグリープログラムです。
ダブルディグリープログラムについての詳細はコチラ

海外留学(短期)

理工学術院では、長期休暇を利用した短期留学プログラムを提供しています(募集案内は随時HP上等で行います)。

海外インターンシップ

理工学術院では、長期休暇を利用した インターンシッププログラムを提供しています(募集案内は随時HP上等で行います)。
※下記のプログラムのほかにも、研究室で個別に実施しているものがあります。詳細は各研究室にお問い合わせください。

IAESTE(イアエステ)

詳細はこちら

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる