Center for International Education早稲田大学 留学センター

From Waseda

早稲田からの留学

Planning and Preparation

留学計画・準備

留学を考えるに当たっては、計画が大切です。いつまでに何をすればよろしいのか、留学までの期間をカウントダウン形式で確認してみましょう。

ロードマップ

計画と準備

1.留学の心構えと将来設計

留学を考えるとき、まず始めに自分にとって本当に留学が必要なのかどうか、よく検討をすることです。 長期にわたり海外に住み、学ぶことになる訳ですからしっかりとした信念に基づく留学をしてほしいと願います。 留学中は海外で貴重な経験ができる反面、思いもよらぬトラブルや苦労がつきものです。 自分自身の力で困難に立ち向かい、対処する心構えができていますか? 問題が起きた場合でも、他人頼みでなく自らの力で解決することができますか? 留学をするための諸条件を以下に挙げますが、その前提となるのが主体的に行動を起こすことができるかどうかということです。

また、留学を経験し、大学を卒業した後、社会に出て行くに際してどのような仕事に就きたいのか、将来どのような人間になりたいのかよく考えてみてください。

2.留学目的を明確にする

(1) 留学目的を突き詰める

漠然とした目的を細かく、具体的に突き詰めていきましょう。

  • どこで何を学ぶか?
  • 留学で得た経験をどう活かすのか?

(2) 選択肢を絞り込む

早稲田大学の協定校は日本最大級のネットワークを誇っています。あなたが希望する留学プログラムを絞り込みましょう。

  • 希望の国や優先順位は?
  • 可能な予算は?資金計画は?
  • 期間は? 留学先で受講可能な科目は?

(3) 情報収集

留学フェア(年間2回春・秋)、留学センターWEBページ、Waseda Global Gate(早稲田キャンパス22号館1階)等を利用して必要な情報を集めていきましょう。

3.具体的な準備(留学を実現するために超えるべきハードル)

(1)学業成績

プログラムによってはGPAを要求されます。成績発表後に交付される「成績通知書」(成績証明書とは異なりますので注意してください。)もしくはWaseda-net Portalで各自確認してください。
学内派遣選考で使用するGPAの計算式は以下の通りです。
(この計算式は留学センターが派遣留学学内選考用に独自に定めたものです。)

成績評価と成績表記の関係は以下の表を参照してください。アジア太平洋研究科の学生も、「派遣留学学内選考で使用する成績表記」を使用してGPAを計算してください。

評価
(素点)
派遣留学学内選考で
使用する成績表記
100-94 A+ (4.0)
93-90
89-87 A (3.5)
86-83
82-80
79-77 B (3.0)
76-73
72-70
69-60 C (2.0)
59-50 F*
49-0 G*

*FとGの範囲は各学部、研究科で異なります。

(2) 留学のための十分な経済力、資金計画

留学プログラムにより様々ですが、ほとんどの場合、海外に留学することは、早稲田大学で過ごすよりも支出が増えることになります。 学費、生活費を含め年間に250~600万円程度は必要になると考えてください。留学を実現させるには、十分な資金計画が不可欠です。

(3) 留学先で使用する言語の十分な語学力

プログラムによって求められる語学力に差はありますが、大切なのは、英語や現地の言葉なりを使って、現地で留学生活を有意義に、安全に送れるかということです。 十分な語学力、現地の人々とのコミュニケーション能力は現地での留学をより意味のあるものにするだけでなく、自らの安全を守るために最低限必要な条件であると考えてください。

保証人の皆様へ

皆様には、日頃より早稲田大学の教育事業にご理解とご協力をいただき、心より御礼申し上げます。 ここでは留学を計画している学生の保証人の皆様に、本学における海外留学の現状についてお知らせいたします。

早大生の海外留学事情 -「地球市民の育成」に向けて-

早稲田大学は、かねてより世界中の海外高等教育機関との学生交流を盛んに行ってきました。2004年には、国際教養学部が新設され、同学部では1年間の留学がカリキュラムとして学生全員に課されています。 こうした流れの中で、大学が主催するプログラムを利用する早大生だけを見ても、約800名が6ヶ月以上1年未満の海外留学を経験することになります。
語学力の向上はもちろん、現地学生と共に受ける授業や、寮・ホームステイ生活、異国の生活での貴重な経験は、十分な準備と意識を持った学生にとって、かけがえのないものになると確信しております。 「地球市民の育成」、遠くない未来に地球規模の難問に挑戦していく学生の為にも、海外留学は有効な選択肢の1つになり得ると思います。

海外留学をご検討されるにあたって

何となく海外留学に行きたい、語学を身につけたい、留学したい学校も決まったので経済的に援助して欲しいなど、さまざまな段階において学生から相談をお受けになるかと思います。 どうかその際には、学生と十分にお話し合いいただきますようお願いいたします。 近年、海外留学が非常に身近になり、その間口が広まるにつれて、目的意識が希薄なままで応募する学生や、保証人の方に詳しく説明していない学生をしばしば目にいたします。 保証人の皆様と話し合うことで、学生自身の留学の目的や今後にやるべきことが明確になりますし、余裕を持った資金計画を立てて頂く為にも大変重要なことです。

経済的なご負担について

参加する留学プログラムによりますが、ほとんどの場合、海外に留学することは早稲田大学で過ごすよりも支出が増えることになります。 留学のための奨学金制度も一部には存在していますが、学費、生活費を含め最低でも250万円程度は必要になるとお考えください。 学生が留学プログラムを選択する際には必ず学生とよくお話し合いいただきますようお願いいたします。

海外留学前の諸準備にあたって

派遣先大学からの受入れ許可が下りますと、ビザ取得、現地宿泊先手配、海外留学生保険への加入など、渡航の為の具体的な事務手続きが始まります。 これらの手続きに際しましては、学生が主体的に手続きをすることになりますが、必要書類の提出等の際に保証人の皆様にご協力をいただく部分がございます。 学生には、オリエンテーションで詳しい資料を配布した上で、説明を行っておりますので、必要に応じてそれらを参考にして頂きながら、学生の渡航準備にご協力を頂ければ幸いです。

海外留学中の危機管理に関して

派遣先大学からの受入れ許可が下りますと、ビザ取得、現地宿泊先手配、海外留学生保険への加入など、渡航の為の具体的な事務手続きが始まります。 これらの手続きに際しましては、学生が主体的に手続きをすることになりますが、必要書類の提出等の際に保証人の皆様にご協力をいただく部分がございます。 学生には、オリエンテーションで詳しい資料を配布した上で、説明を行っておりますので、必要に応じてそれらを参考にして頂きながら、学生の渡航準備にご協力を頂ければ幸いです。

語学面の準備・計画

留学をするからには、十分な語学力が必要となるのはいうまでもありません。早めの準備が肝心です。 留学センターでは、英語の学力アップをサポートする「留学準備講座」を設けています。 学内では、TOEFL iBT試験の公式会場もありますので、スコアの修得に役立ててください。
また、中国語ダブルディグリーの候補者に選ばれた方には出発までに語学講座の受講を必須としています。

留学先大学への推薦状の提出について

留学する大学によっては教員からの推薦状の提出が必要になる大学があります。推薦状の提出を求める大学・プログラムの留学候補者に選ばれた方は、大至急依頼する教員(早稲田大学で教鞭をとられている教員)に相談してください。特に長期休業中(夏休み、春休み中)は教員との連絡が取りにくくなるため、推薦状をお願いする予定の教員には、すぐに連絡をとり内諾を得ておいてください。

【注意点】
①    推薦状を教員に依頼する際は、厳封状態(サインで封字)で受け取り、提出してください。
②    レターのフォーマットを詳細に定めている大学については、留学センターからの指示通りに作成を依頼してください。
③    留学先大学によっては、推薦状をメール添付、またはオンラインによる申請フォームからアップロードする形で提出を求める場合があります。その際は、厳封状態で提出された推薦状を留学センターの責任において開封し、留学先大学に提出する場合がありますますので、その旨依頼する教員にお伝えください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cie/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる