Faculty of Science and Engineering早稲田大学 理工学術院

About the Faculty

理工学術院について

Our past and future

歴史と将来構想

歴史

1882 東京専門学校創立
1902 早稲田大学と改称
1908 in_img013理工科を新設し、機械科、電気科設置
理工科開設当時の機械科実験室校舎
1909 採鉱、建築学科設置
1916 応用化学科設置
1920 新大学令による大学となり理工科を理工学部と改称
大学院を設置
1922 in_img023アインシュタイン博士来訪
1938 理工学部に応用金属学科設置。鋳物研究所設置
1939 専門部工科開校
1940 理工学部研究所設置
1942 理工学部に電気通信学科設置
1943 理工学部に工業経営、土木工学科設置。理工学部研究所を理工学研究所に改組
1949 新制早稲田大学開校。第一理工学部に機械工、電気工、鉱山、建築、応用化学、金属工、電気通信、工業経営、土木工、応用物理学、数学の11学科設置。
第二理工学部に機械工、電気工、建築、土木工学科設置
国立大学よりも2年早く新制大学に移行
1951 新制早稲田大学に大学院修士課程設置。
工学研究科に機械工学、電気工学、建設工学、鉱山及金属工学、応用化学の各専攻設置
1953 大学院に博士課程を設置
1954 工学研究科応用物理学専攻を設置
1961 工学研究科を理工学研究科と改称、数学専攻設置。
第一理工学部鉱山学科を資源工学科に改称
1965 第一理工学部に物理学科設置
1967
竣工当時の大久保キャンパス

竣工当時の大久保キャンパス

大久保キャンパス新校舎に移転

1968 第二理工学部廃止、第一理工学部を理工学部に改称
1972 理工学部電気通信学科を電子通信学科に改称
1973 理工学部に化学科設置。理工学研究科応用物理学専攻を物理学及応用物理学専攻に改称
1979 環境保全センター設置
1987 理工学部金属工学科を材料工学科に改称
1988 鋳物研究所を各務記念材料技術研究所と改称。理工学研究科鉱山及金属工学専攻を資源及材料工学専攻に改称
1990 理工学研究科化学専攻設置
1991 理工学部に情報学科設置
1993 理工学研究所を理工学総合研究センターに改組
1995 理工学研究科電子・情報通信学専攻、情報科学専攻設置、数学専攻を数理科学専攻に改称
1996 理工学部電気工学科を電気電子情報工学科に、工業経営学科を経営システム工学科に改称
1997 理工学部電子通信学科を電子・情報通信学科に改称
1998 理工学部資源工学科を環境資源工学科に、材料工学科を物質開発工学科に、数学科を数理科学科に改称
2001 理工学研究科資源及材料工学専攻を環境資源及材料理工学専攻に、資源工学専門分野を地球・環境資源理工学専門分野に、材料工学専門分野を物質材料理工学専門分野に改称。
理工学研究科生命理工学専攻設置
2003 理工学部電気電子情報工学科、電子・情報通信学科、情報学科を統合改組し、電気・情報生命工学科、コンピュータ・ネットワーク工学科を設置。
理工学研究科機械工学専攻経営システム工学専門分野を経営システム工学専攻に改組。
理工学研究科建設工学専攻建築学専門分野を建築学専攻に改組。
理工学研究科電気工学専攻、電子・情報通信学専攻、情報科学専攻を統合改組し、電気・情報生命専攻、情報・ネットワーク専攻を設置。
理工学研究科ナノ理工学専攻を設置。
理工学部土木工学科を社会環境工学科に改称
2004 理工系英語教育センター設置
2005 理工学研究科環境・エネルギー専攻設置
2006 各務記念材料技術研究所と理工学統合研究センターを理工学術院総合研究所に統合改組
2007 基幹理工、創造理工、先進理工の3学部・3研究科体制に
環境・エネルギ-専攻が環境・エネルギー研究科として独立
2008 理工創設100周年。先端生命医科学センター設置
2009
現在の西早稲田キャンパス

近年の西早稲田キャンパス

キャンパス名を西早稲田キャンパスに改称
国際情報通信研究科、情報生産システム研究科、環境・エネルギー研究科を理工学術院に編入

2010 基幹理工学研究科に電子光システム学専攻、創造理工学研究科に経営デザイン専攻、先進理工学研究科に共同先端生命医科学専攻、共同先進健康科学専攻、共同原子力専攻を設置
国際コース設置
2014 SGU(Super Grobal University)に選定される。
基幹理工学部に情報通信学科、基幹理工学研究科に情報理工・情報通信専攻、先進理工学研究科に先進理工学専攻を設置。
2015 基幹理工学部電子光システム学科を電子物理システム学科に、基幹理工学研究科の電子光システム学専攻を電子物理システム学専攻に改称。

Waseda Vision 150(理工学術院の将来構想)

理工学術院は、創立150周年(2032年)を見据えた、将来構想を策定しました。理工学術院の構想段階のものであり、理工学術院として決定したものではなく、今後議論を深め、必要性と適切性が認められるものについては、正規の手続きを経て順次決定・実施していきます。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる