Faculty of Science and Engineering早稲田大学 理工学術院

For Current Students

在学生の方へ

Student life

学生生活(アルバイト、サークル、ボランティア、学生生活上の諸注意等)

ボランティア

この科目は学内外で学生が自らの意志で自発的に関った福祉・災害救援・人権・平和環境などの人間社会の切実な諸問題に対する活動を、次年度に「活動報告」と「活動を通じて何を得たかを述べた作品(レポート)」の2つの提出物を基に評価して単位を与える科目です。
ただし、特定の宗教、政治に関わるようなものは、本科目の対象としません。
提出されたレポートは、原則として公表を前提とします。

*当年度のものに限ります。前年度のものは申請出来ません。
研究科 1年以上 共通科目:通年1単位
学部  2年以上 D群科目:通年2単位
実質5日間程度

  1. 申請(実習前)
    必ず実習日の8日前(土・日・祝日・一斉休業を除く)までに、申請用紙および保証人の同意書を提出してください。
    研究科:申請用紙および保証人の同意書
    学部:申請用紙および保証人の同意書
  2. レポート提出(実習終了後)
    ボランティア科目を登録し単位を申請する学生は次の2点を活動終了後2週間以内に理工センター教学支援課(51号館1階)まで提出してください。2週間以内に提出がなかった場合は単位を申請しないものとみなします。
    (1)活動報告書 用紙1枚の字数は35字×40行程度 2枚以上
    (2)ボランティア活動で得たもの 用紙1枚の字数は35字×40行程度 6枚以上
    研究科: 活動報告書およびボランティア活動で得たもの
    学部: 活動報告書およびボランティア活動で得たもの
  3. 成績について
    上記レポートを元に評価を行います。必要に応じてインタビューを行う場合があります。(直接連絡があります。)成績は年度末の成績発表にて公開されます。

更新日 2018.3.19

サークル活動

早稲田大学公認サークルには、以下のように大きな分類があります。

  • 学生の会
  • 地方学生の会
  • 同好会
  • 学術院承認サークル

※当ページでは、「理工学術院承認サークル」について詳しく説明しています。その他について詳しく知りたい場合は、学生生活課ホームページをご覧ください。

西早稲田キャンパスの教室利用

理工学術院承認サークルおよび理工学術院所属の専任教員が会長を務める他の公認サークルは、課外活動のために西早稲田キャンパスの教室を利用することができます。詳細はこちらをご確認ください。

理工学術院承認サークル

 

理工学術院承認サークルとは

理工学術院承認サークルとは大学の公認サークルの内、理工学術院が公認するサークルです。新たに、理工学術院承認サークルの設立を申請する場合、活動内容に理工系の特色を持っていることが求められます(一般的な活動内容のサークルが大学の公認を求める場合は学生生活課所管の「学生の会」等で設立を申請してください)。

承認申請の方法

以下の書類を理工センター教学支援課へ提出してください。

  • 活動の目的、承認申請時までの活動内容を記載した書類
  • 会員名簿

 ※各書類は任意の書式とします。
 ※各書類には(原則、理工学術院所属の専任教員)の署名捺印が必要です。
 ※申請時に早大生で10名以上の会員がいることが条件となります。
 ※会員名簿は幹事長、副幹事長、会計の三役を明らかにして作成してください。

学術院内の所定の手続きで承認された場合、準公認サークルとして、1年間程度、活動する必要があります。その後、上記の書類を再度、理工センター教学支援課に提出し、承認された場合に、理工学術院承認サークルとなります。

 ※準公認サークルとしての活動期間中に早大生で20名以上の会員を得る必要があります。

その他

  • 公認の継続や活動に関する手続は学生生活課所管の公認サークルの手続に準じます。「関連ページへのリンク」より学生生活課のホームページをご確認ください。
  • 理工学術院承認サークルは理工学術院からの指示に従うことが求められます。

 

関連ページへのリンク

保険

保険の種類 一覧

自分のケガ 自分の病気 相手にケガ・損害
早稲田大学学生健康増進互助会(学生早健会) ×
早稲田大学学生補償制度(傷害補償) × ×
早稲田大学学生補償制度(賠償責任補償) × ×

学生早健会

  • 学生健康増進互助会(学生早健会)の医療給付制度について
  • 医療給付手続き方法
    1. 「各種提出書類書式」を理工学統合事務所で入手し、必要事項記入のうえ、提出してください。
    2. 振り込まれる金融機関口座の登録手続を、MyWasedaで行ってください。
    3. 提出書類は、診療月から3ヶ月目の10日まで受付可能です。(各月分を1回提出できますので、月が変わったら提出してください。)
      (例)1月分は、4月10日までに提出してください。これを超えると無効になります。
    4. 「診療費領収明細書」の記入方法は、以下の(A)(B)どちらでもかまいません。
      (A)病院で「診療費領収明細書」を記入してもらう。
      (B)「総合病院などで発行される保険診療内容がわかる領収書(保険点数が書いてあるもの)」を添付して、ご自分で「診療費領収明細書」に記入する。

早稲田大学学生補償制度(傷害補償)【略称:学傷補】

※サークル活動の場合は、戸山キャンパス1階 学生生活課にて「課外活動届」を受取り、ご提出ください。

早稲田大学学生補償制度(賠償責任補償)【略称:学賠補】

留学および授業で海外へ渡航する際の海外旅行保険

海外渡航時に大学指定保険の加入が必要な施設外活動【義務】

  1. 大学間協定留学
  2. 箇所間/私費留学 *1学期(半年)以上の学籍異動を伴う場合
  3. 休学して留学する場合 *1学期(半年)以上の学籍異動を伴う場合
  4. 正規授業の一環としての海外渡航(セミ等)
  5. 海外の学会発表/研究随行(教員引率)
  6. 学生の自主的な海外での学会発表や研究活動(出張願を提出する場合)
  7. 海外インターンシップ(大学主催)
  8. 海外ボランティア(大学主催)

申請書類等は51号館1階理工学統合事務所カウンターでお受け取りください。

落し物

西早稲田キャンパス内の「遺失物・拾得物」の大半は、「理工学統合事務所(51号館1階)」に届きます。

気づいた方がすぐに届けてくださる場合、また大学のクリーニングスタッフが翌日午前11時頃に届けてくださる場合(日曜を除く)、また時間によっては各箇所(実験室、製図室、生協、図書館等)が保管している場合があります。

理工学統合事務所に届いた拾得物は3ヶ月保管し、保管期間が過ぎたものはすべて処分します。

注:「現金のみ」・「現金入りの物品」等に関しては3ヶ月理工学統合事務所で保管後、学生生活課へ届けます。その後取り扱いに関しては学生生活課HPをご覧下さい。

落し物をしてしまった方は、まず紛失した場所(教室、実験室、生協カフェテリア等)が特定できるならば、その現場を確認してください。そして、理工学統合事務所「遺失物コーナー」を確認してください。

また、とくに学生証、銀行カード、郵便局カード等を紛失してしまった場合、ただちに最寄の警察署・交番に紛失届けを提出してください。

学生証再発行方法

4cm×3cmカラー写真1枚、2000円をご用意のうえ、教学支援課にて再発行手続してください。手続してから完成まで数日かかります。(再発行されるまで、通学定期券購入はできません。)

学生生活上の諸注意

在留期間の更新について

1.はじめに

在留カードは満了日までに、必ず期間更新手続きを行ってください。万一、更新手続きを怠り、満了日を過ぎると「不法滞在」となり、出国命令または退去強制により出国しなければなりません。

早稲田大学は皆さんの在留期間更新手続きをサポートしますが、更新手続き自体は、早稲田大学での留学を継続・修了するために、学生の皆さん自身が責任をもって行うべきものであることを心に留めてください。

2.申請書類の準備

在留期間の更新手続きは満了日の3ヶ月前から出入国在留管理局で申請が可能です。理工センター教学支援課で更新手続きを行う際は、遅くとも満了日の1ヶ月前までに申請書類を提出して下さい。教学支援課では1年を通じて多くの申請を受け付けており、確認には時間を要します。在留期間満了の1ヶ月未満で申請を頂いた場合、満了日までに確認が完了しない可能性もあります

【重要】2021年度春学期中の期間更新・資格更新手続きについて(2021年4月1日更新)

※2021年度春学期中は、申請はメールでのみ受け付けています。詳細は上記リンク内の文書をご確認下さい。

(1) 手続きの流れ

(2) 必要書類

  • 理工センターでの更新手続きにあたっては、上記ページ記載の書類に加えて、「経費情報入力シート」(Excel)をダウンロードし、提出してください。
  • 上記リンク内の必要書類①「在留期間更新許可申請書」、および⑦「経費説明書」は、「経費情報入力シート」(Excel)を通じて作成してください。「経費情報入力シート」の使い方は、こちらをご参照ください。
  • 申請時に科目等履修生あるいは、本学で昨年度、科目等履修生であった方は、以下の表に示す追加書類(証明書)が別途必要です。

(現在)科目等履修生

(昨年度)科目等履修生
追加書類 (1)「履修登録証明書」 (1)「履修登録証明書」 / (2)「在籍期間証明書」 / (3)「成績証明書」

証明書申請手順

(a) こちらから「履修登録証明書発行願」および「研究計画書」をダウンロードする。(※(1)発行のため)

(b) (a)の書類二点に記入し、「履修登録証明書発行願」には指導教員の署名・押印を取得する。(※(1)発行のため)

(c) 教学支援課事務所にて、「証明書発行申込書」の「発行したい証明書」欄に(1)(※昨年度の科目等履修生の場合はあわせて(2)と(3))を記入する。別途、発行手数料を購入し、申請する。

注: (1)は、申請から発行までに1週間程度を要します。

3.期間更新後の手続き(新しい在留カードが手元に届いたら)

新しい在留カードが手元に届いたら、こちらを参照の上、在留カードの両面コピーを速やかに教学支援課へ提出して下さい。(メールで提出する際の宛先:[email protected]

更新済みの在留カードが提出されない場合、早稲田大学に登録された皆さんの在留資格の情報は更新されず、満了日以降は「失効」と見なされますので、注意して下さい。

 

お問い合わせ先: 早稲田大学・理工センター教学支援課・留学生デスク
TEL:03-5286-3002
Email:[email protected]

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる