Career Center早稲田大学 キャリアセンター

Internship Desk

インターンシップデスク

Build Your Own Internship

個人で応募・参加するインターンシップ

個人でインターンシップ先を探す方法や手続きの流れなどの情報をまとめています。夏季休業中に行われるインターンシップの募集は5月頃から始まり6月にピークを迎えます。最近では春季休業中に行われるものや、通年で募集が行なわれるプログラムも増えてきています。

個人で探すインターンシップ情報について、キャリアセンターでは各企業・団体への推薦や応募書類の取りまとめなどの仲介は行いません。応募にあたっては学生個々人がプログラム内容等を十分チェックし、自己責任で就業してください。

なお、「実働15日以上」の就業で単位修得の対象となりますが、事前申請が必要です。詳細は「単位修得」および「インターンシップの手引き」で確認してください。

MyWasedaで探すインターンシップ

大学に届く企業や団体からのインターンシップ募集情報を、MyWasedaでインターンシップ情報として検索・閲覧することが可能です。就業日数など大学が求める下記の要件を満たすプログラムを掲載しています。

詳細については「インターンシップの手引き」で確認してください。

掲載要件

  • 実働5日以上のプログラム
  • 原則として無報酬のプログラム(インターンシップは労働力の提供ではないため。ただし、昼食代、交通費程度は可)
  • 採用に直結しないもの

閲覧方法

  1. MyWasedaへログイン
  2. 学生生活→キャリアコンパス「企業・求人情報照会」をクリック
  3. 開いた画面の「インターンシップを探す」メニューをクリック(「インターンシップ検索」タブからも検索できます)
  4. 新たに開いた画面で条件を入力し「検索」ボタンをクリック
  5. 指定した検索条件に該当する企業名と募集中のインターンシップの一覧が表示される
  6. 「詳細を見る」ボタンををクリックし、インターンシップの詳細内容を確認

その他個人で探すインターンシップ

MyWasedaで探すインターンシップ情報以外にも、多くの企業・団体がインターンシップ参加者を一般に広く公募しています。これらのプログラムに参加する場合は、情報収集から応募・参加まで、全て各自で行ないます。

個人で探すインターンシップ募集情報の収集には、以下のような方法があります。

参加にあたっては、内容・条件等をしっかり確認しましょう。

 

興味のある企業・団体が具体的にある場合

インターンシップの多くは、受入機関がホームページ等に募集情報を載せ、公募形式で応募を受け付けています。希望就業機関のホームページにアクセスし、インターンシップを実施しているか調べます。掲載されていない場合は、その機関に直接問い合わせてみましょう。

興味のある企業・団体が具体的には決まっていない場合

インターンシップ検索サイトを活用してみましょう。業種・職種別に検索できるサイトが数多くあります。以下に紹介するインターンシップ紹介団体や検索サイトも参考にしてください。

  • NPO法人ETIC(エティック):起業家志向の学生たち向けに、ベンチャー企業やNPOなどの少数精鋭の組織で、約半年間に渡って取り組む長期実践型インターンシップ「アントレプレナー・インターンシップ・プログラム」などを実施しています。
  • PARTNER(運営:独立行政法人国際協力機構 国際協力人材センター):国際協力キャリア総合情報サイト。インターンを含む、団体種別ごとの求人情報を掲載。国連機関がインターンを公募する場合もよく掲載されます。国際協力に携わるためのキャリアパスについてのメール相談や、セミナーの開催なども行なっています。
  • AIESEC(運営:特定非営利活動法人アイセック・ジャパン):アイセック・ジャパンは、110の国と地域で活動する世界最大級の学生組織AIESECの日本支部として、海外インターンシップ事業を運営する学生団体です。日本では特定非営利活動法人(NPO法人)の資格を取得し、国内の学生や法人に対して海外インターンシッププログラムへの参加を提案しています。
  • 外務省国際機関人事センター:国連など国際機関の就職情報を提供する外務省の機関です。
  • IAESTE Japan(運営:一般社団法人日本国際学生技術研修協会)1948年の発祥以来、ヨーロッパを中心に活動を続けており、現在は世界約80余ヶ国にある各委員会が相互に連携し、海外インターンシップの促進に貢献しています。 これまでに、4000社におよぶ企業の後援を軸に、約33万人の学生を相互に交換してきました。
  • The Washington Center:ザ・ワシントン・センター(TWC)は、世界各国の大学生に、在ワシントンDCの政府系機関や国際機関、民間企業など約2000機関でのインターンシップの機会を、年間800人程度の学生に提供している非営利組織です。
  • Prudential Foundation Global Citizens Program:The Washington Center (TWC) が主催。詳細はHow to Apply : Prudential Foundation Global Citizensを確認してください。

国際協力機関・海外でのインターンシップ

内容・条件等の確認

受入機関によってはインターンシップの趣旨を十分に理解しておらず、採用活動の一環である場合や、単なるアルバイト扱いをするようなケースも見られます。

インターンシップに参加するにあたっては、プログラムの内容・条件等を事前にしっかり確認しましょう。

留意すべき点

プログラムの内容

インターンシップには実務経験型やグループワーク型等、さまざまな形式があります。

実務経験を希望する場合は、実務に関わることができるかどうかをよく確認しましょう。グループワーク型のプログラムの場合、グループディスカッションが中心であったり、受入機関の説明が中心であったりする場合があります。

実施期間

インターンシップの実施期間は数日間から数ヶ月間にも及ぶものまでさまざまです。自分の予定と照らし合わせて適切な期間かどうか確認してから応募してください。

また、5日未満の短期間のプログラムでは就業体験としての効果は望めず、会社説明会等の採用活動の一環である場合が多く、インターンシップの趣旨とは異なる場合があります。

採用選考との関係

インターンシップは、学生の皆さんが実践的な体験を通じて職業意識を高め、これからのキャリアプランを形成するうえで役立つ経験をすることが目的であり、原則として採用選考とは無関係に実施されるものです。

しかし、インターンシップの中には、終了後に内々定を出す等、採用を前提としているものもあります。就業目的を明確にして参加するようにしてください。

報酬(アルバイトではないかどうか)

インターンシップは基本的に無報酬です。原則として費用はインターン生が負担します。

民間企業でのインターンシップでは、交通費や昼食代程度の必要経費が出る場合もありますが、あまりに高額の報酬が支払われるような場合には、企業側がアルバイトとインターンシップの違いを認識せずに行っていることもありますので注意してください。また、誓約書の提出が求められている場合は、 内容をよく確認したうえで提出するようにしてください。

保険

個人でインターンシップに参加する際には、事前にご自身で保険に加入することを強くお勧めします。受入機関によっては、就業の際に条件として保険加入を指示されることがあります。

詳細は、「保険」を確認してください。

海外での就業について

実習予定国・地域に対して、外務省の渡航情報において、次の指示が出た場合は大学として学生を渡航させることはできません。個人で参加する場合、リスク管理は自己責任となりますが、安全に実習を行うためにも自己判断の基準としてください。

  • 『不要不急の渡航は止めてください。』
  • 『渡航は止めてください。(渡航中止勧告)』
  • 『退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)』
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/career/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる