Graduate School of Accountancy早稲田大学 大学院会計研究科

About the School

研究科について

Educational Policy

教育方針

教育方針

早稲田大学大学院会計研究科では教育方針への理解を深めていただくために、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーを定めています。

ディプロマ・ポリシー[修了認定・学位授与に関する方針]

diploma_policy_2

早稲田大学は、建学の精神として『学問の独立』、『学問の活用』、『模範国民の造就』を教旨に掲げている。当研究科は、この建学の精神を基盤として、学問と実務を融合させた教育を展開し、会計や保険数理に関する専門家として必要な高潔な倫理観を備え、高度な専門知識と幅広い能力を有する人材を育成することを目的としている。

この目的を実現し、現代に必要とされる能力を有した会計や保険数理の専門家を養成するため、当研究科は、早稲田大学の伝統に裏打ちされた豊穣な礎の上に、わが国における最高水準の教授陣および施設を備え、そこで最高水準の教育を提供する。

当研究科の修了においては、社会の各方面で活躍する専門家の養成を目標としたプログラムを十分に履修し、高い倫理意識のもと、会計および隣接領域の専門家として不可欠な知識の修得とコミュニケーション能力の向上を通じて、自ら問題解決にあたることができる応用力を身につけることが期待される。当研究科では、このような能力を有すると判断すべく、所定の教育課程を修了した者に、「会計修士(専門職):Master of Business Administration」の学位を授与する。

 

カリキュラム・ポリシー[教育課程の編成・実施の方針]

curriculum_policy_2

社会が大きな変化を遂げつつある現代、公認会計士やアクチュアリーをはじめとするプロフェッショナルは、しばしば新しい複雑な事例に立ち向かわねばならない。そのときに必要なものは、自ら問題を発見し、高潔な倫理観と高度な専門知識をもって問題解決にあたる姿勢、すなわちアカウンティング・マインドである。当研究科は、このようなアカウンティング・マインドを有し、それを実践する能力をもつ専門家を養成し、監査法人、企業、官公庁、非営利組織等さまざまな分野で社会に貢献できる人材の輩出を目標とする。

当研究科の教育課程は、基礎科目群、コア科目群、および実務・応用科目群に属する授業科目から構成し、基本的な事項から先端的な知識や実務への応用力を身につけることができるように、体系的に編成する。特に、実務・応用科目群においては、専門性と高いコミュニケーション能力の向上を目指して、少人数で履修者が能動的に取り組むワークショップ科目を多面的に設ける。また、会計や保険数理の専門的知識の修得に加えて、隣接する専門領域の修得を推進し、活躍のフィールドを広げる取組みである「会計+1(プラスワン)」「アクチュアリー+1(プラスワン)」のコンセプトのもと、いずれの科目群についても、専門分野とその関連領域にわたって、幅広い科目を設置する。

 

アドミッション・ポリシー[入学者受入の方針]

admission_policy

早稲田大学は、本学の教育に耐えうる基礎学力を持ち、本学の理念である進取の精神に富んだ知的好奇心が旺盛であり、同時に、地球社会に貢献する意志が強く勉学意欲の高い学生を世界のあらゆる地域から迎え入れる。

当研究科は、会計や保険数理の専門家として必要な高潔な倫理観を備え、高度な専門知識と幅広い能力を有する人材の育成という教育の理念を理解する意欲に満ちた学生を迎え入れる。

会計の専門家の養成を目標とする会計専門コースは、一般入試を実施するほか、英語力を重視した入試、IT・数理能力を重視した入試、社会人経験を重視した入試等を行う。また、保険や年金の分野を重視した専門家の養成を目的とするアクチュアリー専門コースでは、数学・統計に関する一定の能力を問うべく、一般入試に加えて、社会人経験を重視した入試等を行う。さらに、高度専門コースは、会計に関する一定の専門知識を有しているとともに、会計学または関連する学際的な研究に取り組むための資質や能力を総合的に評価する。

人材養成その他の教育研究上の目的

早稲田大学は、建学の精神として「学問の独立」「学問の活用」「模範国民の造就」を教旨に掲げている。大学院会計研究科は、この建学の精神を基盤として、学問と実務を融合させた教育を展開し、会計や保険数理に関する専門家として必要な高い倫理観を備え、高度な専門知識と幅広い能力を有する人材を育成することを目的とする。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/gsa/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる