Graduate School of Accountancy早稲田大学 大学院会計研究科

About the School

研究科について

Message from the Dean

研究科長挨拶

プロフェッショナルとして
あなた自身の価値(バリュー)を高めよう

会計研究科長 秋葉 賢一

 

早稲田大学 大学院会計研究科は、会計や保険数理に関連するプロフェッショナルを養成する専門職大学院です。伝統的な修士課程とは異なり、理論と実務を融合した多角的なプログラムの下、修得した単位を積み上げて修了することになります。この会計研究科には、より高いレベルのキャリアを目指す人々が集まり、一流の研究者教員と経験豊富な実務家教員と一緒に切磋琢磨しています。

プロフェッショナルとは、何でしょうか。それは、新しい事例や複雑な問題に直面したときに、専門的な能力を活かし、適切な判断力をもって問題解決できる人であり、そうなるためには、公認会計士やアクチュアリーの資格取得はもとより、専門的な知識やスキル、考え方を身に付けることが必要です。会計研究科では、自らの強みを拡げるために「会計+1(プラスワン)」のコンセプトにより、会計に加え、IT・コンサルティング、税務、Business communication、アクチュアリーなどのカリキュラムを充実させています。

さらに、2019年度からは、アクチュアリーとして活躍しようとする人を幅広く迎え入れるために、アクチュアリー専門コースを設けています。この分野でプロフェッショナルになろうとする人も、「アクチュアリー +1(プラスワン)」のコンセプトの下、アクチュアリーとして必要な領域のみならず、関連する会計分野、IT・コンサルティングやBusiness communicationなどのカリキュラムを活用することにより、自身の強みを拡げてください。

会計研究科の特徴としては、このような目に見えるプログラムに加え、プロフェッショナルを志す様々な人々が集うことにより、良いコミュニティが形成されていることが挙げられます。すなわち、ワークショップ科目やイベントなどを通じて、また、目標に向かった日々の学習の中で、多様なバックグラウンドを有する学生同士、さらには教職員との間で多くのコミュニケーションが図られており、会計研究科修了後も、修了時期や所属を超えたネットワークにより、付加価値が生み出されています。

会計研究科では、プロフェッショナルを目指す皆さんに対し、多様な入試形態を設け、幅広いカリキュラムへ参画できる機会を提供するとともに、素晴らしいコミュニティへ加わることを期待しています。人生100年時代と言われる中で、2年間にわたる会計研究科での学修を通じ、是非、あなた自身の価値(バリュー)を高めてください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/gsa/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる