Graduate School of Accountancy早稲田大学 大学院会計研究科

Visitors

法人・企業等団体の方へ

Non-Degree Program

一般科目等履修生制度について

必要な知識やスキルを一科目から履修可能「一般科目等履修生」という学び方

会計プロフェッショナルとして必要な科目を1科目から履修できます。会計専門科目はもちろん、ERPシステム等IT関連科目やコンサルティング関連科目、英語・コミュニケーション科目を数多く設置しています。知識のブラッシュアップにご活用ください。

この制度を利用して、半年もしくは1年の間に10単位以上修得すれば、履修科目の知識を身につけた証として、履修証明書を発行しています。後に正規生として入学した場合は、一般科目等履修生として修得した単位を修了単位数に算入することもできます。
※詳細はこちらをご覧ください。

また、例えば正規生としての入学を迷っている方にとっては、この「一般科目等履修生」制度を利用することで、事前に会計研究科の講義内容や雰囲気を体感することができます。会計研究科の多くの科目は平日昼間に開講されています。そのため、仕事と学業の両立ができるか心配な場合は、例えば一般科目等履修生として単位修得を積み重ねることで、正規生として入学した後に修了するために修得しなければならない単位数を減らしておく、といった活用方法も考えられます。

一般科目等履修生として学ぶメリット

  1. 1科目から、関心のある科目だけを重点的に学べる
    ※春学期・秋学期でそれぞれ最大10単位、年間最大20単位まで履修可能です。
  2. 単位修得が可能
    ※半年または1年間で、[基礎必修科目を除く]10単位以上を修得した場合、履修科目の内容および単位数に応じた名称を付した「履修証明書」を交付します。
  3. シンプルな聴講料(1単位あたり69,600円)
    ※2018年4月入学者に適用される聴講料です。その他の入学時期に適用される聴講料については会計研究科事務所にお問い合わせください。
  4. 正規生と一緒に学ぶことができる
  5. 自習室や図書館など大学施設を活用できる
  6. 年2回の入試がある

一般科目等履修生から正規生として入学する利点

  • 正規生として入学する前に講義内容や雰囲気を 体験することができる
  • 修得単位は、正規生として入学後に 修了単位に算入可能
    ※一般科目等履修生として修得した単位について、その後、当研究科に正規学生 として入学した場合、所定の手続・審議を経て、修了要件単位数の 2 分の 1を超 えない範囲で認定することができます。
  • 正規生として入学後に単位認定を行えば、 受講負担が減り仕事などとの両立がしやすくなる
  • 正規生として入学する前に在学生や教員と ネットワーキングを図ることができる
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/gsa/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる