Graduate School of Accountancy早稲田大学 大学院会計研究科

About the School

研究科について

Supporters Voice

応援者の声

日本公認会計士協会 手塚正彦会長に訊く!

こちら(PDF)をご覧ください。
2021年4月入学希望者向けのパンフレット(School Guide Book)からの抜粋となります。

明治安田生命保険 根岸秋男社長・日本公認会計士協会 関根愛子会長(当時)の対談

2018年11月に早稲田大学で開催された対談の様子です。こちら(PDF)をご覧ください。

有限責任 あずさ監査法人 理事長 髙波博之

社会からの期待に応える会計プロフェッショナルを目指して

世界情勢は地政学リスク等を背景により複雑化し、AIをはじめとしたデジタル技術の目覚ましい進化は経済環境を激変させつつあります。
テクノロジーの進化により会計士の役割が小さくなるという人もいますが、資本市場の健全な発展を担う社会的インフラとして財務情報等の信頼性を確保するという私たち公認会計士に対する社会の期待は大きくなり、監査や保証業務の範囲も益々拡大していくものと考えています。そうしたデジタル化社会に対応するためには、デジタルリテラシーの向上はもちろんのこと、それ以上にデジタルに代替されない「自ら考え」柔軟に対応できる能力を有する人材であることが求められます。
早稲田大学大学院会計研究科は会計プロフェッショナルを目指す様々な経歴を持った人材が集まる日本有数の会計大学院です。「理論と実務、そしてアカウンティング・マインド」という教育方針のもと、「会計+1(プラスワン)」のコンセプトにより専門性を高めるとともに、会計以外の幅広い分野についてもディスカッションを重ね、自ら考える能力と判断力を身につけることで、自身の価値を高めることができると考えます。
本大学院で学ばれる皆様には、高度な専門知識の習得にとどまらず、広く社会の期待に応える高い職業倫理観や論理的思考力と判断力を兼ね備えた会計プロフェッショナルとして幅広い分野で活躍されることを願っています。

EY新日本有限責任監査法人 理事長 片倉正美

広がる会計プロフェッショナルの可能性

テクノロジーの進化やグローバル化を背景として、我々が働く世界は、デジタル技術を本格的に活用しつつ、専門性を磨いて、高い付加価値を提供する新たなステージに入っています。
我々が専門とする会計は、資本市場の健全性を確保するための最も重要な社会インフラのひとつです。定量化された世界共通の情報として、その役割に対する社会の期待は益々大きくなっています。
会計の未来を担うのは、これからの皆さんです。デジタルを駆使したより高度な会計プロセスの追求、会計のプロとして判断する機会の増加などを通じて新しいスキルを磨き、日本の資本市場が世界から信頼され、そして発展するよう、貢献していただくことを期待します。
さらに、企業のガバナンス、内部統制など国境を超えて展開する企業の課題解決に関するアドバイスを行うことも期待されています。会計の専門性というベースの上に、多様な経験を積み重ねることで、企業価値向上に貢献できる人材となることができるでしょう。
会計プロフェッショナルの活躍の場は広がっています。さまざまな可能性を見渡し、会計プロフェッショナルとして、よりよい社会の構築のために活躍していただきたいと思います。
早稲田大学大学院会計研究科は、『学問の活用』の理念のもとに実務と融合させた教育を展開されています。また、自らの強みを拡げるために「会計+1(プラスワン)」のコンセプトを掲げています。これは、まさに、私たちが一緒に未来を作り上げていきたいと願う人材の基礎となるものです。それをベースに、我々と一緒に実務を積み重ねることで専門性を磨き、皆さんが社会にとって不可欠な人材になることを強く願っています。

有限責任監査法人トーマツ 包括代表  國井泰成

会計プロフェッショナルとしての活躍に期待

ITや人工知能(AI)が社会に加速的に浸透している今、監査を取り巻く環境や会計士の在り方も大きく変わり、さらに変化していくでしょう。しかし、どれほどテクノロジーが進化しても、中心にいるのは人です。単なる数字の分析だけではなく、人に関心を持ち、数字の裏にある人の行動や欲求を観察すること、さらに時代の変化や流れを読み、物事の本質を感じ取ることが重要になります。
会計士は、多岐にわたる業種・業態と広範な接点を持ち、監査を通して必要な企業情報をほぼ制限なく入手できる立場にあります。また、企業のマネジメントをはじめ様々な階層の人から直接話を聞くこともできます。これは資本市場の重要なインフラである監査が独占業務とされ、その重責を担う公認会計士ならではの非常にユニークなポジションです。そこで、企業のリスクについて前広にアラートを出したり、ソリューションを提示したりすることができます。会計士特有のポジションを利用した広範な情報収集に基づき、リスクや潜在的ニーズを早期に特定し、レベルの高い指導力や提言力が一層期待されています。こうした役割を果たすことは簡単なことではありません。しかし、難しいからこそやる価値があると考えています。本大学院で学び、この役割をともに担う会計プロフェッショナルとして活躍されることを期待しています。

PwCあらた監査法人 代表執行役 井野 貴章

社会の在り方を変革する会計士への期待

昨今の世界は、既存の枠組みの崩壊や自然災害の影響など、さまざまな不確実性に直面しています。変化の時代、デジタルの時代を迎える中で、人々の思考の変化は、これまで以上のスピードで今まで想定されていなかった課題を顕在化させていくでしょう。そして会計士は急速に進歩するデジタル技術によって、それらの不確実性と向き合い、自ら変化し、課題を解決して、社会の変革に貢献していくことが求められていると考えます。社会や企業はデジタルトランスフォーメーション(DX)を強力かつ確実に実現することを求めています。来る本格的なAI時代において、社会に必要とされ、世界を舞台にした最適なサービスが提供できるよう、会計士自身も変革を進めなければなりません。ただ、どれだけデジタル化が進もうとも会計士の本質は変わることはありません。ステークホルダーと適切な対話を行い、社会に信頼を築くことこそがクライアント、そして社会から認められる会計士となるための本質であると信じています。早稲田大学大学院会計研究科では、会計専門家として高潔な倫理観と専門知識・能力を備え、伝統的な修士課程とは異なり、理論と実務を融合した多角的なプログラムの下、より高いレベルのキャリアを目指す人々が集まり、ビジネス分野における幅広い能力を有する人材の育成に尽力されていると伺っています。同研究科で学ばれた皆さんが、デジタル時代に、自ら考え、世代を超えてアイデアを変換し、世界をリードする会計プロフェッショナルとなり、様々な分野で活躍されることを心より期待しております。


なお、当研究科では、関連業界の企業団体様からの寄附金により、多くの提携講座を設置しています。
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/gsa/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる