Notice大切なお知らせ

フランシス・ローゼンブルース教授を偲んで

フランシス・ローゼンブルース教授を偲んで

*English version follows Japanese

2021年11月24日
早稲田大学総長

 イェール大学教授で本学の学外理事のフランシス・ローゼンブルース教授が、米国東部時間の2021年11月20日(土) の朝に、ご逝去されました。ローゼンブルース先生は、11ヵ月にわたり、脳腫瘍(正確には神経膠芽細胞腫)と闘ってこられました。

 ローゼンブルース先生は、早稲田大学の学外理事を2018年11月8日からお亡くなりになるまで、3年間お務めくださいました。ローゼンブルース先生は、早稲田大学の学外理事になる前には、イェール大学の副プロボーストをお務めになった経験もお持ちで、それだけに本学の学外理事としての役割を見事に果たされました。イェール大学から週1回は丸一日、学外で仕事をする許可を取ってくださり、毎月1回、イェール大学のあるニュー・ヘイブンからニューヨーク経由で東京まで飛んできて、理事会に出席してくださいました。新型コロナウイルス感染症が日米を襲うまで、早稲田に来てくださっていました。この間、対面であるいはメールによって、本学の改革に大きく貢献してくださいました。

 ローゼンブルース先生は、ご自身の仕事を常に丁寧になさっていました。脳腫瘍の治療が始まってからも、毎週もしくは隔週ごとにメールをくださり、「今、私が何か早稲田のお役に立てることがないですか」と常に尋ねてくださいました。ローゼンブルース先生からの最後のメールは11月5日付けで、最期までご自身の役目を果たそうとしてくださいました。私たちは、ローゼンブルース先生の献身的なご尽力に深く感謝しております。

 ローゼンブルース先生は、日本政治の分析に合理的選択理論を導入し、その結果、世界における日本政治研究のパラダイムを変えた方としても著名で、日米の政治学者の間では、広く知られた方でした。私は1989年9月に先生の研究報告を聞きましたが、その新しい視角から切り込む斬新さと説得的な論理構成に衝撃を覚えました。先生も私もまだ助教授のころでしたが、そのとき私は、「この方は近い将来、大きな影響力を発揮する政治学者になるだろう」と思いました。私の勘は当たり、ローゼンブルース先生は、その後も進化と活躍を続け、比較政治経済学の研究者として、国際的な名声を得るようになったのです。

 ローゼンブルース先生に学んだすべての学生と、共に過ごしたすべての研究仲間が、異口同音に先生の優しさと寛容さに感謝していることからも、先生の素晴らしさがわかります。先生は、何か助言を必要としている方には必ず、何の見返りも期待せずに手を差し延べておられました。それ故に、私も私の同僚も皆一様に、ローゼンブルース先生を尊敬し、また敬愛しておりました。

 ローゼンブルース先生のご冥福を心からお祈り申し上げます。


In Memory of Professor Frances McCall Rosenbluth

November 24, 2021

Professor Frances McCall Rosenbluth passed away in the morning of Saturday, November 20, 2021 (Eastern Standard Time in the USA). She had been fighting brain cancer (to be exact, glioblastoma) for eleven months.

Frances served as an external board member of Waseda University for three years, from November 8, 2018 until her passing. She had served as deputy provost of Yale University before she became an external board member of Waseda and thus was exceptionally well qualified to fulfill her role with us. With the permission of Yale University to work outside the University for one full day a week, she flew to Tokyo from New Haven via JFK Airport every month from November 2018 until February 2020, when the COVID-19 pandemic hit the US and Japan. During that time, she contributed greatly to the transformation of Waseda University under my administration.

Frances cared deeply about her work for us: even after she started treatment for brain cancer, she wrote to me every week or every other week to ask, “Tell me how I can help you or help Waseda.” Her last email was dated November 5, 2021. We are profoundly grateful for her dedication to her role at Waseda and shall miss her wise counsel.

Frances was well known to political scientists in the US and Japan. She was the scholar who changed the paradigm of research on Japanese politics by introducing rational choice theory to analyze Japanese politics. In September 1989, when I listened to her presentation, I was overwhelmed by her new perspective and very persuasive logic. I knew then that she would be an influential political scientist in the near future. And, my intuition was right. Furthermore, she became known to the entire political science community as an influential comparative political economy specialist.

Frances was also well known to all her students and colleagues for her unfailing kindness and generosity. She was always willing to help when people needed it, while she wished for no reward or return at all. My colleagues and I greatly respected and loved her personal integrity. May her soul rest in peace.

Aiji Tanaka, President
Waseda University

 

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる