Center for Higher Education Studies早稲田大学 大学総合研究センター

Center for Teaching, Learning and Technology

教育方法研究開発部門

Free Content

教育と学修内容の公開

早稲田大学は、ICTを利用して広く国内外に本学講義を公開し、「教育の早稲田」を可視化するためにさまざまな取り組みを展開しています。取り組みの趣旨はこちら⇒Waseda Vision 150―核心戦略3「教育と学修内容の公開」

 

早稲田大学が取り組むMOOC

大規模公開オンライン講座(Massive Open Online Courses: MOOCs)とは、大学や企業がインターネット上で一般向けに配信する公開講座のことです。MOOCsでは、幅広い年齢層の受講者がオンラインで講義動画や資料を使って学習し、課題を提出して一定の成績を修めれば修了証が授与されます。MOOCsは、これまで高等教育にアクセスできなかった人々も含めた国内外の幅広い層の人々に大学・大学院レベルの授業を提供する新たな教育チャネルとして近年注目されています。本学が参画している海外版のedXについてはこちら、日本版のJMOOCについてはこちらをご確認ください。

早稲田大学は、Waseda Vision 150で掲げる「教育と学修内容の公開」を推進する活動の一環として海外向けプラットフォームの1つであるedXや国内向けのJMOOCでMOOCsを提供しています。本学のMOOCsプロジェクトを更に推進し、早稲田大学の質の高い授業を国内外に発信していくため、学内で講座制作を希望する教員・組織を公募します。詳細は大学総合研究センターに問い合わせてください。

MOOC説明ビデオ(youtube)

 

早稲田大学が公開する授業映像・資料

学生オンラインプレゼンコンテスト

大学総合研究センター 教育方法開発研究部門(以下、CTLT)では「Waseda Vision 150」に掲げられた以下の核心戦略を達成するために、学生オンラインプレゼンコンテストを推進しています。

CTLTでは、簡単にコンテンツ制作ができる環境を整えておりますが、授業のオンデマンド教材収録のためだけではなく、学生にも施設を開放しています。

(↑↑ 動画コンテンツのつくりかた―WASEDA BEAR編―をクリック)

現在、予選審査にオンラインを導入することで、高麗大学と連携したコンテストと全学的なコンテストを2つ共催しています。ぜひ参加してみてください。

Japan-Korea Global Presentation Competition
(主催:早稲田大学・協賛:デジタルキャンパスコンソーシアム(DCC))

Waseda Vision 150 Student Competition
(主催:早稲田大学・協賛:校友会・DCC)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/ches/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる