Waseda University Library早稲田大学図書館

ボランティアスタッフLIVS連載企画『地下書庫探検隊!-発掘!早稲田のBBN第二弾-』

地下書庫探検隊!発掘!早稲田のBBN第二弾

大好評を博した学生ボランティアスタッフLIVSの連載企画「発掘!早稲田のBBN」が帰って来た!
「地下書庫探検隊!」と名を改め、連載再開です!

BBNとは?

「BBN」とはBasement & Back Number, すなわち、早稲田大学中央図書館の地下書庫バックナンバー書庫のこと。いずれも貴重な資料を数多く所蔵する、早稲田中央図書館における知識の宝庫なのですが、「まだ使ったことがない」「使い方がよくわからない」という方もいるのではないでしょうか?

こうしたまだ見ぬ貴重な資料が眠る「早稲田のBBN」、LIVSスタッフが様々なテーマを実際に調べることで、その活用事例をレポートとしてご紹介!

早稲田大学図書館の計り知れない魅力をお伝えします。

早稲田大学図書館に眠る「お宝」たち

記事一覧

第1回 クリスマスカードのはじまり(12/23公開)

bbn01_07この季節、誰しも一度は書いたことがあるであろう「クリスマスカード」。そもそも誰がつくったの?日本で贈られ始めたのはいつ?冬の図書館で、クリスマスカードの謎に迫ります!読んだらあなたも筆をとりたくなるかも…!?

 

第2回 成人式いまむかし(1/13公開)

bbn02_04一生に一度のハレの日、成人式。晴れ着を着るのは楽しみだけど、元はと言えば何のための日?どうして二十歳なの?新成人の方もそうでない方も、是非ご一読下さい!

 

第3回 大学入試からみる早稲田の歴史(1/20公開)

bbn03_07_eye大学生なら誰でも通る道、「大学入試」。でも昔の早稲田大学の入試って一体どんな感じ?これから入試本番を迎える受験生の方も、入試を経験した早稲田生の方も、試験勉強の息抜きに早稲田の入試の歴史を辿ってみませんか?

 

第4回 クイズで分かる流行語 -この言葉、「神ってる」!-(1/27公開)

bbn04_12問題です!2016年の流行語大賞は「神ってる」ですが、1984年、第1回の流行語大賞に選ばれた言葉は?今回は明治時代までの流行語を、クイズを解きながら探っていきます。あなたは何問答えられますか?(問題の答えは記事本文で!)

 

第5回 節分のふしぎ -投げるは豆だが役に立つ!?-(2/3公開)

bbn05_eye2月3日は節分!あなたは節分のことをわかっているつもりになっていませんか?なぜ豆を投げるのか、いつから節分は行われているのか…節分にはあまり知られていないふしぎがたくさんあります!これを読めば今までで一番楽しい2月3日になるかも?

 

第6回 絵本さがしの旅(2/17公開)

bbn06_eye最近みなさんは絵本を読んでいますか?「絵本は文字も少ないし子供が読む本だよ」そんなことありませんよ! どんな時代にも、どこの国にも絵本は存在していました。そんな誰もが楽しめる絵本を図書館で探してみましょう。

 

第7回 人類とミツバチのあま~い関係(3/8公開)

bbn07_eye私たちにとって身近な昆虫、ミツバチ。38日が記念日だと知っていましたか? ミツバチと人との関係は、実は長くて深いもの。当たり前の様に付き合っているミツバチに改めて目を向けてみると、ちょっとした発見があるかもしれませんよ。

 

第8回 大隈重信も楽しんだ?桃の節句、「ひなまつり」(3/10公開)

bbn08_eye三月といえば「ひなまつり」!でも、「ひなまつり」っていつからあるの?なぜ雛人形を飾るの?そんな疑問から調査を続けていくうちに、「ひなまつり」に 関する意外な事実を次々と発見。大隈家の雛人形が見つかったり、坪内逍遙が雛人形を主人公にして、市川猿之助に書き下ろした劇の驚きの展開が明らかに!

 

第9回 書庫と広告と私(3/17公開)

100年前の本に出会える場所、地下書庫。ふらりと探検するだけでもその魅力味わえます。偶然見つけた戦前のキャラメルの広告から思いがけず時の流れを体感する旅へ。皆さんも地下書庫を巡り本と偶然の出会いをしてみませんか?

 

第10回 マンガ@ワセダ  ―アトム、北斎、ガンダムまで―(3/24公開)

bbn10_eye今や世界で評価される日本の漫画。早稲田大学図書館にも数多く所蔵されていることを知っていましたか?高田馬場ゆかりのあの漫画家から、有名なあの浮世絵師の作品まで!今回は早稲田が誇る漫画資料たちに迫ります!

 

第11回 妖怪を学ぶ ―人間と妖怪の繫がり―(3/31公開)

皆さん、最近妖怪を見ましたか。昨年大ブームを巻き起こした妖怪ウォッチですが、現実世界ではなかなか妖怪に巡り合えません。しかし、昔は妖怪が頻繁に目撃されていたんです。あなたも、昔の新聞から読み解く浮世離れした世界を楽しみませんか。

 

第12回 図書館の知られざるあれこれ(4/7公開)

bbn12_072017年も相変わらず図書館に愛着を持ち、活発に活動する早稲田大学図書館ボランティアスタッフLIVS。しかし、そんな私たちですら調べるまでは知らなかった図書館のあれこれ!その秘密をあなたにお教えします!あなたは早稲田の図書館についてどれほど知ってますか?

 

第13回 我、キヨウカシヨ ヲ 発見セリ。(4/28公開)

bbn13_14専門書が多く所蔵されている地下書庫ですが、なかなか珍しい図書も配架されていました。それは教科書。100年前の教科書から戦時中の教科書まで、実物を手にしながら当時の子どもたちに思いを馳せます。挿絵や例文に見えてくる当時の情勢。教科書の1ページに刻まれた時代を読み解いていきましょう。

 

第??回 天笠明子氏を捜索している諸君へ(10/2公開予定)

【2017年10月2日、脱出ゲームが再び開幕。ご期待ください!】この記事のアナグラムと諸君の手元にある数字を照らし合わせれば、謎は容易に解けるだろう。それにしても、このサイトをハッキングするのはいささか骨の折れる仕事だった。私の労苦が無駄にならないためにも、諸君には必ず謎を解いてほしいものだ。しかしまぁ、このサイトの記事は秀逸なものばかりだから、謎解きに疲れたら気分転換に読んでみることをおすすめするよ。

 

2015年度に公開した記事一覧

第1回 「新聞小説」を紐解く(2015年11月9日公開)
新聞小説の起源はどこにある?その起源は、一説には1875年にとある新聞に掲載された誰もが知っているあの小説。その名は「葉武列土」・・・。これは何でしょうか。
第2回 新聞でたどる高校野球の”空白”(2015年11月16日公開)
2015年は高校野球100周年。長い歴史を持つ日本の夏の風物詩、「高校野球」。でも2015年に開かれたのは第97回大会。あれ?回数が合わない・・・?その謎気になりませんか?
第3回 早稲田の留学生たち(2015年11月23日公開)
WASEDAは留学生数日本一!ところで、皆さんは「日本への最初の留学生」は誰か、そして「早稲田大学への最初の留学生」は誰か、知っていますか?図書館の資料でその謎に迫ります。
第4回 大きくてすごい本たち(2015年11月30日公開)
非常に大きく、本であって「本」でない・・・そんな不思議な大型本。早稲田にはどんなものがあるのか?そして、ある江戸時代の有名な地図にも迫っちゃいます!
第5回 鐘よ鳴り響け 紺碧の空へ ~作曲家 古関裕而と早稲田~(2015年12月7日公開)
早稲田大学応援歌『紺碧の空』をはじめ、「昭和」を通して様々なジャンルで名曲を作曲した古関裕而(1909-1989)。激動の時代に、彼が響かせた音色とは?
第6回 大隈銅像のヒミツ(2015年12月14日公開)
早稲田大学を見守る初代総長、大隈重信公の銅像。何体あるか知ってますか?キャンパスに、講堂に、そして学外にも!?早大生なら知っておきたい、大隈銅像のヒミツに迫ります。
第7回 カルピスの歴史(2016年1月20日公開)
日本でポピュラーな飲み物、カルピス。でもこの飲み物は、いつ・どこで生まれたのでしょうか?そしてカルピス社の創業者、三島海雲のドラマティックな人生にも迫ります!
第8回 広岡浅子と大隈重信(2016年2月3日公開)
今回は朝ドラ好き必見!?「あさが来た」のヒロインのモデル・広岡浅子と大隈重信との意外な関係を紐解きます。「びっくりぽん」すること間違いなしです!

 

関連サイト

図書館ボランティアスタッフLIVS 公式webサイト

LIVS責任編集 図書館紹介冊子『りぶまぐ!』Vol.1 『りぶまぐ!』Vol.2

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/library/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる