Waseda University Library早稲田大学図書館

Services

サービス

Borrowing, Returning, Renewing, and Holding

貸出・返却・延長・予約

学内者対象

貸出

カウンターで借りたい本と利用者カード(学生証・教職員証・図書館カード)を係員に提示し、貸出手続きを行ってください。

共通貸出規則

お持ちの図書館カードや図書館ごとのルールにより貸出冊数・期間が異なります。

My Library

貸出中の図書・予約図書の状況確認や、延長(返却期限の更新)などをオンラインで行うことができます。

 WINE にて右上の [ メニュー(Menu)] をクリック → MyLibrary

操作方法は こちら をご覧ください。

再貸出

貸出中の図書に予約がかかっていなければ、再貸出が可能です。

資料の所蔵館以外でも、以下表の再貸出受付館にて再貸出ができます。

返却

借りた図書は、必ず返却期限日までに返却カウンターに持参して返却手続きをとってください。

中央図書館、キャンパス図書館(高田・戸山・理工学・所沢)、早稲田キャンパス内学生読書室で借りた図書は、以下の返却受付館で返却できます。

「まもなく返却期限日のお知らせ」メール配信

  • 返却期限日の5日前になると、図書館システムより「まもなく返却期限日のお知らせ」というメールが、Wasedaメール(図書館カード利用者・名誉教授は図書館に利用登録されている優先メールアドレス)宛に自動送信されます。
  • メールの差出人アドレスは「[email protected]」です。図書館からのメールを受信できるよう、ご自身のメール受信設定を確認しておいてください。
  • 受信設定等により不達となる場合もあります。返却期限日は必ず「 WINE にて右上の [ メニュー(Menu)] → My Library 」からも確認してください。

図書の弁償(紛失・汚損・破損等)

図書を紛失、または汚損・破損した場合は、速やかに申し出てください。
図書館のルールにしたがって弁償(現物弁償/代金弁償)していただく場合があります。

届け出

  • 紛失、または汚損・破損した図書を所蔵している図書館のカウンターへ申し出て「図書紛失(破損・汚損)届」に記入してください(所沢キャンパスとその他キャンパスとの間で取り寄せた図書の場合、貸出手続きをした館へお申し出ください)。
  • 届けを出された時点で返却扱いとします。

弁償方法

書店(古書店を除く)で購入できる場合
  • 原則として届け出から2週間以内に同じ本を購入してきてください。版次の違うものがある場合は、指定することがあります。
  • 指定期間内に弁償されない場合は、弁償されるまで貸出停止となります。
    弁償本の入手が遅れる場合は、事情をご説明ください。弁償の期限を延期いたします。
書店で購入できない場合
  • 簡単に古書の入手ができる場合
    図書館の指示にしたがって古書を購入してください。
  • 図書館が入手不可と判断した場合
    【代金弁償 】

    発行当時の価格または3,000円(文庫・新書の場合は1,000円)のいずれか高額の方を弁償していただきます。特殊な場合や、高額図書については所蔵図書館が提示します。
    【全ページ複写】
    可能ならば他の図書館に全ページ複写を依頼し、製本して蔵書とします。
    弁償代金は「複写料金+郵送料+製本費」となります。
    破損本の場合、製本をすれば利用可能になるようなものは弁償代金は「製本費」となります。
    【代替本の購入】
    図書館が指定した本を2週間以内に購入してお持ちください。

注意事項

  • 弁償後に紛失図書が見つかった場合でも、一旦弁償された図書または代金はお返しできません。ただし、その場合でも紛失図書は図書館へ必ずご返却ください。
  • 返却したはずと思われる図書の督促が届いた場合には、直ちにその図書の所蔵館にご連絡ください。
    調査しても返却が確認できない場合には、紛失としての扱いとなります(返却期限日以降、紛失届が出されるまでの間は延滞のペナルティーが科されます)。
  • 日頃からWINEの「MyLibrary」画面で、ご自身の貸出・返却の状況を随時確認してください。

臨時閉館した場合

気象警報発令等に伴う臨時閉館の際、臨時閉館当日が返却期限日となっている図書については、後日お申し出をいただいた場合、借用者の不利益にならない対応(返却期限日を変更する等)を取らせていただきます。返却する前に、図書を持参の上カウンターにお申し出ください。

また、返却期限日当日が臨時閉館となった場合も、返却期限日を過ぎた借用図書に他の利用者からの予約がかかった場合には、その時点で貸出停止となり、その図書を返却しない限り新たな貸出は受けられません。

延滞

延滞のペナルティ

貸出中の図書を期限までに返却しなかった場合(延滞)のペナルティは以下のとおりです。どこか1つの図書館・図書室で貸出停止となっている場合には、学内のすべての図書館・図書室で貸出停止となります。

他の利用者の予約による貸出停止

延滞中の図書に他の利用者が予約をかけた場合、その図書を返却するまで貸出停止となります。

 

延滞の場合の督促

  • 返却期限日の翌日・4日後・7日後・14日後・30日後・60日後に、図書館システムより「図書返却のお願い」というメールが、Wasedaメール(図書館カード利用者・名誉教授は図書館に利用登録されている優先メールアドレス)宛に自動送信されます。
  • メールの差出人アドレスは「[email protected]」です。図書館からのメールを受信できるよう、ご自身のメール受信設定を確認しておいてください。
  • 受信設定等により不達となる場合もあります。返却期限日は必ず「 WINE にて右上の [ メニュー(Menu)] → My Library 」からも確認してください。

延長(返却期限の更新)

WINEの「MyLibrary」機能( WINE にて右上の [ メニュー(Menu)] → My Library )を使って、現在借りている図書の貸出期間をオンラインで延長すること(返却期限の更新)ができます。(他の利用者から予約がかかっている場合や、貸出停止中の場合には延長できません)。

  • 返却期限の更新は、貸出日の翌日から返却期限後3日目まで、いつでも行うことができます。回数の制限はありません(ただし、延長できるのは1日1回まで)。
  • ただし、最大貸出可能期間(貸出期間の3倍)を超える返却期限の更新はできません。それ以上の貸出を希望する場合は、貸出カウンターに図書を持参して再貸出を行ってください(他の利用者から予約がかかっている場合は再貸出できません)。
  • 返却期限は、更新の手続きをした日を起点に、その図書の貸出期間に応じて再計算されます。

予約

予約をかけられる資料

  • 「貸出中」、「配送中」、「取り置き中」、「処理中」などの理由で、一時的に利用できない資料は、予約することができます。また、「在架/貸出可」となっていても、遠隔地キャンパスでしか利用できない資料は、近くのキャンパスに取り寄せる予約をかけることができます。
  • 取り置き場所に指定できる図書館は資料によって異なります。

予約のかけかた

  • 予約をするためには、WINEにログインし、検索結果の詳細表示画面で「リクエスト」ボタンをクリックします。予約できる資料がない場合は「リクエスト」ボタンは表示されません。

予約状況の確認

  • 予約をかけていた資料が貸出できる状態になると「予約本貸出可能のお知らせ」が、Wasedaメール(図書館カード利用者・名誉教授は図書館システムに登録されている優先メールアドレス)宛に自動送信されます。メールの差出人アドレスは「[email protected]」です。図書館からのメールを受信できるよう、ご自身のメール受信設定を確認しておいてください。
  • 予約状況の確認や予約の取り消しについては「MyLibrary」機能で行うことができます。

予約可能冊数

予約可能冊数 学部学生 大学院学生 教職員
15冊 30冊 60冊

冊数は、中央図書館、各キャンパス図書館(高田、戸山、理工学(理工学読を含む)、所沢)、早稲田キャンパス各学生読書室(政経、法、教育、商・国際教養、社学)、日本語教育学生読書室、演劇博物館図書室の合計です。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/library/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる