Waseda University Library早稲田大学図書館

Services

サービス

Using non-Waseda Libraries

学外図書館の利用

(学内者対象)

利用したい資料が早稲田大学図書館にない場合は、国内外の他大学・他機関の図書館を訪問利用したり、現物または複写物の取り寄せを依頼することができます。図書館協定等によってもサービスや条件が異なりますのでご注意ください。

このページでは、主に訪問利用および協定校等の利用についてまとめています。資料の取り寄せ(ILL)については別ページをご確認ください。

>資料の取り寄せ(ILL)

訪問利用・紹介状発行

他大学・他機関の図書館を訪問利用する際は、基本的に早稲田大学図書館が発行する「紹介状」が必要です。
訪問利用を検討する前に、早稲田大学内に所蔵がない資料かどうか、また他大学・他機関の図書館での所蔵有無などを十分にご確認ください。早稲田大学で利用できる資料は、基本的に申請は認められません。

>リサーチNAVI(図書を探す)

そのうえで他大学・他機関の図書館を訪問して資料の利用を希望する場合は、訪問を希望する図書館の利用方法や開館カレンダーをWebサイトなどで十分に確認してください。早稲田大学図書館が発行する「紹介状」の他に、身分証(教職員証・学生証)の提示を求められたり、事前連絡が必要な場合があります。

※国公立大学図書館、公共図書館、国立国会図書館などでは不要な場合があります。
図書館協定のある図書館は、教職員証・学生証で入館できます(協定により条件は異なります)。

発行対象者

  • 早稲田大学IDカード所持者(教職員、大学院学生、学部学生等)
  • 図書館カード(緑)所持者

申請方法

MyWasedaにログイン後、「図書館オンライン申請フォーム」から紹介状の発行を申請してください。「図書館オンライン申請フォーム」が利用できない方は、中央図書館、理工学図書館、所沢図書館のレファレンスカウンターでも申請が可能です。

>オンライン申し込み

注意事項

  • 国内他大学・他機関の図書館への紹介状の発行には、訪問希望先、利用したい資料の書誌情報、所蔵を確認した典拠情報、訪問希望日(第3希望まで)などの情報が必要です。予めご準備ください。
  • 紹介状は先方の図書館・他機関に利用閲覧等の許可を得てからの発行となるため、1週間程度必要です。当日や翌日の申請・訪問は許可されない場合が多いため、訪問希望日は余裕をもってお申し込みください。
  • 特殊な文字等のためオンラインで申請ができない場合や、紹介状の他に「閲覧申請書」等の事前提出が必要になる場合などはレファレンスカウンターにお越しください。
  • 訪問の際には紹介状のほか、身分証(教職員証・学生証)を必ず携帯してください。

協定校・協定機関の図書館利用

慶應義塾大学とは1986年から図書館相互協力協定を結んでいます。

特に資料の取り寄せ(ILL)においては、早稲田・慶應間を専用車で運搬するため、現物/複写物とも他大学等からの取り寄せよりも早く届きます(送料不要)。

>慶應義塾大学三田メディアセンター

専任教職員、名誉教授

  • 訪問利用:
    「教職員証」「名誉教授証」の提示で利用可能
  • 個人貸出:
    三田メディアセンターで「教職員証」「名誉教授証」を提示し、「図書利用券」(年度内有効)の発行を受けることで利用可能
  • 資料の取り寄せ(ILL):
    複写物はモノクロ10円/枚、カラー50円/枚で提供(慶應学内者料金)

>資料の取り寄せ(ILL)

大学院学生、学部学生

  • 訪問利用:
    「学生証」の提示で利用可能
  • 資料の取り寄せ(ILL):
    複写物はモノクロ10円/枚、カラー50円/枚で提供(慶應学内者料金)

    >資料の取り寄せ(ILL)

訪問利用が可能な図書館

  • 三田メディアセンター(三田キャンパス)
  • 日吉メディアセンター(日吉キャンパス)
    ※日吉保存書庫の資料は、専任教職員は身分証で直接利用できます。それ以外の方は事前問合せの後、日吉メディアセンターでの利用となります。
  • 信濃町メディアセンター(信濃町キャンパス)
  • 理工学メディアセンター(矢上キャンパス)
  • 湘南藤沢メディアセンター(湘南藤沢キャンパス)
  • 薬学メディアセンター(芝共立キャンパス)
  • 協生館図書室(日吉キャンパス) ※早稲田大学図書館からの事前連絡と紹介状が必要です。
  • 看護医療学図書室(湘南藤沢キャンパス) ※早稲田大学図書館からの紹介状が必要です。

同志社大学とは2001年度から図書館相互利用協定を結んでいます。

>同志社大学図書館

専任教職員、名誉教授

  • 訪問利用:
    「教職員証」「名誉教授証」の提示で利用可能
  • 個人貸出:
    同志社大学図書館(今出川校地)またはラーネッド記念図書館(京田辺校地)で「教職員証」「名誉教授証」を提示し、「図書利用券」(年度内有効)の発行を受けることで利用可能
  • 資料の取り寄せ(ILL):
    複写物はモノクロ20円/枚、カラー60円/枚で提供

>資料の取り寄せ(ILL)

大学院学生、学部学生

  • 訪問利用:
    「学生証」の提示で利用可能
  • 資料の取り寄せ(ILL):
    複写物はモノクロ20円/枚、カラー60円/枚で提供

>資料の取り寄せ(ILL)

訪問利用が可能な図書館

  • 同志社大学図書館(今出川校地)
  • ラーネッド記念図書館(京田辺校地)
    ※いずれの図書館も土・日・祝日は利用できません。

一橋大学とは2004年6月から図書館相互利用協定を結んでいます。

なお、一橋大学では附属図書館および関連資料室を一般公開していますが、一般利用者の閲覧には一部制限があるため、協定利用の場合には必ず教職員証・学生証を提示してください。

>一橋大学附属図書館

専任教職員

  • 訪問利用:
    「教職員証」の提示で利用可能
  • 資料の取り寄せ(ILL):
    複写物はモノクロ20円/枚、カラー60円/枚で提供

>資料の取り寄せ(ILL)

大学院学生、学部学生

  • 訪問利用:
    「学生証」の提示で利用可能
  • 資料の取り寄せ(ILL):
    複写物はモノクロ20円/枚、カラー60円/枚で提供

>資料の取り寄せ(ILL)

訪問利用が可能な図書館

  • 一橋大学附属図書館
    ※窓口申し込みの複写は学外者料金となります。
    ※社会科学古典資料センター所蔵の特定資料を利用希望の場合は事前の照会が必要です。

関西大学とは2009年7月から図書館相互利用協定を結んでいます。

>関西大学図書館

専任教職員、名誉教授

  • 訪問利用:
    「教職員証」「名誉教授証」の提示で利用可能

大学院学生

  • 訪問利用:
    「学生証」の提示で利用可能

訪問利用が可能な図書館

  • 関西大学総合図書館
    ※ラーニング・コモンズは利用不可。書庫への入庫は大学の専任教員のみ可。
    ※高槻キャンパス図書館、ミューズ大学図書館、堺キャンパス図書館および学内機関所蔵資料は総合図書館に取寄せての利用となります(早稲田大学図書館から総合図書館に事前連絡のうえ、依頼状による閲覧利用)。
    ※貴重図書および文庫特別は、資格を問わず、早稲田大学図書館からの事前連絡が必要です。

日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館とは、2018年6月から図書館間相互利用協定を結んでいます。

同図書館は、開発途上地域の経済、政治、社会等を中心とする専門図書館で、一般利用も可能ですが、本協定により個人貸出が可能となります。ご希望の方は、以下を参照のうえ申請してください。

「アジア経済研究所図書館利用者カード」(貸出用カード)の申請方法

申請資格

本学の教職員(専任・非常勤)、大学院学生、学部学生、名誉教授

申請方法

(1)本学の身分証を持参のうえ、本学中央図書館2階ヘルプデスクにて、同カードを希望する旨をお申し出ください。

(2)本学から「アジア経済研究所図書館利用者カード申請書」を発行しますので、ご自身で申請手続きをしてください。

  • 申請場所:
    アジア経済研究所図書館・受付
  • 必要書類:
    ①早稲田大学身分証(教職員証、学生証、名誉教授証)
    ②「アジア経済研究所図書館利用者カード申請書」

有効期限・更新

(1)有効期限:交付日から、同年度末(3月31日)まで。
※ただし、卒業/修了や退職によって年度途中に本学を離籍する場合は、その日までが有効期限となります。

(2)翌年度も本学に在籍し、カードの更新を希望する場合は、前述の「申請方法」と同様の手続きで更新してください。その際に、①②に加え、お手持ちの「アジア経済研究所図書館利用カード」が必要となります。

費用・再発行

カードの交付および更新は無料です。ただし、紛失等の際は再発行の実費がかかります。

利用案内

貸出冊数や期間等、利用に関する詳細は以下のウェブサイトをご確認ください。

>図書館共同利用制度(アジア経済研究所図書館)

>利用案内(アジア経済研究所図書館)

参考リンク

>トップページ・蔵書検索(アジア経済研究所図書館)

早稲田大学と高麗大学校とは1973年から学術交流協定を結んでおり、2002年3月に図書館間でも「相互協力覚書」を交わし、同年6月から図書館相互協力(ILL)を実施しています。
※事前に学内所蔵の有無を十分に確認してください。資料の探し方はリサーチNAVI(ハングル資料を探す)をご参照ください。

>WINE

>電子ジャーナル・電子ブックリスト

>リサーチNAVI(ハングル資料を探す)

受付箇所

中央図書館(レファレンスカウンター)

対象者

  • 早稲田大学IDカード所持者(教職員、学部学生、大学院学生等)
  • 図書館カード(緑)所持者

対象資料

ハングル資料または韓国で刊行された外国語資料

現物借用

借用は1人同時に3冊まで。期間は郵送日を含んで4週間以内。図書の利用は館内に限ります。

文献複写

1回10件以内(すべて到着完了後、次の申し込みが可能となります)

費用

  • 現物借用:往復の郵送料
  • 資料複写:50ウォン/枚+郵送料

所蔵確認

高麗大学校図書館のOPAC(所蔵目録)を検索のうえ、検索結果のプリントアウトをご持参ください。

>高麗大学校図書館

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/library/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる